大型トラック保険の事故補償サービスを徹底比較!

   
 

  

車を運転では事故を起こしてしまうリスクをゼロにすることは難しく、特にトラックで長時間・長距離運転をしている人は、事故を起こす確率は高くなります。しかし、事故を起こした時に心配になるのが、事故補償額でしょう。そこで、今回は大型トラックの保険について説明をしていくことにします。

トラック保険は自賠責保険と任意保険の2種類

トラックの保険には、大きく2種類あります。自賠責保険と任意保険の2つですが、同じ自動車保険でも保険の性質が大きく異なり、補償の範囲、補償の金額といった保証条件が違ってきます。

加入が義務の自賠責保険

トラックには「運行自動車損害賠償保障法」という法律があり、その中で自賠責保険の加入が義務付けられています。

この保険の主目的は、交通事故に遭った被害者をサポートする対人保険制度です。

被害に遭った人は、加害者側のドライバーと交渉することなく、最低限の損害賠償金を受け取ることができる被害者請求制度が特徴となっています。

トラックドライバーが必須の任意保険

一方の任意保険は、自賠責保険ではカバーできない補償内容を補完する目的でトラックドライバーの多くが加入している保険です。

自賠責保険と比べて、任意保険の場合、その補償内容の範囲が広くて、保険料の額によって補償範囲や補償金額を選択することができます。

そのために、一般ドライバーより事故を起こしてしまう可能性が高いトラックを運転するトラックドライバーにとっては、加入が必須の保険と言えます。

自賠責保険にも2種類の保険がある

自賠責保険にも、自家用と事業用の2種類があります。

具体的には、損害保険会社を仲介して契約する「自動車損害賠償責任保険」、共済組合で契約する「自動車損害賠償責任共済」です。

また、自家用か事業用トラックでも、加入する保険が異なってきます。

自家用トラックが加入する自賠責保険

俗に「白ナンバー」と言われるトラックが加入する自賠責保険で、自家用登録のトラックは、事業用登録トラックと比較して使用する機会が低いために、事故発生率も低くなる傾向にあります。

そのために、同じ型式のトラックでも、白ナンバー自家用トラックの自賠責保険は保険料金が低くなります。

事業用トラックが加入する自賠責保険

こちらが「緑ナンバー」と言われている事業用登録のトラックで、自家用登録トラックより使用機会が高く事故発生率も大きくなるために、同モデルのトラックでも自賠責保険は保険料が高くなります。

注意!自動車保険に加入しているトラック事務所が少ない

このようにトラックドライバーにとっては、自動車保険に加入することは、非常に重要なことですが、現実的に保険に加入しているトラック事業者は多くはありません。

その背景には、支払う保険料が高額になることが挙げられます。トラックドライバーは、長時間・長距離走行の人も多く、 普通の乗用車より事故発生率がが高くなっています。

保険料が高くなると、自動車保険の経費で経営が圧迫されてしまう可能性が出てきてしまうことから、加入しないのです。その代わり、ドライバーが事故を起こした場合は、自社の資本金で賄う自家保険で補償されることになります。

一般的な保険では、トラックの台数も増えると高額な保険料となるので、自家保険で対応することが少なくないのです。

ドライバーの自己負担のケースもある

トラック事務所が大きくなると自家保険のおかげで、ドライバーが事故を起こしても、事務所が負担をしてくれることがほとんどです。

しかし、中小のトラック事務所になってくると、会社が全て負担するということが少なくなってきます。事故を起こすとドライバー全額負担という会社もあるほどです。

また、会社が支払う上限額決めて、額を超えた場合に、ドライバー負担という所もあります。そのために事故補償をしっかりしてくれる保険にドライバー自身で加入する必要があるわけです。 

知っておこう!自賠責保険の補償範囲・限度額

自賠責保険は事故の被害者を救済することが目的なので、補償対象は被害者を死傷させてしまった場合に限定されています。しかも、補償金額の上限は、被害者1人に対して傷害120万円、死亡3000万円となっています。

且つ、傷害の程度によっては、後遺障害による損害補償は上限75万~4000万円と定めらラれています。

業務中における事故の場合は、被害者に対する最低限補償だと自賠責保険で賄えることが多いのですが、事故状況や被害者の程度によっては、億単位の賠償金になるケースもあるので、自賠責の補償内容だけでは十分とは言えないのです。

いざという時のための任意保険

このような時のために、補償範囲が広く補償限度額も大きな任意保険への加入が必要になってくるのです。

任意保険は、色々な種類の保険があり、トラックの自動車保険も契約内容により対人・対物の補償範囲と補償限度額を選択することができます。

搭乗者傷害保険

搭乗者障害保険は、加害車両、被害車両ともに乗っている人への補償となり、自賠責保険でカバーされない加害車両の運転者も補償対象になります。

人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険は契約の定額分の補償に留まりますが、人身傷害補償保険は治療費全額補償等も受けることができず保険です。

無保険車傷害保険

対人保険に加入していない車両と事故になった場合に、加害車両から十分な補償を受けることができないことがあります。そのために被害車両が加入する保険と同じ補償を受けられるのが、無保険車傷害保険です。

自損事故保険

自損事故は自損事故の保証がありません。その点もカバーする任意保険で、自己責任となる事故でも補償されます。

車両保険

当て逃げ、車両盗難、車両火災等で車両に起きた損害の補償を行う保険です。トラックの場合、修理費用が高くなることも少なくないので、加入は必須と言えます。

事故補償サービスがしっかりとした保険に加入すること

トラックドライバーの人にとっては、任意保険の費用を負担することは、厳しいことかもしれません。

しかし、一般ドライバーと比べて、事故とは隣り合わせの環境にあることを考えてみると、しっかりとした補償内容の任意保険に加入しておくことが、万が一の時の備えになります。

目先のことだけでなく、先を見据えた行動が問われてくることになりますので、任意保険もきちんと加入しておくようにしましょう。

avatar
編集部
本日のおすすめはこちら

遊ぶ前に予習しよう!墨田区の安い駐車場を紹介!前のページ

女性向けのおしゃれなカー用品を徹底解説!【店舗別】次のページ

関連記事

  1. 未分類

    ホイールコーティングはどうして自分でした方がいいのか

    自動車をお持ちの皆様はホイールのお手入れはどのようにされているでしょ…

  2. 記事

    アルミモールの白シミ対策について徹底解析!

    車を購入した時よりもアルミモールに白シミが付着していると感じている方…

  3. 記事

    ジェフユナイテッド市原・千葉本拠地周辺で安いおすすめの駐車場を紹介!

    ジェフユナイテッド市原を応援に行きたいのだがどこに駐車したらいいのか…

  4. 記事

    サイドアルミモールのコーティングの仕方

    皆さんが乗っている自動車のサイドアルミモールを見てみましょう。どのよ…

  5. 記事

    アルミモールにコーティングは必要なの?

    欧州車を所有している方は特に、アルミモールに白サビやシミが発生しやす…

  6. 未分類

    中古車の臭い対策法3選 最も効果的な方法は?

    皆さんの中には、中古車を買ったのは良いけれど、前の使用者がつけた独特…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    青森県でおすすめの交通安全お守りと神社を確認!
  2. 記事

    京都府北区で安く止めたい人におすすめな駐車場3選!
  3. 記事

    カー用品を売っているお店3選!トラックライバーは要チェック!
  4. 記事

    灯台下暗し!秋田県にあるドライブがてらに行けるおすすめな公園を2つご紹介!
  5. 記事

    自動車学校の先生になるにはどうしたらいい?学歴や必要な資格などについて徹底解説!…
PAGE TOP