夜道の運転でヒヤリ!暗い時間帯でも安全に走行する方法とは?

   
 

夜道の運転でヒヤリとした経験はありませんか?気づいたら近くに歩行者がいたり、自転車がいたりすることもあるでしょう。昼間であれば問題なく確認できるのに、夜になると見えにくくなることも少なくありません。

今回は、暗い夜道の運転でも安全に走行する方法についてお伝えします。

夜道の運転を安全に行う方法とは?

夜道の運転を安全に行うための3つの方法について詳しくお伝えします。

スピードに気をつける

夜道はなぜ危険になるのでしょうか?その理由の一つに交通量があります。夜道は交通量が少ないため、どうしてもスピードを出しすぎてしまい事故に至るケースが少なくありません。

そこで重視してほしいのが、スピードを落として走行する、というものです。スピードを落とせば、もしものことがあったとしてもブレーキが間に合う確率がアップします。50キロが制限の道路であれば50キロ限界で走るのではなく、45キロや40キロで走行してみましょう。たったそれだけの行為でも、事故のリスクを大幅に引き下げられるはずです。

特に空いている道路であれば、ゆっくり走ったとしてもあおり運転の被害にあうこともありません。夜道に関しては、意識してスピードを緩めて走りましょう。

クレア現象を理解する

夜道の走行には、もちろんライトを付けているはずです。その夜道を見えやすくするためにつけているライトが原因で、事故を起こしてしまうケースも少なくありません。ライトで注意したいのがクレア現象と呼ばれるものです。

クレア現象とは、夜間に対向車とすれ違う時にライト同士が交錯した部分が見えにくくなることを指しています。歩行者などが一瞬蒸発していなくなったかのように感じるものなのです。

クレア現象を理解しているか、それとも理解していないかでも状況は大きく異なります。クレア現象は対向車と比較的近い時に起こるため、前もって歩行者や自転車が近くにいないか確かめる癖をつけましょう。

またクレア現象は主にハイビームを使っている時に発生しやすいものです。よってハイビームを使っていないか適宜確認しながら運転してください。対向車がいないときはハイビームを使っても良いですが、すれ違うときは必ずロウビームに切り替えましょう。

ライトは早めに点灯

事故が発生しやすい時間帯として夕方があります。暗くなりかけて視界が狭くなってくると事故が発生しやすくなるため、ライトは早めに付けましょう

そもそもライトは自分が見やすくするためだけにつけるものではありません。歩行者などから車の存在を把握してもらうためにもつけるわけです。ライトがついていれば、交差点などでも車が来ることが分かります。

政府広報オンラインでは平成25年~平成29年にかけて時間別に死亡事故をチェックしており、17時台から19時台が最も多い事がわかりました。つまりドライバーがライトをつけようかつけまいか悩んでいる時間帯に、痛ましい事故が起きているわけです。

いくつもの死亡事故がライトを付けていたら防げていたかもしれません。薄暗くなってきたら、周りがつけていなくても率先してライトを付けましょう。自分の身を守ることにもつながるはずです。

夜道の運転を快適にするおすすめアイテム!

夜道の運転をより快適にしてくれるおすすめのアイテムを1つご紹介します。そのアイテムとは「CarZoot 車 ガラス 撥水 コーティング」です。

フロントガラスなどのコーティング剤であり、雨が降っても撥水してくれます。より視界を良くしてくれるため、事故の起こる確率を引き下げてくれるわけです。

プロ仕様の強力なフッ素加工をしており、1年間という長期間効果を発揮してくれます。油膜除去剤だけではなく、スポンジやクロスもセットされているため他に購入しなければならないものはありません。

以下にセット内容とアマゾン価格を紹介します。

  • セット内容:油膜除去剤、専用スポンジ、専門クロス、手袋、施工マニュアル
  • アマゾン価格:2,980円(税込み)(送料無料)

まとめ

暗い夜道でも安全に走行する方法を3つご紹介しました。

ライトの使用について理解するだけで、自己は大いに防げます。早めに点灯するのはもちろんですが、ハイビームを多用するとクレア現象が発生しやすいためかえって危険になる、という部分も把握しておきましょう。

事故を防ぐおすすめアイテムも紹介しました。フロントガラスの撥水力が落ちてくると、雨の日の運転もままなりません。年に1回程度「CarZoot 車 ガラス 撥水 コーティング」を活用してみませんか?

avatar
夜道でも安全に走行しよう!

事故を防ぐためのアイテムも重要だよ!

【ドライブ好き必見!】福井県で愛犬と一緒に楽しめるドッグラン3選!前のページ

ルーフボックスはカーポートに吊るして保管しよう! 次のページ

関連記事

  1. 記事

    危険な場所を音声で注意!?ネクスコ中日本が新システムを開発!

    高速道路も日々進化を続けていますが、事故を減らすために危険な場所を音…

  2. 記事

    (路面電車の運転手ってどうやってなるの?)資格取得までの長い道のりと、取得メリットを紹介

    皆さんは道路上を走る「路面電車」を見たことがありますか?現在…

  3. 記事

    ディスチャージヘッドランプって!?メリットやデメリットを詳しく解説!

    ディスチャージヘッドランプって聞いたことはあるけど何のことを指すのだ…

  4. 記事

    【広島県】神石高原ティアガルテンでバーベキュー!花まつりや子供の日の催しを紹介

    当記事では、広島県で開催されている花まつりや子供の日の催しを紹介して…

  5. 記事

    香川県で輸入車を新車で安く買うことができる販売店!

    輸入車の購入を検討している人も多いのではないでしょうか。購入…

  6. 記事

    プジョーから新情報!308 次期型にもワゴン「SW」の登場が決定!

    プジョーのプジョー 308 次期型に関する情報が入ってきました。ワゴ…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    安全機能も充実!セルタスター工業が開発した業界初の国産ドラレコ付きデジタルインナ…
  2. 記事

    お米が美味しい山形県から引っ越しで乗り捨てが出来るレンタカーショップを3選紹介!…
  3. 記事

    EVメーカーと半導体メーカーがタッグを組むモデル
  4. 記事

    青森県で車中泊できるの!?オススメスポットの紹介
  5. 記事

    撥水効果を高めたい方必見!ガラコシリーズを紹介!
PAGE TOP