外国の人向け!日本では当たり前だけど海外だと変わってる日本の交通ルールをご紹介

   
 

日本では、当たり前の交通ルールの中には海外からみると変わってるとみられるルールがあるのをご存知でしたか。ここでは、日本では当たり前、海外では変なルールになる交通ルールをご紹介します。

一時停止の標識の形が海外の標識と違う

海外では、一時停止の道路標識はアメリカ・フランス・韓国・台湾など海外では六角形の標識が一時停止の標識なので、海外の人は日本の逆三角形のとまれの標識が珍しくなんの標識か理解がなかなかできないという人が多いです。日本で海外の人が車を運転する時は、道路標識の違いや意味を理解してから運転するようにしましょう。

自転車の交通ルールが守られていない

海外では、自転車が歩道を走ることを厳しく取り締まっていて特にオランダでは、自転車が歩道を走行していると罰金を払わなければなりません。日本にも自転車の法律があるのに無視をしている人が多いことが海外の人からは、不思議に映っているようです。

日本では、あまり自転車の交通ルールを重視しない人が多いので、自転車のことに関しては海外の厳しさに比べると遅れています。

赤信号の時は左折(海外では右折)禁止

日本の交通ルールでは、赤信号の時は左折(海外の右折)することは禁止されていますが、海外の交通ルールでは、赤信号の時でも右折(日本の左折)をしても良いというルールになっている場合が多く、海外からきた人が日本で車を運転する時はこの「赤信号の時は左折禁止」という交通ルールを忘れないようにしましょう。うっかり忘れて左折してしまうと事故を起こしてしまう恐れがあります。

海外では、当たり前の交通ルールが日本では通じないということが多々あるので、海外の人が日本で運転をすると戸惑うことが多いのであらかじめ、基礎的な交通ルールを把握しておいた方が無難です。

自動車の交通ルールが良く守られている

海外の人からみると、日本人は律義に自動車の交通ルールを良く守っていることが珍しく映ります。例:車がきていなくても赤なら渡らない人が多い。など罰則の多い自動車の交通ルールを守って行動する人が多い中、先程もご紹介しましたが自転車は罰則がゆるいのか他国と比べると自転車の交通ルールを守らないという矛盾があります。

海外と交通ルールが違う日本

海外の一般的な交通ルールと日本の交通ルールが違うので、海外から来た人にとっては困惑してしまうことが多いことでしょう。来日して車を運転する時は、あらかじめ日本の交通ルールや道路標識についての知識を頭に入れて運転するようにしましょう。

安全運転で日本の交通ルールを理解した上でドライブを楽しんでください。

フロントグラスをキレイにして視界を確保しよう

せっかくドライブに出たのに、急な雨でフロントガラスが曇って視界の確保が難しくなってしまったということはありませんか、そんな時はCarZoot社のRainCutPremiumでフロントガラスをコーティングしちゃいましょう。CarZoot社のRainCutPremiumは、プロ仕様の本格的なフロントガラスコーティング剤です。

コーティングを施す前に、フロントガラスの油膜をキレイに除去できる油膜除去ガラスクリーナーも一緒にセットされて届くので、後で買い足さないといけないということがなく、直ぐに施工作業にはいれます。初めて施工する人でも、分かりやすい写真付きのマニュアルでキレイにコーティングすることができます。

CarZoot社のフロントガラスコーティング剤は、抜群の撥水力が1年間は持つので何回も塗り直すことがなくお得です。CarZoot社のRainCutPremiumでコーティングして急な雨でも快適な視界を確保できるので、安心してドライブに出かけましょう。

avatar
海外で運転する際もあらかじめ日本との違いを調べておきましょう!

現地でトラブルに巻き込まれるかもしれません!

福井県でおすすめの輸入車販売業者はこちら!品質も価格も安心!前のページ

渡哲也が主演した西部警察で活躍した車次のページ

関連記事

  1. 記事

    埼玉県には魅力的な夜景スポットあり!天文台があるスポットにも行ってみよう!

    埼玉県で夜景デートをしたい、インスタ映えする写真を撮りたいという方は…

  2. 記事

    先進技術を惜しみなく採用したMercedes-Benzのカーナビを紹介!

    日本ではベンツと呼ばれているブランド・Mercedes-Benz(メ…

  3. 記事

    東京でカー用品を探すなら?23区で人気のおすすめ店舗6選!

    みなさんは東京23区のカー用品店をどれくらい把握していますでしょうか…

  4. 記事

    東京都内の飲み会や接待に便利な安い代行運転業者をご紹介!

    公共の交通機関が発展している東京都内でも運転の代行業者は数多くありま…

  5. 記事

    エンジンルームはどこ?軽トラの魅力と謎を紹介 

    車好きの中で密かに人気の軽トラックは、2019年でも約20万台の販売…

  6. 記事

    大分県の子供連れで楽しめる公園3選

    大分県は「子育て満足度」で日本一位を目指す活動を行っていて、総務省統…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    油膜とウロコの違いとは?予防方法について詳しく解説!
  2. 記事

    埼玉県で車のガラスコーティングをするなら?おすすめの業者3選!
  3. 記事

    ホイールコーティングはしてないとどうなる?
  4. 記事

    ディズニーのカー用品を通販で買うなら?おすすめショップ3選!
  5. 記事

    【使うてやー!!】カーシェアリングにおすすめ大阪府の3店を紹介!
PAGE TOP