売れ残った車ってどうなるの?その行方を追う

   
 

車の販売店に並んでいるピカピカの新車。お店によってはかなり凝った展示がされていて思わず買い替えたいといった心境にされてしまうところも多いです。しかしこの中の何台かは売れないまま売場から姿を消す車もでてくるはずです。そんな売れ残った車がその後どういう運命を辿るのか気になっていた方もおられると思います。今回はその行方について追ってみましたので紹介します。

基本的には売り切ってしまう

不動産, 記号, 販売, 家, 通知, プロパティ, 全米リアルター協会加入者, 緑, 住居, 住宅, 道標

車は日用品と違い、販売価格が桁違いです。そのため販売店は売れ残りが発生しないように、仕入れ段階から緻密な予測を立てています。基本的には売れる前提の人気車種と人気グレード及び人気色に絞り入荷しています。そして後は顧客からの注文販売にすることにより、在庫を持たずその都度メーカに発注しています。

中でも売れ残りが発生してしまう事を全力で避けるべきタイミングは、何といってもニューモデルが発売になる時です。ニューモデルが店頭に並んだ後になると、必然的に従来型は新車として売りにくくなってしまいます。また、展示スペースも無限ではありませんので、玉突き的に居場所がなくなることとなります。

そのためモデルチェンジ直前のタイミングで、メーカーやディーラーといった括りで、お得なオプションやサービスを多数付けたパッケージとして仕切り直して販売されます。売れ残りそうな車を過剰値引きすることで、新車の値崩れの発生を防ぐという目的もあるとの事です。

届出済未使用車

ここで大事なのが、車は製造日から9か月を経過すると新車登録ができなくなるという事です。新車登録ができなくなった車を引き続き販売する場合、販売店自体が所有者として新車登録を行うことになります。そして登録後に「届出済未使用車」として形式的には中古車扱いとなります。

届出済未使用車はいいかえると新古品(新古車)になります。展示期間中に不特定多数が触ったり、試乗したりした車はNGという方にはおススメできません。軽自動車や輸入車に関係なく登録できますが、輸入車は基本的に少ないそうです。

届出済未使用車というカテゴリーになると、見た目を含め実質的に新品状態ながら車両価格が安くなります。納車もスピーディーな為、消費者の中にはこのタイミングを待って購入される方も少なくないとの事です。売れ残りを防ぐ大事な要素なんですね。

それでも売れ残った場合

いよいよ売れ残ってしまった車の行先のひとつとしてはまず代車があります。車検や修理などで車を預けている間に新車のような代車を使用した経験がある方もおられると思います。あるいは、未使用中古車として販売されるケースがあります、販売先は店頭での個人向けだけでなく中古車取扱い業者や官公庁向けに安く販売される事もあるそうです。

おわりに

今回まとめてみたところ、売れ残りは簡単には発生させず、もし売れ残ってしまった場合の新車の流れが複数ある事が判明しました。また、届出済未使用車という段階がひとつのポイントであることもわかりました。

日用品などと違って車には棚卸減耗などもありませんので、本当に一台一台が売れ残ったあとまではっきりするところが簡潔だと思います。今度は海外との比較や中古車の流れなども調べてみると面白いかもしれません。

臭いが残ってしまった車に

運転後残念ながら臭いが残ってしまった愛車に、CarZoot社の「車 消臭 車内消臭 匂い消し シートクリーナー」をおススメします。タバコ、ペット、アンモニア、嘔吐とどのようなタイプの不快臭も徹底に分解して消臭する事ができます。

洗車専門業者を始めとした車業界でのプロ仕様としてに留まらず、病院や学校、公共交通機関など街中でも実は広く使われています。日本製で無香料ですので品質もコストパフォーマンスも素晴らしいものがあります。

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

年末、車の大掃除でのポイントをまとめて紹介!前のページ

「S・RIDE」はタクシーの配車アプリ?出張・経費管理クラウドのコンカーと提携! 次のページ

関連記事

  1. 記事

    あなたの車 マダニだらけじゃありませんか?フロアマットの正しい洗い方を紹介します!

    自分ではいつもピカピカにしているつもりの愛車。自動車はどんな…

  2. 記事

    最古の自動車メーカー「プジョー」 

    プジョーは世界最古の自動車メーカーで現在は「グループPSA」として企…

  3. 記事

    コロナに負けない 車で行ける新潟県のパワースポットを3選紹介!

    ここ最近はコロナの影響で自粛生活を余儀なくされています。行きたいとこ…

  4. 記事

    【比較】日本と外国の高速道路料金はこんなに違った!

    高速道路料金って高いと思いませんか?実は外国と比較すると、日本の料金…

  5. 記事

    アイドリングストップ機能は使うべき?メリットとデメリットを正しく理解し快適なエコ運転を

    最近の新車に必ず搭載されている「アイドリングストップ機能」。エコ運転…

  6. 記事

    自動車のカーナビに対してもNHKの受信料は払わなければいけないのか?徹底解説!

    あなたはNHKの受信料をきちんと支払われているでしょうか?現在の放送…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    高速道路の一部区間で時速120キロ解禁!
  2. 記事

    北海道は車で!ドライブで巡る可愛いカフェを紹介!
  3. 記事

    かわいいカー用品ならフェリシモ!サンシェードなどおすすめの商品をご紹介!
  4. 記事

    駐車場の経営って難しい?土地を駐車場にするメリットとデメリット 
  5. 記事

    新潟で車の免許取るのにおすすめな自動車学校3選!
PAGE TOP