増えていく高齢者ドライバーの事故の特徴と対策法

   
 

過疎化や高齢者社会が進むに連れ生活の足となっている車。主観的な部分がある高齢の線引きですが、世界保健機関では65歳以上を高齢者としています。運転歴の経験が長くても起きてしまう高齢者ドライバーの事故。その原因の特徴と事故を起こす前の対策法をご紹介します。

自分は大丈夫!その意識が高齢者ドライバーの事故に繋がる落とし穴

高齢ドライバー事故 高齢者を加害者にしないために

アクセル、ブレーキの踏み間違いやハンドル操作の誤りなど運転操作不適切で起きる高齢者ドライバーの事故。車の操作ミスが原因で事故になっている割合が多く、運転技術や加齢による認知機能の衰えが背景となっています。

車の運転には全神経を集中する必要があり、脳の様々な部分がフル活動します。認知、判断、操作を繰り返し五感を通して脳に届く情報を処理します。

年齢が上がっていくうえで避けては通れない判断力の低下と認知力の低下。咄嗟の判断が遅れて焦って操作を誤ってしまったり、瞬間的な対応が出来なく事故になってしまうケースがあります。

今までの経験から運転ができるという自信が、判断を誤ってしまう要因となります。判断と決定の情報処理に時間が掛かることを自覚する事も事故を起こさない1つの対策法となります。

筋力、持久力などが備わっている身体能力。ブレーキやアクセルを踏む時は足に力が入ります。年齢によって低下していく身体能力ですが、長年車を利用していると足に筋力がなくなり衰えが早くなっていきます。いざという時に踏むブレーキが踏みきれず事故に繋がる事もあり、運転するにはご自身の身体能力を把握しておくことも大切です。

https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h29kou_haku/zenbun/genkyo/feature/feature_01.html (高齢者に係る交通事故防止)

慣れている道でも怠らない安全確認

基本を思い出して事故防止を」 高齢者向け交通安全講習会

高齢者ドライバーの事故の原因の1つとなっている漫然運転対向車や歩行者を発見しても相手がよけてくれるだろうと思って、そのまま運転すると事故を起こしてしまいます。自己中心にならずに事故を起こさないよう意識を変えてみることも運転マナーの1つとなります。

横断歩道や交差点などで左右を確認しないなどの安全不確認が原因で起きている高齢者ドライバーの事故。道路には優先順位があり、自分が行けるから行くという認識は間違っている場合があります。又、交差点に設置されている信号機はドライバーが見やすい様に考慮されており、運転ルールを守ることで事故を防ぐ事が出来ます

人間の視野はほぼ直角(90度)になっており、信号の無い横断歩道では歩行者や自転車が来ていないか左右を確認し、車を徐行(車を直ぐに停止できる速度)しながら進んで行きましょう。狭い道路でも徐行することが望ましく、十字路に差し掛かった時は一旦停止するなど安全に走行出来る方法をとりましょう。

左から青、黄色、赤と分けられている信号機。青は進んでも良いという意味で、進めという命令形ではありません。黄色は後者に車が来ていて、安全に停止位置で止まれない場合は進んでも良いという意味になっています。赤は止まれを意味しており、地域や時間によって信号が変わるタイミングが異なる場合があります。

65歳以上の人が多いとされている高速道路の逆走。標識、標示の見落としから行き先を間違えてパニックになってしまったり、判断力の低下が逆走する引き金となっています。行き先の間違いに気付いても咄嗟に判断出来ずに事故に繋がってしまうと事があり、間違いに気付いた場合は入り口料金所まで進んで料金所のスタッフの指示に従う事が望ましいです。

https://www.zurich.co.jp/car/useful/column/mj-okazaki/09/(高齢ドライバー事故の現状と対策)

サイドミラー、バックカメラの水滴を跳ね返すコーティング剤

雨の日に見えにくくなるミラーやバックカメラ。ミラーなどにコーティング剤を直接スプレーし、拭くだけで視界を確保してくれます。初めての人でも使いやすく、効果が弱くなってきたら再度施工すると復活する撥水力。1回の施工で1ヶ月効果をキープしてくれるコーティング剤で、コート後のミラー表面が綺麗になります。

運転が自分本位となっている高齢者のドライバー。事故を起こす人には共通点があり、運転経験が豊富という自信から咄嗟の自体に自分本位の判断をしてしまう傾向があります。今一度ご自身の身体能力や判断力を理解し、安全運転する車の交通ルールを守りながら事故の無い運転をしましょう。

avatar
高齢者ドライバーには注意しよう!

事故を起こさないように車の定期的なメンテナンスも忘れないでね!

茨城県の魅力的なサービスエリア!グルメが充実!前のページ

AIとIOTを活用した道路の点検方法について 次のページ

関連記事

  1. 記事

    車のオートライト機能はバッテリーがあがる?真意を徹底解説 

    車のバッテリー機能のバッテリーがあがりやすい時期はいつかご存知でしょ…

  2. 記事

    【2020年最新版】密にならない!車で行ける群馬県のおすすめゴルフ場まとめ!

    密にならないレジャーとして大きな注目を集めているのがゴルフです。車で…

  3. 記事

    車はサブスクリプションとカーシェアどっちがいい?特徴や料金体系を比較してみよう!

    車にも、サブスクリプションがあるのはご存じでしょうか。車といえば、カ…

  4. 記事

    Go Toトラベルキャンペーン車で香川県へ&宿泊!

    2020年7月22日、国の政策として観光庁のGo To(ゴートゥー)…

  5. 記事

    リンゴだけじゃない?青森県でおすすめ道の駅を紹介!~2020年度~

    長距離ドライブやツーリングに欠かせないのが憩いの場である道の駅です。…

  6. 記事

    車内の窓のくもりの原因は?手軽に綺麗にできるクリーナーなどご紹介! 

     運転中に車の窓がくもってしまうと、大変危険です。その原因は主に結露…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    豊島区でトラックを停めるならここ!おすすめの駐車場を紹介
  2. 記事

    島根県でドライブ!夏は肝試しで涼しくなろう!心霊スポットを紹介
  3. 記事

    滋賀県で子どもが遊び回れる広大な敷地の公園2選!
  4. 未分類

    【車好き必見】おすすめのヘッドライトクリーナーはこれで決まり!
  5. 記事

    ブレーキダストともおさらば!BLESTにオススメのホイールコーティング剤3選
PAGE TOP