埼玉工大が開発した自動運転バスの走行実績は?2020年は2970kmの結果を紹介

   
 

埼玉県では自動で運行する「自動運転バス」が運行しています。

2020年4月から運行が開催されており、2021年3月末でちょうど運行が1年になります。

2021年5月24日には、自動運転システムの開発実績を報告されました。

今回は埼玉工業大学が開発した自動運転バスの開発実績について詳しく解説していきます。

埼玉県で運行する自動運転システムの開発報告が発表

2020年5月には、埼玉県で運行する自動運転システム搭載のバスの開発実績が公開されtました。

今回紹介された、実績内容は以下になります。

  •  大学キャンパスで内の走行:41.3km
  • 大学周辺(深谷市)の公道走行:784.3km
  • 実証実験(1)、SIP自動運転(羽田空港地域):1,008.5km (自主走行を含む)
  •  実証実験(2)、「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」(塩尻市):234.8km
  •  路線バス、「渋沢栄一 論語の里 循環バス」(深谷市):900.7km

埼玉工業大学のキャンパス内や公道を走行しています。

自動運転システムで運行されているバスは2種類

今回自動運転バスに使用された車両はリエッセⅡというマイクロバスと大型車両がベースとなっている2種類のタイプが実施されています。

はじめに埼玉県で走行している自動運転バスの特徴を紹介します。

マイクロバス(リエッセII)タイプ

2020年のはじめに開発された自動運転バスはマイクロバス(リエッセII)タイプです。

こちらのバスはディーゼルで動き、しかも運転支援システムも搭載しています。

デザインもシンプルでベージュベースの落ち着いた印象となっています。

マイクロバス(リエッセII)タイプの車両情報は以下の表にまとめています。

車両マイクロバス(リエッセII)
長さ625cm
車両幅203㎝
高さ261cm
乗車人数補助席含め24人乗り
最大排気量4000cc
エンジンタイプディーゼル
運転支援システムスマートモビリティ

大型バス(レインボーⅡ)タイプ

2020年の後期には大型バス(レインボーⅡ)をベースに開発された自動運転バスが運行されています。

車両大型バス(レインボーⅡ)
長さ910cm
車両幅244㎝
高さ307㎝
乗車人数58人乗り
最大排気量4000cc
エンジンタイプ5.19Lディーゼル車
運転支援システムスマートモビリティ

寒い時期にフロントガラスやリアガラスが凍ってしまう!そんなときに備えてCaraZoot社の「【CarZootプロ仕様】 解氷 スプレー フロントガラス 凍結 凍結防止 車 雪対策 解氷剤 雪」を車に乗せておこう


夏場は気になりませんが、冬の寒い時期になるとフロントガラスやリアガラスが凍ってしまうことがあります。

深夜の気温低下が原因で、フロントガラスやリアガラスの表面が凍ってしまいます。

出勤時に凍っていると、解凍するのに非常に時間がかかります。

お湯で解凍するとガラスにヒビが入ったり、削り落とすとフロントガラスに細かな傷が付いてしまいます。

フロントガラスやリアガラスを解凍するのにはCarZoot社の「【CarZootプロ仕様】 解氷 スプレー フロントガラス 凍結 凍結防止 車 雪対策 解氷剤 雪」を使いましょう。

こちらの商品は、CarZoot社独自の成分を配合しており、凍ったガラスをすぐに解凍することができます。

なので出勤前に急いでいる方でも、簡単に解凍してすぐ乗ることができます。

気温差や摩擦も起こらないので、フロントガラスに傷が入ったりヒビが入ったりすることはありません。

普段のっている愛車に、常備しておくだけで安心することができます。

まとめ

今回は埼玉県で運用されている自動運転バスの開発報告について詳しくまとめていきました。

埼玉工業大学が開発した自動運転バスには、マイクロバスタイプと大型バスタイプの2種類が運行されています。

実際に公道での試験も行っており、これから実用化に向けて進歩していきます。

近い将来、日本国内のバスがすべて自動運転化になる可能性もあるのではないでしょうか。

東京中央区でドライブ『不二36景』でインスタ映えも楽しめるスポットとは?前のページ

オンデマンドデリバリーサービスAzitとDIGIOとはどんなサービスなのか次のページ

関連記事

  1. 記事

    Catブランドの日本キャタピラーとは?サービスや技術を紹介!

    日本キャタピラーを知っていますか?日本キャタピラーは建設現場などで見…

  2. 記事

    【電動車】当たり前になる時が来る?カーボンニュートラルとは?JAIAが「輸入電動車普及促進プロジェク…

    日本自動車輸入組合(JAIA)は、「輸入電動車普及促進プロジェクト」…

  3. 記事

    【遺作&名作】車好き必見の『ワイルド・スピード SKY MISSION』

    新型コロナウイルスの感染拡大防止策である「外出自粛要請」により、ご自…

  4. 記事

    スバルの新型「レヴォーグ」樹脂製タイミングチェーンカバーが採用!圧倒的軽量化を達成!

    スバルの人気車種と言えばレヴォーグがあると思います。その新型が発売さ…

  5. 記事

    パキスタンの交通をテーマにした遊園地や公園を紹介 2021年最新版

    南アジアに位置するパキスタンは、日本の約2倍の面積を持っている共和制…

  6. 記事

    2021年冬春におすすめ!オリオンで販売されているおすすめの車種をご紹介!

    中古車販売店のオリオンにおけるおすすめ車種をご紹介します。値段ととも…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【夜景スポット!】山の上から見られる絶好ポイントをご紹介 in宮崎
  2. 記事

    流通を支える大型トラックの人気メーカーを紹介
  3. 記事

    ソフトウェアの更新が自動に!自動車産業の今後
  4. 記事

    石川県にはグルメを楽しめる新しいお店がオープン!ドライブのついでに立ち寄ろう
  5. 記事

    ひき逃げ事故を起こした伊藤健太郎さんが乗ってた車って何?スペックなどを紹介!
PAGE TOP