カテゴリー
記事

国産自動車のバッテリーの選び方は?JIS規格ってなに?

自動車のバッテリーは、乗っていれば必ず劣化していくものです。定期的なバッテリーの交換は必須でしょう。そこで今回は、バッテリーの交換をする時にはどんな選び方をすればいいのか?JIS規格とは一体どんなものなのか?について、詳しく見て行きます。

JIS規格とは一体何なのか?

まず、世間でよく聞かれる言葉「JIS規格」とは一体何なのでしょうか?JIS規格とは「japanese industrial standards」の略で、日本の産業製品に対する国が定めた一定の基準のことです。

自動車の部品や、家庭用品、文字コードなどの「情報処理製品」、サービスの質などにもJIS規格が定められています。

国としての標準的な基準を設けることで、JIS規格に承認されているものは、日本国内の製品サイズに合うように設計されているのです。法規に引用された場合は強制力を持ち、JIS規格と認められている製品の方が、信用力があります。

自動車のバッテリーを選ぶ時のポイントは?

では、自動車のバッテリーを選ぶ時にはどんなところに気を付けて選べばいいのでしょうか?

まずは、前述したJIS規格を確認しましょう。バッテリーの場合は「40 B 19 L」などのような表記があるものが、JIS規格を承認されているものです。

これは、バッテリーの性能、サイズ、バッテリーの高さ、端子の位置などを表した記号になります。バッテリーのサイズや高さ、端子の位置が今お使いのバッテリーと合っていないと、使う事が出来ませんので、注意が必要になります。

バッテリーに負担をかけない自動車の使い方はあるのか?

バッテリーが弱って来たら、バッテリー上がりの原因にもなり、最悪の場合エンジンを掛けることができなくなります。それでも、バッテリーを少しでも長持ちさせたいと願うのが普通の人でしょう。

そこで、どのようにすればバッテリーを長持ちさせられるようになるのか?簡単におすすめポイントをご紹介します。まずは、車は毎日乗った方が、バッテリーが長持ちします。出来れば30分以上は走らせることがおすすめです。自動車がエンジンを掛けている間には、バッテリーに充電がどんどん溜まっていきます。しかし、長期間乗っていないと、バッテリー内の電力が減り、段々とバッテリーは弱くなってしまいます。

また、エアコンやワイパーの使用頻度を減らすことでもバッテリーの寿命を延ばしていくために有効的です。そこで今回は私があなたにおすすめの商品をご紹介します。

CarZoot社の油膜 ウロコ 水アカ 除去 ウィンドウケア ガラスクリーナーを使えば、ワイパーの使用率を減らせて、バッテリーへの負担を軽減できる

今回私があなただけにおすすめする商品はCarZoot社の油膜 ウロコ 水アカ 除去 ウィンドウケア ガラスクリーナーです。こちらの商品はアマゾンの新商品ランキングで1位にもなった事のある大人気商品になります。それでは、このガラスクリーナーのおすすめポイントを簡単にまとめましたのでご紹介いたします。

  • プロが実際に工場で使っているガラスクリーナーと同じ成分なので、プロ並みのクリーニングと撥水効果を実現できる
  • 下地処理から実際のクリーニングまで全ての作業に必要な道具が完全パッケージ化されているので、商品が手元に届いた時点ですぐに施工が出来る
  • ガラスクリーナーを使ったことのない初心者の方でも、ムラなく綺麗に塗布することが可能。

というように、とても優れたガラスクリーナーなのです。そして、驚くべきことに、ここまでハイレベルなガラスクリーナーがたったの1,980円で買えてしまいます!私も実際に愛車のフロントガラスに施工してみましたが、驚くほど、雨水が飛んでいって、ワイパーをほぼ使わなくなりました。是非ともあなたにおすすめしたい商品です!

愛車に合ったバッテリーを選んでね!

クリーナーでバッテリーの負担も軽減しよう!