合法でエンジン全開で走行できるイベントがある?紹介します

   
 

車のエンジンを全開にして走るイベントと言えばサーキットでの各種レースが容易に思い浮かぶと思いますが、公道ではスピード違反となり、イメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、合法的に行われるイベントについて詳しく紹介します。

ラリー

ラリー, レース, 車, 速度, 高速, アクション, スポーツ, 競争, 競馬, キプロスラリー2017

ラリーとは、公道の一定区間を一台ずつタイムアタックしていき、その合計タイムを競う競技イベントです。使用する車両もベースは市販車ですので、フォーミュラーカーよりぐっと身近に感じられます。また、ドライバーとナビゲーターの二人乗りですので、左右どちらから観戦しても楽しめます。

全日本ラリー選手権

前身の大会を含めると約半世紀もの歴史がある、日本最大級のラリーイベントです。例年、4月から11月まで北は北海道から南は九州まで開催されますので、お近くで楽しめる方も多いと思います。排気量を基準に6つのクラスに分かれていますが、年間を通して総合チャンピオンが決まる仕組みですので、様々な角度から楽しめる利点があります。

群馬ラリー

JMRC群馬ラリーシリーズは、JAFの国内競技運転者許可証B級以上を所得すれば、初心者でも参加可能です。例年4月から10月までの期間に5戦が群馬県内各地で開催されます。上級者まで幅広く楽しめるイベントを目標としたシリーズですのでより参加している実感が得られます。

ラリージャパン

WRCの略称で有名な世界ラリー選手権は、年間13戦を世界各国を舞台に繰り広げられます。ラリージャパンはその日本ラウンドとして開催されます。毎年必ず開催地に選ばれるとは限らない中、2020年は愛知県・岐阜県を舞台に久々の開催が決定していました。しかしながらコロナ禍の影響で中止となりましたので、スライドして2021年11月に開催予定です。

世界中のトップドライバーが集い、ファンも注目しているビッグイベントですので、是非現地で体感される事をおススメします。外国の自動車メーカーやドライバーがひしめく中で日本からはトヨタが参戦しています。日本人ドライバーも所属しているので、モータースポーツのオリンピックのような気分で応援してみると良いかもしれません。

ヒルクライム

距離, 丘, フィールド, ツリー, レーン, 孤独です, 空, 風景, 気分, 青, 丘陵, 徒歩, 夏

ヒルクライムはヒル(丘)クライム(登ること)と言う名の通り、スタート地点よりもフィニッシュ地点の標高が高いことが条件となっているタイムレースです。一人乗りで、市販車以外も参加が可能で、主に峠などをコースとして行われ、勾配や幅員、直線区間、舗装などの規定に特長があります。

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

現在、日本で唯一の年間シリーズとして開催されているイベントです。登坂道路を2本タイム計測した合計で争われます。2月から11月の間、主に長野県を舞台に年間8戦ほど行われます。条件を満たせば、助手席での同乗も可能となっているところが特長です。

時は金なり

タイムレースには高性能な時計で計測されますが、ドライバーや観戦者も自分なりに計測される事や何より時間を確認CarZoot社の「スマートウォッチ 保護 コーティング アップルウォッチ applewatch 液体保護」は、画面に塗るだけで硬度9Hのガラス被膜を形成して、ガラス面の割れや傷を防止、保護します。

また、指紋汚れや撥水機能、ブラーライトカットまで全てのブランドに対応している万能さでプロ仕様となっています。日本製かつ30日間の安心保証もついていますので、時が止まってしまうような驚きのクオリティです。

おわりに

国内では、ラリーとヒルクライムがイベントとして行われていることがわかりました。同じ区間でも季節や天候によって路面状況などが違いますので、どれだけ全開で走行できるかが見所の一つです。海外、特にヨーロッパではモータースポーツが盛んですので比べものにならない程数多くのイベントが開催されています。機会があれば本場の雰囲気も味わってみてはいかがでしょうか。

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

デンソーがパワーステアリングを新開発!前のページ

2020年のモーターショー事情 ~開催?延期?中止?まとめてご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    雪の中で立ち往生した際に取るべき行動とは?緊急時の対処法まとめ

    車の運転中に大雪に見舞われ、走行できなくなってしまった…。雪の多い地…

  2. 記事

    雪道を運転する方必見!スリップした時の対処法を紹介!

    雪が降った後に運転をしているとタイヤが滑って危険な思いをした。なんて…

  3. 記事

    100社協力!?空飛ぶクルマの開発状況を紹介! 

    近未来を舞台にしたSF映画で見たことがある「空飛ぶクルマ」が日本でも…

  4. 記事

    修復履歴車の意味って知ってる?正しい意味やメリット・デメリット解説!

    中古車をネットで探していたら修復履歴車と書いてあった。しかしこの修復…

  5. 記事

    車のフロントタイヤが八の字になっている理由!やり過ぎに注意するのが大事!

    あなたの乗っている乗用車の前輪は、「八の字」に角度づけがされていない…

  6. 記事

    岩手県のドライブにピッタリなおすすめロケスポットを紹介!

    岩手県でおすすめの観光地やドラマや映画などで使われたロケスポットはな…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    首相の乗っている車の車種とは?お抱え運転手についても調べてみた
  2. 記事

    車の警告灯が点灯したら要注意!点灯の原因は発電機かも?
  3. デザイナーB

    車内のクリーナー術の基本!スチームを使ったクリーニングテクニック!
  4. 記事

    バックモニターの歴史を調べてみた!絶対に必要なバックモニター!
  5. 記事

    自動車運転で気を付けたいバイクのすり抜け事故。どちらが悪いの?
PAGE TOP