勝手に操作してくれる?トヨタのセーフティセンスとは?

   
 

皆さんは車を購入する時に何を重要視していますか?

車のかっこいデザインに惹かれた・燃費のいい車がいい・大人数乗れる車がいい等車を選ぶ基準というのは人それぞれだと思います。

その様な理由で選んだ車が安全性の高い車だととても安心して車に乗れますし、選びたくなります。

そんな今回はトヨタの「セーフティセンス」について紹介していきたいと思います。

トヨタの車に乗っている人・今後トヨタの車に買い替えたいと考えている人は是非参考にしてみてください。

セーフティセンスってどんな技術?

トヨタの車に乗っている人は購入する時に、自分の車どんな性能で機能を持っているのか調べてから購入していると思うので知っている人が多いと思います。

ですが、トヨタの車に乗っていない人・トヨタの車に乗っているけど機能についてあまり知らないという人もいると思うで、詳しく紹介していこうと思います。

車の事故というのは約7割が歩行者事故・正面衝突・車線逸脱・追突に分類されるのです。

トヨタのセーフティセンスはこれらの事故が起こりやすいシーンをカバーする先進の予防安全パッケージになります。

衝突の回避・被害の軽減をサポート・ドライバーのミス・疲れをカバーし事故を未然に防ぐという様な多くの場面でのリスクを考えられています。

どの様な機能がある?

ではセーフティセンスの詳しい機能について紹介していきます。

①被害軽減ブレーキ

この被害軽減ブレーキでは、進化した単眼カメラとミリ波レーダーによって幅広いシーンで自動ブレーキでサポートしてくれます。

自動でブレーキをかけてくれるなんてすごく便利な機能ですが、暗い場所や夜間の運転ではどうなのでしょうか?

いくら天候が悪い日でも、夜間の運転時においてもカメラではなくレーダーで検知して自動でブレーキをかけてくれるので安心です。

②ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)

疲れている日の運転やつい仕事のことなどを考えて運転していると、どうしても車体がふらついたり白線をはみ出しそうになっていることってあると思います。

そんな危ない時に役立つのがこのハンドル操作サポートになります。

白線・前方のクルマを検知して、ハンドル操作のサポートから一定の車間距離を保ち走行をサポートする機能です。

ついうっかり白線をはみ出したことにより事故を招くこともあるので、とても助かる機能になります。

③車線はみ出しアラート

運転中にある道路上の白・黄線を認識し、車線をはみ出している可能性をドライバーに音を鳴らして知らせてくれるシステム機能になります。

車自体が車線変更なのかを見極め、ウインカー操作がされていない時の車線はみ出しの可能性をブザーでの警告とディスプレイの表示で教えてくれます。

車線変更の時にウインカーを出さずに行う車を頻繁に見かけますが、あの様な車線変更を行ってしまう時にも警告のブザーがなってしまいます。

更にブザーとディスプレイだけでなく、ステアリング機能も働き車を操作してくれるのでなお安全です。

④追従ドライブ支援機能

この機能では、高速道路・一般道路での渋滞に巻き込まれた時にとても便利です。

渋滞だと、いちいちアクセルを少し踏んで進んではまた止まってを繰り返します。そのめんどくさい操作を担ってくれるのがこの機能です。

車が低速で走行中でも、前の車を検知して速度を調節して前の車が停止した時には、突っ込まず車間距離を維持したまま自動で停まることができます。

この機能が搭載された車に乗っていると、渋滞での疲れが軽減されそうです。

他にも便利で安全な機能はたくさんありますが、代表的な4つを紹介してみました。

人気車にはどの機能がついている?

詳しい機能については理解していただけたでしょうか?

ここからはトヨタの人気車種にはどの機能が搭載されているのか紹介していきます。

①プリウス

今では誰もが知る車の呼び声も高いであろうプリウス。

そのプリウスには、衝突軽減サポート・レーダークルーズコントロール・車線逸脱サポート等がついています。

そのため、もしブレーキを踏み間違えて衝突しても軽減でき、渋滞の道では車が自動で低速で追従してくれ、車線をはみ出しそうになったらアラートで教えてくれるという便利な機能が盛り沢山です。

安全性に優れ人気な理由もわかります。

②アルファード

こちらも誰もが知っていてもおかしくないくらいの知名度があります。

アルファードに搭載されているのは、レーダークルーズコントロール・レーントレーシングアシスト等の機能がついています。

そのため、渋滞でも前の車を低速で追従してくれて、車体がふらついていたり車線からはみ出しそうな時は知らせてくれます。

こちらも安全性がかなり高い車になっています。

まとめ

今回はトヨタのセーフティセンスについて紹介しました。

今トヨタの車に乗っている人・今後トヨタの車に乗り換えようとしている人は、どんな機能が搭載されているのか確認して見ると更に安心して車に乗ることができるので安心です。

プロが実際に使っている商品になります。

従来のアルミモール専用のコンパウンド クリーナーと違って汚れ・錆・黄ばみを落とすだけではありません。より汚れない様にアルミモール専用コーティングまで施工できるのです。欧州車にもおすすめです。

最高の乗り心地?キャンピングカーの頂点「バスコン」とは前のページ

違反の重さで変わる?赤切符と青切符の違いとは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    バンダイ公式ショッピングサイトからダースベーダー仕様のドライブレコーダーが発売!価格や機能など詳細を…

    バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」では、ダースベー…

  2. 記事

    ホンダが新型EV「M-NV」を広州モーターショー2020で世界初公開!

    ホンダが広州モーターショー2020において、SUVタイプの新型EV「…

  3. デザイナーB

    【おすすめなテニスコート】秋田県でスポーツの秋を楽しむならどこがいい?

    今年の夏は酷暑という言葉が相応しい、凄まじい暑さでした。10月に入り…

  4. 記事

    ユーグレナバイオディーゼル燃料を西武バスが使用開始!西武バスの取り組みもご紹介!

    西武バスが、ユーグレナバイオディーゼル燃料の使用開始を発表しました。…

  5. 記事

    日本初!横浜で大型バスの自動運転が営業運行を実施!

    10月に横浜にて、日本では初となる自動運転による大型バスの営業運行が…

  6. 記事

    勧誘は嫌だ!匿名で車の査定価格を知ることは可能!おすすめサイトをご紹介!

    車を売却しようと思いネットなどで一括査定サービスを利用してみたら、勧…

新着記事の一覧

  1. [2021]車中泊におすすめな燃費の良い車種をご紹介!
  2. 【2021年最新版】車中泊におすすめ車種をご紹介!
  3. 【2021】おすすめしたい車中泊に便利な電気毛布をご紹介!
  4. 車中泊で快適に過ごせる最新断熱マットやシートをご紹介 !
  5. トヨタが2022年に超小型「シーポッド」を限定販売!シーポッ…
  1. 未分類

    ブリジストン パラゴムノキの植林計画最適システムを開発
  2. 記事

    神奈川県相模原市の中央区・緑区・南区で貸料が安い月極駐車場を4選!小型車から大型…
  3. デザイナーB

    明治時代から栄えていた温泉地がある車で行ける兵庫県の足湯と日帰り温泉
  4. 記事

    墨田区でおすすめのトラック駐車可能な駐車場を紹介!
  5. デザイナーB

    フィアットのエンブレムは奥深かった!
PAGE TOP