初心者マークを剥がす時に注意したいこと

   
 

「若葉マーク」や「初心者マーク」と呼ばれている黄色と緑のマークの正式名称を「初心運転者標識」と言います。緑色は若い、黄色は注意するといった意味の色合いです。

周りのドライバーに「運転が不慣れなこと、経験が十分ではないこと」を知らせるのを目的に安全運転のため付けなければいけません。これは道路交通方で義務化されています。

普通自動車免許取得後、1年未満のドライバーに表示の義務があり、違反した場合、累積1点と反則金4000円が課されます。結構重たいです。

そもそもどこに貼ればいいのか?

初心者マークを取り付ける位置は、車体の前面と後面の両方に「地上0.4m以上1.2m以下の見えやすい位置」に表示しなければなりません。道路交通法で明確な決まりがあって見えやすければどこでもいいわけでもないです。

一般的には前はボンネット、後ろはリアウィンドウ下に装着するのが主流です。車内の内側から貼る人もたまにいます。

また、吸盤タイプのものを外側に貼る方もたまに見かけますが、ずっと貼っていると跡が目立ちますので、剥がれやすいマグネットタイプをおすすめいたします。最近はほとんどマグネットタイプです

いつまで付けていればいいの?

上述したように1年間が表示義務期間となります。もしくは、普通自動車免許を受けていた期間が1年に達しない人に表示義務があるとされています。

免許を取得してから1年以内にその免許が免許停止処分を受ける、また取り消しや返上後に免許を再度取得した場合など、例外的に1年を超えても表示義務が生じる場合もありますが、普通は1年間だと考えていいでしょう。

取得から1年以上経っているけどつけてもアリ?

ペーパードライバーなど、運転に不慣れな人のなかには1年を超えても初心者マークをつけ続けたいという人もます。これに関しては1年の表示義務期間を超えて初心者マークを貼っていても違反にはなりません。

掲示義務のある人が掲示していないときの罰則はありますが、掲示義務がない人が掲示していても罰則はないのです。滅多に運転しない人や運転に自信がない人は常時ダッシュボードに入れておくのがお勧めです。

下手に頑張って上手く運転しようとするより、しっかり周りにアピールしたほうが安全運転に繋がります

シール跡がついてしまったら・・・

シール後は汚いので残したくないですね。少し前まではステッカータイプが主流でしたが、跡が目立ってしまったり家族で共同で乗るときに取り外しができなかったり、不便なことが多かったためマグネットタイプに切り替わりました。

ほとんどの車のボディが鉄なのでマグネットタイプでも大丈夫なのですが、軽量化の波で一部アルミのボディがあったりします。アルミだと磁石が反応しないこともあるので念の為、確認しましょう。

もし、シール跡がのこってしまったら基本的には専用のシール剥がしを使うことをお勧めしますが、自宅でできる手法の1つとしてドライヤーで温めるというやり方があります。

熱で温めると糊が高温で柔らかくなり、剥がれやすくなります。 十分に温めたら、ゆっくりとステッカーを剥がしていきます。もしくは100円ショップでステッカー、シール専用の剥がし剤が売っているのでそれをつかうのもアリです。

Carzoot社製のガラスコーティング剤をつかって愛車を綺麗にしよう

せっかくシールを綺麗に剥がすことができたら、もう初心者ではないのでこの際車をピカピカにしてみましょう。洗車をこまめにやるのが1番いいですが、たまにコーティング剤を塗ってピカピカにしておくと気持ちが良いです。

車を買った頃の気持ちを思い出します。特にブラック系の車は黒光りするとカッコよさが際立ちます。ガラスコーティグは業者に頼むと1回やるだけで1万円超えることは珍しくありません。結構なお値段になります。

ですので自分でできたら本当にコスパがいいので覚えておくと便利です。Carzoot社製のガラスコーティング剤を使用すると低価格でプロのような仕上がりを実現できるので大変おすすめです。

avatar
シールの跡は目立つよね!

奇麗な車を維持しよう!

奈良県に行くなら立ち寄って!高速道路のオススメSAグルメ!前のページ

自動車免許取得で注意したいこと3選 次のページ

関連記事

  1. 記事

    ガレージや車などの防犯面に強いおすすめの警備会社3社をご紹介!

    大切な車や、備品などが置いてあるガレージを、他人に荒らされ壊されたこ…

  2. 記事

    愛知県で貸し切りバスを利用したい人必見!おすすめバス業者はこちら!

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、貸し切りバス業界でも感染予防対策…

  3. 記事

    ベタつくハンドルとはサヨナラ!意外と簡単な快適ハンドル対策

    あなたの車のハンドルは、ベタつきが気になりませんか?ウレタン素材のハ…

  4. 記事

    意外と知らないガソリンの知識!車を知るならガソリンも知ろう!

    皆さんも日常的に乗る機会がある車、ガソリンがないと動きませんよね?…

  5. 記事

    おすすめの車用洗剤3選を厳選!

    洗車はどのくらいの頻度で行っていますか。定期的に洗車することで車に付…

  6. 記事

    【高知県】タイヤ購入・交換したい方はぜひ読んで!お得にできる店舗はここだ!

    「高知県内でタイヤを購入したい」「タイヤ交換をしたい」と考えている方…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    ナンバープレートもかわいく!東海で使用できるご当地ナンバープレートをご紹介!
  2. 記事

    かわいいクッションを探すなら?おすすめの通販ショップをご紹介!
  3. 記事

    安い駐車場8選!~京都府中京区~
  4. 記事

    安くて嬉しい!京都周辺でお得に駐められる駐車場3選!
  5. 記事

    交通安全お守り&神社をまとめて紹介4選!in和歌山
PAGE TOP