初心者のためのF1用語集!DRSってなに?を初心者にも分かりやすく簡単に解説

   
 

F1のレースを見ていたりすると専門用語がたびたび使われていて、F1を初めて見る方や初心者の方は、何を言っているのか分からない。そんなことがあると思います。ここでは、F1で使われる専門用語である「DRS」について初心者の方でも分かりやすく解説していきます。

DRSってなに?

DRSとは「Drag Reduction System (ドラッグリダクションシステム)」の略で、電子制御によって可動型エアロパーツ(特にリアウィング)の角度を変えて空気抵抗を減らし、トップスピードの向上を目的とするシステムのことを指します。

F1では、「ドライバーによる調節可能なボディワーク」に基づき2011年のF1世界選手権のルールより使用が認められました。当初はオーバーテイクウイング(可変リアウィング)とも呼ばれていました。

DRS使用に至る経緯

F1でレースを盛り上げる要因であるマシンの追い越し(オーバーテイク)がありますが、近年では、F1マシンの性能が非常に高くなってきているため、コース上でオーバーテイクをするのが難しくなってきていると言われています。その反面レースに参加するチームの運営費が高騰しており、そのため比較的開発費の低い手法で、より安全にオーバーテイクを演出させる手法として考案されました。

この案は、FIA(国際自動車連盟)によって受け入れられ、2010年12月10日に正式に「可変リアウィング」として使用が認められ、2011年2月6日にはこのシステムについての基幹となる明確なルールが定められました。

DRSを使うとどうなるの?

「DRS」は日本語に直訳すると「抗力低減装置」となり、実際にリアウィングの角度を変えることによって、空気抵抗などの抗力を低減させることができ、マシンのスピードを時速約10km~20km加速させることができると言います。

F1レースでは、直線的なコースもあれば、コーナーを高速で通過していかなくてはならない部分もあります。コーナーを高速通過するには、下向きに働く力(ダウンフォース)が必要でありますが、直線を走るのにダウンフォースはマシンの速度を落としてしまう原因にもなります。そこで活躍するのがDRSです。コーナリング中はダウンフォースを、直線を走るときには抗力を低減する働きを可変リアウィングで実現してくれます。

DRSを使うにはルールが定められている

ここまでDRSがF1レースで大活躍してくれそうだという事を説明してきましたが、DRSを使用するにあたって詳細にルールが定められており、いつでもどこでも使えるというものではありません。

DRSを使用する際のルール

サイズ
・リアウィングのサイズ=高さ950mm以下、横幅750mm以(2009年以降のF1テクニカルレギュレーションに準拠)
・DRSの初期設定=リアウィング上部翼と下部翼の隙間が10mm以内でなければならない。この状態を固定値とする。
・DRSの可動領域=リアウィング上部翼の可動領域は、固定値から50mm以内に定められている。

DRS使用が許可されるポイント
・DRS使用区間=それぞれのサーキットによって使用区間が定められている。
・前方車両間の基準=DRSの使用が許可される車両は、前方の車両との間隔が後述の「測定ポイント」での計測で1秒以内である事を条件とする。
・DRSの使用が禁止される条件=レーススタート後2周が経過する以前でのDRSの使用、またはセーフティカーが導入されている間のDRSの使用が禁止されている。他にもウェットコンディションの場合や、濃霧などによって視界が極めて悪い状況下では使用禁止

このように様々なルールがFIAによって定められています。

まとめ

今回はF1初心者のかたにも分かりやすく「DRS」についてご紹介してきました。すこしでも参考になれば幸いです。

CarZoot 硬化型ガラスコーティングキット「G’zeroPremium」

CarZoot社製の「硬化型ガラスコーティングセット」です。
この商品は車を硬度9Hのガラス被膜を作ってキズや汚れから強力に守ってくれます。さらに非常に高い光沢感やツヤを出してくれるので、展示車両やモーターショーでも使用されるガラスコーティング剤になっています。

「G’zeroPremium」は愛車をキズなどから守りピカピカにしたいという欲張りな要望に応えてくれる優秀なガラスコーティングキットになっています。

軽トラのキャンピングカー「トラベルハウス」って知ってた?最近流行ってるらしいので調べてみた!前のページ

初心者のためのF1用語解説 トラックリミットとは?分かりやすく簡単に!次のページ

関連記事

  1. 記事

    【話題の300均】スリコーインズでコスパ最強なおすすめカーグッズをご紹介!

    300円(税込み330円)均一でお馴染みの3COINSは、誰でも気軽…

  2. 記事

    三菱自動車が2050年CO2排出ゼロ社会宣言!新環境計画パッケージとはどのような取り組みか?

    三菱自動車が2020年11月2日、30年後に向けて新環境計画パッケー…

  3. 記事

    GOTOトラベルキャンペーンを使って宮城県ではここへ行こう!オススメの宿を紹介!

    宮城県には、東北の一大漁港である「気仙沼」があります。つまり、東北の…

  4. 記事

    自動車部品など関税段階撤廃へ!インドを除いた15カ国が署名!

    輸出業や輸入業を営む方にとっては、かなり大きなニュースが入ってきまし…

  5. 記事

    ターボタイマーを知っていますか?徹底解説しちゃいます!

    あなたの車は「ターボ車」でしょうか?通常の「ガソリン車」でしょうか?…

  6. 記事

    試乗してみた!新型フィットとヤリス!どっちが乗りやすいのか徹底解説!

    似ている車があると、どちらを購入しようか迷うもの。その筆頭と言っても…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    自粛期間にアニメ「Capeta(カペタ)」を観よう!作品情報やおすすめの回も紹介…
  2. 記事

    スプレーフィルムでカスタマイズするのがおすすめ!気軽に塗装しちゃおう!
  3. 記事

    【石川県】県内で車の除菌・クリーニング・清掃を行ってくれる業者をご紹介!
  4. 記事

    【厳選2021年香川県】車で行くことが出来るプライベートな空間が魅力のパーソナル…
  5. 記事

    【クルマでお出かけ】熊本県人気蕎麦屋 年越しに食べたいベスト3
PAGE TOP