初心者なら知っておくべき雪道への備え

   
 

車買ったばかりで初心者の頃は雪や雨を油断しがちではあります。少なくとも私はそうでした。車のエンジンの温度で雪なんてすぐ溶けるから大丈夫ー。とか勝手に思ってました。全くそんなことはないです。しっかりした対策を取らないと命の危険に晒されます。

路面が凍っている時に、経験や知識がないと何処で注意したらいいのかわからないので非常に危険です。ある程度事前に予備知識を備えておくだけでも十分な安全対策になります。

基本的な運転操作

スノーシューズのような厚底の靴で運転しない、これ基本です。徐行運転を多用するのでアクセル操作に繊細な感覚が必要になってきます。足の感覚をしっかり意識できていないと危険です。履き慣れた靴で運転しましょう。

あと、外でトラブル対応に巻き込まれて対応していると手が悴んできて後のハンドリング操作に悪影響が出てくるので軍手は必需品です。雪道で特に注意して回避したいのが、スリップによるトラブルです。

発進、加速、走行、停止、すべての状況で「急」のつく運転はやめましょう。万全の準備をしていても、運転方法が正しくないと、トラブルを起こします。

正しい知識を入れて最悪の状況も考慮しながら、路面が予想以上に滑ることも念頭に置き、安全な速度で走行する必要があります。

注意すべき状況

カーブでの事故は雪道でも多い傾向があります。あせらずに、ゆっくり直線部分でしっかりとスピードを落とす減速操作が肝心です。

天候が悪化して吹雪で前が見えなくなったらどうする?

吹雪が止むのを待ちましょう。自分も前が見えないということは、後続車も同じ状況です。当然急に停まれば危険なので、ハザードを点滅、あるいはブレーキランプを点灯させて、ゆっくり停車する。後ろのクルマに自車の動きをアピールすることが大切です。

アイスバーンに遭遇したどうする?

新雪が隙間もないほど踏み固められてツルッツルになった路面または気温が氷点下になっている明け方などでは、凍った路面所謂「アイスバーン」が潜んでいることがある

一度滑ったら最後、惰性で停まるまで何もできなくなる。背筋がぞっとするほど怖いので。十分気をつけよう。もし道路路面がおかしい『ヤバいな』『いつもと違う』と感じたらすかさず減速しましょう。

周囲のクルマに注意しながら、ブレーキテストを行ったり、ハンドルを切って接地感を確かめたりしてハザードランプを付けながら脇に寄せましょう

備えあれば憂いなし

雪道では一事が万事です。装備や備えを十分にしておくのが基本です

・ウオッシャー液は凍らないように寒冷地用のウォッシャー液に入れ換えましょう。

・タイヤチェーンとジャッキは必須です。チェーンの巻き方も事前に勉強しておくと大変役に立ちます。

・けん引ロープや砂も積んでおくと心強いでしょう。砂はタイヤの周りに振りかけるとグリップ力が増すので脱出がスムーズになります。

・スコップは駐車場に積もった雪を除去するのに役立ちます。除雪作業に便利です。

スタッドレスタイヤはどうなのか?

スタッドレスタイヤはタイヤの溝が50㎝なくなると冬用タイヤとして機能しません。ですので冬が到来する前に専門業者にタイヤの状況をしっかり見てもらうことをお勧めします。

スタッドレスタイヤを付けてさえいれば大丈夫ということもありません。

悪天候や路面状況が極端に悪い時に高速道路を走行する場合、国土交通省や警察庁から全ての車輪がスタッドレスタイヤでもタイヤチェーンを装着しないと走行できない緊急措置(「全車両チェーン装着規制」)がとられることもあります。

そもそも初心者ならそんな天候で運転するべきではないですが、

場合によってはそういった緊急措置が取られることも頭の中に入れておきましょう。

Carzoot社製の解氷スプレーを使ってフロントガラス対策をしよう

朝起きて気温がマイナスまで行くとフロントガラスが凍って溶かすのに時間がかかって出社時間が遅れるなんてことありませんか?私はなんどもあります。雪が降るってわかっていても、フロントガラスの対策までは追いつかないことは多々あります。

そんな時はお湯を風呂場から調達するのではなく、スプレー一拭きで解決です。ものすごい便利です。フロントガラスが凍ったまま運転するわけには行かないんですね。

生死にかかわる問題なので時間がないからとか理由にならない。だから絶対マストです。冬場で天候の悪い地域に行くなら必需品です。

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

奈良県に行くなら立ち寄って!高速道路のオススメSAグルメ!前のページ

自動車免許取得で注意したいこと3選 次のページ

関連記事

  1. 記事

    タイでおなじみの車「トゥクトゥク」は日本の公道を走行できる?日本でも購入可能?

    トゥクトゥクはタイではおなじみの車ですが、日本でもじわじわと注目度が…

  2. 記事

    【完全保存版】GOTOトラベルキャンペーン攻略法と石川県のオススメ宿ご紹介!

    コロナウイルスで憔悴した観光産業を復活させるために始まったGOTOト…

  3. 記事

    最新の草刈り機って?NEXCO東日本が草刈りロボットを導入!

    2020年7月に、NEXCOは新型の芝刈りロボットを導入しました。今…

  4. 記事

    日産デイズボレロが新しくなった内容とは?運転性能もデザインも素敵! 

    2019年、軽自動車の日産デイズは6年ぶりに新型モデルが登場しました…

  5. 記事

    アバルト社って、どんなメーカー?その歴史や代表的な車を徹底解説!

    街中でフィアットに似ている車を見かけることがあるのですが、サソリのマ…

  6. 記事

    パトカーの白黒パンダカラーはいつから? 

    遠くからも簡単にパトカーと識別できる一番の特徴はボディカラーである白…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    アイドリングストップ機能は使うべき?メリットとデメリットを正しく理解し快適なエコ…
  2. 記事

    車の見た目が若返る!ヘッドライトをきれいに保つコツ
  3. 記事

    車を運転中に地震に遭遇!どうしたらいいの?
  4. デザイナーB

    自宅に駐車場を自作で作ろう!必要な工具や材料を紹介!
  5. 記事

    茨城県には交通安全お守りと神社が多数!
PAGE TOP