初心者が覚えておくべきパッシングの使い方とは?

   
 

車同士のコミュニケーションとして使用されるパッシングですが、使い方が曖昧で初心者にとっては難しく感じることもあるかと思います。今回は、パッシングの正しい使い方やタイミングについて初心者でも分かりやすいよう解説しています。また、おすすめのヘッドライトクリーナーとコーティング剤もご紹介していますので、ぜひ愛車のメンテナンスの参考にしてください。

パッシングの使い方5選!

さっそくパッシングの正しい使い方について解説していきます。以下では、パッシングを使うべき正しいタイミングを5つご紹介します。車の運転に慣れていない初心者はもちろんですが、ベテランドライバーの方も今一度正しいパッシングの使い方を見直してみましょう。

対向車に道を譲ってあげる

車がすれ違えないような路地、もしくは交差点などで「あなたが先に行っていいですよ」という意味でパッシングが使われることがあります。

対向車に前方注意の状況を教える

車を走らせているときに対向車からパッシングをされたら、この先に事故や故障車があるため十分注意するよう教えているかもしれません。車を運転している時に対向車からパッシングをされたら前方に注意し、スピードを落として走行しましょう。

ハイビームや無灯火運転などの状況を知らせる

自分の車に何らかの異常があることを教えてくれる意味として対向車からパッシングを受けることがあります。主にハイビームが眩しいことや無灯火を教えてくれる際にパッシングが使われます。特に夕暮れ時やトンネル内は無灯火運転になりがちですので、夕暮れ時に車を運転する際には十分気を付けて走行すべきです。

道を譲ってもらったお礼

パッシングには対向車に道を譲る意味があると前述しましたが、道を譲ってくれた車にお礼をする場合もパッシングを使うタイミングの一つです。このように、パッシングは車の運転手同士のコミュニケーション方法とも言えるでしょう。

道を譲って欲しいことを伝える

高速道路や二車線の一般道で追い越し車線を走行している際に後ろから来た車からパッシングをされたら、「先を急いでいるので道を譲ってください」という意味にも捉えられます。このような場面に出くわしたら速やかに走行車線に移動することでトラブルを防ぐことができます。

パッシングはトラブルの原因にもなり得る

ここまでパッシングの正しい使い方について解説してきましたが、パッシングにはいくつかの違った意味や使い方があることが分かります。また、パッシングの意味や使い方は地域によって異なるため、トラブルの原因にもなりかねません。狭い路地や交差点で対向車からパッシングされたケースを例に挙げると、「お先に行っていいですよ」という意味以外に「私が先に行くのであなたは停車してください」という全く正反対の意味として使う場合もあります。このようにパッシングの使い方をどのように認識しているかの違いによって事故が発生することも珍しくありません。

また、前を走る車にしつこくパッシングを繰り返した場合、あおり運転とみなされる場合があります。何度もパッシングを繰り返し、前方の車との車間距離を詰める行為は危険ですので絶対にしてはいけません。今回の記事からも分かるように、パッシングの使い方は曖昧な部分も多く、トラブルの原因になりかねません。そのため、パッシングされた際には相手の車の様子を伺ってから行動するのが望ましいでしょう。

注目商品CarZoot「HeadLightRestoration」

SNSでも話題沸騰中なのがCarZootヘッドライトクリーナー&コーティング剤「HeadLightRestoration」です。こちらの商品は、ヘッドライトクリーナー、ヘッドライトコーティング剤、専門スポンジ、専用クロス、施工マニュアルが入ったオールインワンセットとなっているため初心者にもおすすめです。ヘッドライトの黄ばみを徹底的に除去し、新車のようなヘッドライトの輝きをキープできるため、ぜひこの機会にCarZootのHeadLightRestorationを試してみてはいかがでしょうか。

avatar
パッシングの使い方は覚えておこう!

意味も間違えないよう気をつけて!

車中泊におすすめ!簡易トイレや携帯トイレを徹底解説!前のページ

なぜ180キロまで?スピードメーターと制限速度の関係を詳しく解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ホイールのブロンズ塗装とは?施工例やおすすめの塗料3選!

    車のホイールの塗装は車のカスタマイズの中でも誰でも気軽にカスタマイズ…

  2. 記事

    ホンダ NSXについてのカッコイイ性能を徹底解説!

    スポーツカーには有名でカッコイイ車がたくさん存在します。海外製に視野…

  3. 記事

    車の運転をする時のファッションはどうする?【40代女性編】 

    意外と40代女性の運転免許の保有率は高いことは知っていましたか?まだ…

  4. 記事

    牛タンだけじゃない!宮城でおすすめインスタ映えスポットを3選紹介!

    東北の一大都市仙台を有する県、宮城県。歴史と文化と豊かな自然が魅力の…

  5. 記事

    カーシェアリングをもっと利用しよう!新潟市のカーシェアリング2社を徹底調査!

    いつもの生活で、車がなくても特に困ってはいないという人でもたくさんお…

  6. 記事

    石川県でおすすめ!青い海を見ながらカフェデート

    石川県と言えば、日本海に飛び出した能登半島が有名な県ですね。日本海側…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    長野県で子供を連れて少し遠出!子供と一緒に楽しめる公園はこちら!
  2. 記事

    青森県で運転体験ができる施設を徹底調査!子供と一緒に行くのがおすすめ!
  3. 記事

    茨城県でドライブしてドラマロケ地を楽しむおすすめスポット
  4. 記事

    【道の駅】くまもんが有名!熊本県を紹介!~2020年度~ 
  5. 記事

    運転用サングラスはRay-Ban(レイバン)がおすすめ!
PAGE TOP