冬の北海道のドライブなら断然カーフェリーがおすすめ!

   
 

冬こそ北海道の真骨頂です。パウダースノーに美味しい鍋料理。スキーに興じるのもいいですね。レンタカーでもいいのですが、出来れば愛車で走りたいものです。しかし首都圏から青森までは700kmもあります。

そして函館から札幌までは300km。合計1000kmにもなりますが、関西圏の方は更に距離が伸びることに。どんなに運転好きな方でもこれはちょっと厳しいでしょう。なにかいい手立てはないものでしょうか。

それがあるんです。カーフェリーを利用すれば、愛車とともにあなたも北海道まで運んでくれます。しかも船旅も楽しめるわけですから一石二鳥ですね。

カーフェリーにはどこから乗る?

カーフェリーにはどこから乗ればいいのでしょう。また運行状況や運賃についても気になりますよね。まずは乗船場所の確認から始めましょう。その上で運行状況と大まかな運賃についてご紹介します。

関東圏なら大洗から!商船三井フェリー

関東圏の方がカーフェリーで北海道に行くなら、茨城県の大洗からということになります。商船三井フェリーが運行している「さんふらわあ」が大洗と苫小牧を結んでいます。「さんふらわあ」は船内設備がとても充実しています。大浴場やレストランを備えており、長旅も苦痛なく過ごすことが出来ます。

「さんふらわあ」は夕方便(19:45発)と深夜便(01:45発)があり、苫小牧到着時間は夕方便が翌日13:30着、深夜便が当日19:45着となっています。運賃は期間によって細かく分けられているので、詳細については商船三井フェリーのサイトで確認してください。

参考までに乗用車1台+運転者1名のツーリスト運賃は、車両が5m未満なら約3万円から4万円ほどで、車両が6m未満なら約3万5千円から5万円となっています。

商船三井フェリー公式サイト

関西圏なら名古屋から!太平洋フェリー

関西圏の方がカーフェリーで北海道に行くなら、名古屋港からということになります。太平洋フェリーが運行している「いしかり」「きそ」「きたかみ」が名古屋と苫小牧を結んでします。三隻とも船内設備は充実していますから、快適な船旅になるでしょう。

出港時間は19:00発で40時間2泊3日の長旅となります。じつは現在の国内最長航路なんです。こちらも運賃は期間によって細かく分けられています。参考までに乗用車1台+運転者1名のツーリスト運賃は、車両が5m未満なら3万7千円で1m増す毎に6千5百円加算されます。

太平洋フェリー公式サイト

冬の北海道は甘くない!車の準備も怠りなく

カーフェリーについては、おわかりいただけたことと思います。それでは車の準備に入りましょう。寒冷地仕様ではない車で、そのまま冬の北海道を走行するのは無謀です。まず間違いなく故障してしまうでしょう。

それではどうすればいいのでしょうか。いくつかポイントがあります。それをきちんと抑えてください。それから必需品とまではいいませんが、あると便利なグッズもあります。合わせてご紹介しましょう。

スタッドレスタイヤだけでは不十分!車を寒冷地仕様に

まずタイヤですが間違っても夏タイヤのままではいけません。必ずスタッドレスタイヤに履き替えてください。普通に国道を走るぶんにはチェーンまでは必要ないでしょう。しかし心配な方は用意されるといいかも知れません。

そして次にチェックするのはバッテリーです。もし弱っているようなら、その車に載せることが出来る最も容量の大きなバッテリーに交換しましょう。タイヤとバッテリーのチェックが終わったらエンジン冷却水(LLC)の交換です。

北海道では氷点下にまで気温が下がります。ですから関東圏や関西圏のLLCとは濃度が違います。これを寒冷地向けの濃度にしなければ冷却水が凍ってしまいます。

それから意外と見落としがちですが、ウインド・ウォッシャー液の交換も必要になります。気候が温暖なところで車を使っている人は、ウインド・ウォッシャー液ではなくそのまま水だけを使っているケースがあります。しかし北海道ではまず間違いなく凍ります。

零下20~30℃でも凍らないウインド・ウォッシャー液と交換してください。交換するものはまだあります。ワイパーブレードです。スノーブレードと交換しておいた方がいいでしょう。

あると便利なグッズを紹介

冬の北海道ではあると役立つ便利なグッズがあります。まずはウィンドウや屋根の雪を落とすスノーブラシ。車を駐車場に止めておくと一晩で雪だるまになります。雪を落とさなければ走ることは出来ません。

冬用フロアマットも用意しておいた方がいいでしょう。ゴム製のマットなら雪がついた靴で乗り込んでも足元が水浸しにならずに済みます。ゴムハンマーも用意しておきたいアイテムです。タイヤハウスに付着した氷をボディを傷めずに落とすことが出来ます。

CarZoot サイドミラー撥水

雨の日の運転は気を使うもの。水滴に邪魔されてよく見えないこともあります。特にサイドミラーは見にくく危険です。そんな時には「CarZoot サイドミラー撥水」がおすすめです。シュッと一吹きして後は乾いた布で吹き上げるだけ。

たったこれだけで効果が1ヶ月も持続するんです。しかも30回は使えますからお得ですよね。「CarZoot サイドミラー撥水」は、実際にプロがお店で使っている本物です。他社製品と比較をすると撥水力と耐久性がまるで違います。

「CarZoot サイドミラー撥水」なら雨の日も快適なドライブが約束されます。

まとめ

いかがでしょうか。冬の北海道のドライブならカーフェリーに限ります。それから雪道に慣れていない人は、くれぐれも「急」の付く運転をしないようにしてください。すなわち急発進、急ハンドル、急ブレーキは禁物です。

それから自宅に戻ったらなるべく早く洗車をするようにしてください。その際には特に下回りを念入りに。融雪剤が残っていると車にダメージを与えます。そしてLLCとウインド・ウォッシャー液を元に戻しましょう。ワイパーブレードの交換も忘れずに。

avatar
北海道に行くならタイヤをカスタマイズしておこう!

安全なドライブで楽しい観光にしよう!

埼玉県でおすすめの運転体験が出来る施設はこちら!子供と一緒に行こう!前のページ

トラックドライバーにおすすめの車輪止め!安く販売している場所を紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    【新潟県】車で絶景を楽しめる夜景スポットあり!きれいなライトアップスポットも!

    きれいな夜景を見たいという方は多いです。デートで夜景を見たり、インス…

  2. 記事

    日本と海外のAT車&MT車事情

    コロナ禍の影響で海外への往来が自由にできなくなった今、収束したらまた…

  3. 記事

    京都府の行くと呪われ率が高い最怖の心霊スポット!

    国宝や重要文化財などの歴史的な価値が高い神社仏閣、建物が多い京都府。…

  4. 記事

    富山県で運転免許更新したい人必見!免許センターの情報をご紹介!

    富山県で運転免許を更新したいけれど、あまり時間がないので、スムーズに…

  5. 記事

    SNSにナンバープレートの画像。これって違法じゃないの? 

    皆さまは普段SNSを利用しますか?SNSとはソーシャル・ネットワーク…

  6. 記事

    コミュニティバスの営業にかかる費用はどれくらい?

    地域の人口減少などでバス事業者が赤字路線から撤退する事例が増えていま…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車を使う人が増えている緊急事態宣言解除後の移動手段の変化
  2. 未分類

    カーメイト 車用 ヘッドライトクリーナー & コーティング プレミアムコ…
  3. 記事

    車のホイールの洗い方は?内側も洗うべき?やり方を解説!
  4. 未分類

    中古車買取専門店の査定士がみるポイントとは?(ヘッドライト編)
  5. 記事

    車のホイールのインチアップをすると乗り心地が変わる?燃費なども解説
PAGE TOP