兵庫県内で3か所目の水素ST!姫路にオープンしFCバスも運行開始!

   
 

神戸・姫路市に兵庫県内で3か所目となる水素ステーション(ST)がオープンしました。

これと同時に燃料電池(FC)バスの運行も4月1日からスタートしています。

そこで今回の記事は、このSTとFCの動きについて解説していくことにします。

水素STとFCバスの同時オープン

今回、神戸・姫路市にオープンした水素ステーション(ST)と燃料電池(FC)バスが同時にスタートすることは、西日本で初めてのこととなります。

姫路では水素ステーションが立ち上がったことに合わせて、4月27~28日に姫路エリアのトヨタ系ディーラー5社が燃料電池車(FCV)で知られる「ミライ」の新型車の試乗会を開いて、兵庫県や姫路市が推進している水素エネルギーの動きを後押しすることにしているです。

ゼロカーボンシティ宣言

現在、日本では2050年度までに二酸化炭素の排出量を実質的にゼロにしていく方向で、脱炭素社会の実現を目指しています。

この国の動きに即した形で、兵庫県姫路市が「ゼロカーボンシティ」に名乗りを上げて今回の水素ステーション開設が実を結んだのです。

兵庫県内では、すでに尼崎市と神戸市がステーションを開業しており、今回で3か所目となります。4月2日からの運用開始となったわけです。

水素ステーション兵庫姫路

姫路市で開業となった水素ステーションは、姫路バイパス姫路の南ランプを起点に南に500m先にあるガソリンスタンド跡地に設置されました。

普通自動車で換算すると、300台程度の液化水素を貯蔵できるタンクを始め、水素充填機1基が設置されています。

設置と設備の運営はエネルギー関連事業を手掛ける岩谷産業です。

水素ステーション建設費用

今、温暖化問題を始め、地球環境を危惧する声が日に日に高まっています。

その中で地球で無尽蔵とも言える水素は、使用しても二酸化炭素を排出しない点が特徴です。

このことから、従来のエネルギーで大きな問題と環境問題をセットでクリアできる「究極のエネルギー」と呼ばれています。

日本でも世界各国の動きと呼応して、グリーン成長として最重要として戦略を掲げています。

水素を脱炭素社会を実現させるための中核的なキーテクノロジーとして、位置付けて前述の通り、2050年までに年間消費量を現在の消費量から2千万tまで引き上げるように目標を設定しています。

しかし、これは現状の1千倍以上ものレベルとなっており、かなりハードルの高い目標値なのです。

そのために水素をエネルギーとした燃料電池車(FCV)の取り組みは必須。

ただ、FCVの登録は、まだ全国でも3,000台を超えたばかり。

兵庫県内でも僅か60台程のみしかなく、水素ステーションが事業として運営できるためには1か所当たり約900台程度の利用が必要と見積られています。

今の時点で姫路では採算ラインに遠く及びませんが、トヨタがFCVの量産体制を整えたことも背景にあって、ステーション開業とFCV普及は密接な関係にあり、先行投資を決めたわけです。

ステーション建設には5億円程度かかるのですが、国から3分の2、県・市から5千万円ずつの補助金を受けての建設となったのです。

神姫バスの燃料電池バス運行

その一方で、本社を姫路市に置く神姫バスが4月1日から、水素で走る燃料電池バスを姫路市内で運行開始しました。

これも西日本では初めての取り組みとなり、姫路駅を発着する複数路線で走らせていきます。

3月3日に姫路城周辺の駐車場で、車体が報道陣に公開されましたが、ベースとなる車両はトヨタ自動車の「SORA」。

水素を空気中の酸素と反応させて発電することで、電動モーターを動かす仕組みで、1回当たりの補給(600L)で200Km走行することができます。

車両価格1億円で従来のディーゼルエンジンバスの4~5倍、走行距離1km当たりのコストも現状では3倍以上までになるのですが、姫路初の水素ステーション開業もあり、国から5,000万円、県と市から各々1,000万円の補助を受けて導入したのです。

車体は現行路線バスと同じく部分的にオレンジ色を残しつつ、大半は黒塗装でシャープな印象に車体に仕上げられています。

従来バスよりも走行音が静かで、発電の電気を使う充電用コンセントを備えた座席もあり、姫路駅と書写山方面、市役所方面などを結ぶ路線で運行していきます。

CarZoot ホイールコーティング

CarZoot ホイールコーティングは、アルミホイールを保護するために開発された専用コーティング剤です。

看護なホイールの汚れを寄せ付けず、強固なガラス被膜でホイールを美しく輝かせることができるだけでなく、その効果は3年以上の耐久性を誇ります。

【2021】NEXCO中日本×HONDA、道路修繕で実証実験へ前のページ

大阪整商とロシェルが、府内事業者向けスキャンツール販売で連携しOBD車検にむけた対応を目指す次のページ

関連記事

  1. 記事

    トヨタ・イスト(ist)はヴィッツの体育会系!中古車価格の相場は?

    トヨタ・イスト(ist)はトヨタ自動車が製造・販売していたコンパクト…

  2. 記事

    世界のトヨタが出がけた最高傑作!セリカXXのスペックについて解説!

    現在第7シリーズまであるセリカですが、やはり車好きなら初代と…

  3. 記事

    洗車とクリーニングのプロ‼︎島根県で車の除菌・クリーニングのおすすめサービスとは?

    車を綺麗にするのってとても労力が入りませんか?洗車から車内の…

  4. 記事

    ハンドルの皮が破けた?破けそう?修繕方法を知りたいあなたに

    車好きならこだわる人も多い、車のハンドル(ステアリング)。長年使って…

  5. 記事

    2009年に公開されたアメリカナンバーワンになったSFミステリー『ウィッチマウンテン』とはどんな映画…

    コロナウイルスの影響で外出自粛の中、車好きな人は物足りない日々を感じ…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    車の窓専用クリーナーのおすすめは?掃除方法のポイントなども解説!
  2. 記事

    高級車の内装事情が変わってきてる?各社がプラゴミや漁網を内装材に使用!
  3. 記事

    【京成バス】3代目となる連節バスを導入し、3月末から運行を開始。特徴は?
  4. 記事

    島根県ドライブするならグルメ!景色!
  5. 記事

    京都府で電気自動車の充電スタンドはこんなところにもある!
PAGE TOP