公道を走行する際の重量制限は36t?徹底解説します!

   
 

あなたが普段使っている道路。自動車を運転する際には、必ず使わなければいけないものです。でも、その道路に重量制限がある事をご存じだったでしょうか?今回は、日常生活で使う道路には、どれくらいの重量制限があるのか?を簡単にまとめたのでご紹介していきます。

重量の重い車程重量税を多く徴収されている

まず、自動車には「重量税」というものがあります。2年に1度の車検の際に125ccを超える車両であれば、徴収されています。この重量税が何に使われるのか?というと、道路の舗装整備に使われているのです。道路は、「重い車」が沢山走れば走った分だけ早く傷んでいきます。

設置面積が同じであれば、重量が重い車体が通った方が、道路自体にかかる負担は大きいのです。ということから、車体の積載総重量が大きい車体の方が、多く重量税を課せられているのです。もちろん、125cc以下の二輪自動車は、重量も無いため、重量税は加算されないようになっています。

日本の道路は36tまでの総重量の車両しか通行できないように決まっている

さらに、日本の道路法では総重量が36t未満の車両しか通行してはいけないと定められています。一般道路では27tまで、高速道路では36tまでがルールになっています。さらに、車両のサイズですが、単独車両で全幅2.5m、車高3.8m、全長12mです。トレーラーの場合は、セミトレーラーは、全長16.5m、フルトレーラーは18m、が通行可能車両のサイズになります。

もちろん、道路の設備である、信号機、交差点、高速道路のIC、などはこのサイズ以内の規格でしか設計されていない為、事実上、これ以上のサイズの車が公道を走る事は不可能だと言えるでしょう。

36tを超える車両が通行するには事前に許可が必要

ただし、例外もあります。例えば「新幹線の輸送」などです。出来上がった新幹線は、大きな輸送車に乗せられ陸上輸送されて、車庫までたどり着きます。この場合の車両のサイズは全長約27mm、全幅3.4m、全高3.6m、重さは約44tこのくらいのサイズになってしまうのです。(東海道新幹線N700系の場合)

大きく規格を上回るサイズなので、この場合は事前に国土交通省に許可を取らなければいけません。もちろん、どの経路でどのくらいの時間で輸送するのか?まで事細かくシミュレーションされ、認可を受けます。通常の車両で、ここまで大きな事は無いですが、車体の総重量に、制限がある事は知っておいた方が良いでしょう。

CarZoot社のインテリアクリーナーを使って、トラックの車内もきれいに保とう

というわけで、今回は道路法で決められた、道路を通行する際の総重量について詳しくご紹介してきました。とにかく36tを超えるような大きな車体は公道を通行するには許可がいる事を覚えておきましょう。もしあなたが、トラックを運転していて、長時間トラックの車内にいるのであれば、当然車内は汚れていきます。そういった時におすすめなのが、CarZoot社のインテリアクリーナーです。簡単に商品の特徴をまとめてみました。

・プロが実際に工場で使っているクリーナーと同じ成分なので、プロ並みのクリーニング効果を得ることが出来る

・プラスチック製品はもちろん、レザー製品から、布製品まで、車内の物であれば、殆どの素材に使うことが出来るので便利

・専用のマイクロファイバータオルが付属しているので、商品が届いたその日から、すぐにクリーニングを行うことが出来る

・こんなに高品質なクリーナーがたったの2,480円で手に入ってしまう

このように、素晴らしい内容の商品になります。私も愛車でこの商品を愛用していますが、色々な素材に使えるので大変気に入っています。あなたが仕事で使われているトラックも、是非このクリーナーで掃除してみられてはいかがでしょうか?

avatar
タバコの黄色い野に汚れなかなか落としずらいですよね!

こちらの商品を使えばきれいにすることができます!

クルーズコントロールを知っていますか?徹底解説いたします!前のページ

路面電車が走っている街の道路はどうやって走行するのが正しいのか?徹底解説いたします!次のページ

関連記事

  1. 記事

    石川県のサービスエリアで海の幸を満喫!ドライブ中の休憩にもぴったり!

    安全にドライブするためには、適度な休憩が必要です。サービスエリアに立…

  2. 記事

    香川県でオススメの運転代行サービス3選!

    「車を運転しないといけないのに、つい飲み会の雰囲気に流されてお酒を飲…

  3. 記事

    車のヘッドライトの汚れだけじゃない!コーティングもしてくれるクリーナーとは? 

    仕事などで日々忙しく、車のケアをおろそかにしていると車がひどく汚れて…

  4. 記事

    【左利きはマジックハンドが必須】駐車場で使うべきマストアイテムをご紹介!

    日本の車は通常左ハンドルですので、左ハンドルを使っている人は、日本で…

  5. 記事

    車のコーティングの耐久年数は種類によって違う?効果など比較

    車のコーティングはどのくらいで剥がれてしまうのだろう?と施工したこと…

  6. 記事

    物流界の救世主!ダブル連結トラックの走行区間と駐車場事情を調査 

    私達の生活の中で日常的に利用されているネットショッピング。パソコンや…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    岡山県でお遍路巡りが出来る?車で行けるおすすめのお寺を大公開!
  2. 記事

    ガソリンカーってどんな車?ガソリンを輸送する車のスペックや注意点について徹底解説…
  3. 記事

    兵庫で車に乗りたい人におすすめ!自動車学校を紹介!
  4. 記事

    冬場のフロントガラス凍結対策の方法と、おすすめアイテムを徹底紹介!
  5. 記事

    東京都を車で回ろう!おすすめのロケ地をご紹介!
PAGE TOP