信号を待っている間のドライバー交代は合法?違法?知っておいて損はない交通ルールを解説

   
 

信号を待っている間に、運転手が車を降りて交代している光景を見た事もしくは、した事がある人もいるかもしれません。果たしてその行為は合法なのか違法なのか!!今回、詳しく解説いたします。

信号待ちで車を降りても良いのか

道交法的に見てみると

運転手を交代するためには、一度外に出て交代する必要があります。それを赤信号などで止まっているときに行う場合、車は法律的にどのような状態といえるのでしょうか。答えは、「停車」です。では停車はどのようにすべきであるか、道交法に照らし合わせてみましょう。道交法では停車する時には、路肩などに車を寄せ安全を確保してから行うものとされております。

信号待ちで乗り降りが発生する運転手の交代は「停車」でありながら、安全が確保されているとはいえません。信号が青に変わる可能性もあります。何より運転席が空席になってしまう事も大きな問題です。トラブルが発生しても対応が難しくなります。

駐停車違反の場所って?

道交法での駐停車違反の場所は、1.駐停車禁止標識や標示のある場所、2.トンネル、3.交差点とその側端から5メートル以内の部分、4.道路のまがり角から5メートル以内の部分、5.横断歩道、自転車横断帯とその側端から前後に5メートル以内の部分、6.安全地帯の左側とその前後10メートル以内の部分、7.軌道敷内、8.坂の頂上付近や勾配の急な坂道 と定められています。信号待ちでの乗り降りに当てはまりそうな場所も含まれていますよね。

危険性について

そもそも信号待ちでドアを開けて乗り降りする行為には非常に危険が伴います。まずドアを開ける行為は、後ろからすり抜けしてきたバイクや自転車などが追突する可能性がありますし、焦って急いでいる中ハンドブレーキなどが十分でなく車体自体が動き出してしまう可能性もあります。皆さんが思っているより危険な行為である事を認識しましょう。

安全確保は誰の義務?

安全確保は「運転者」の義務である事は間違いありません。しかしながら睡魔に襲われたり色々な事情で運転する事自体が難しいと思われる時には、事前に安全な位置に停車し交代する必要があります。運転手が急激な体調の変化などにより交代せざるを得ないような状態の時には、信号待ちの時の交代がやむを得ない特別な状況として情状酌量が認められるかもしれませんが、そうなる前に運転を交代する事を視野に入れた行動が取れるようにしなければならないでしょう。

これ1本だけで【CarZoot】車内丸ごと徹底クリーニング車

プロが実店舗で使用している車内インテリアクリーナーです。内窓・シート・マット・ダッシュボード・ドア内など車内丸ごと対応しており、コーヒー、ジュースのねちゃねちゃ汚れや、タバコによるヤニ汚れ、手あかなど全て美しく除去します。市販製品との決定的な違いは、 汚れを落とす力はもちろんですが、プラスチックや布など車内のパーツを傷めずレザー部分にも安心して使えるように開発されているところです。

今までになかった静電気を抑える効果があり、ホコリの付着も防げるところも選ばれる理由です。布シート(モケット地)や天井などに使用してもゴワつきを起こさず汚れをサッと取り除くことが可能です。この製品はスプレーを付属のタオルに吹き付け拭くだけ。初めての方でも簡単に使用する事ができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。何も考えずに信号待ちで運転者の交代をしていた方は、今後しっかりと気をつけなければなりませんね。乗り降りした時のリスクや、交代しなければならなくなった時に、取るべき行動も確認できましたでしょうか。ちなみに駐停車違反は、反則点数2点、反則金12,000円です。結構大きいですよね。無駄な出費にならないようしっかりと自身の行動を考えていきましょう。

avatar
駐停車するときの注意事項は大丈夫ですか!

止まっているときもなるべく周りには注意しましょう!

車道に駐車中の自転車や原付が衝突事故の原因になった場合!過失割合など詳しく解説前のページ

カーナビがない時代は、どうやって道を検索していたの?当時を振り返ってみよう次のページ

関連記事

  1. 記事

    栃木県でご利益ある交通安全お守りと神社!

    交通安全を祈願したいという方は多いです。車は生活の必需品となっていま…

  2. 記事

    【高知県でトレッキングやハイキング】車で行ける山や湿原や高原を紹介 

    リフレッシュしたいとき、新鮮な空気を吸いたいと自然の中へ出かけたくな…

  3. 記事

    トヨタがある愛知県でおすすめ!交通安全お守りと神社を厳選して3つ紹介!

    愛知県で交通安全の祈願をしたいのだが、どこの神社がいいのか分からない…

  4. 記事

    知っていましたか?車と燃料の関係

    今は人の生活になくてはならなくなった車。例えば日常的に乗らなくても、…

  5. デザイナーA

    車のバッテリーを処分する方法は?無料で処分も可能?

    車のバッテリー交換をした場合、交換後のバッテリーはどう処分したらよい…

  6. 記事

    長野県でおすすめの安い代行運転業者をまとめてみた!

    車で会場まで、送迎してくれる人がいない為仕方なく自家用車でのみの席に…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 未分類

    どのヘッドライトクリーナーが使いやすいの?
  2. 記事

    【車お持ちの方!】石川県のおすすめカーポート業者3店と素材のポイント
  3. 未分類

    おすすめのアルミモールコーティングはこちら!
  4. 記事

    危険!エアバッグの回りにものを置かないで!
  5. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナーは?
PAGE TOP