今流行りのソロキャン!ルーフトップテントのオススメを紹介

   
 

日本のキャンプ場などで見かけるようになったルーフトップテント、世界中で注目されている商品です。

ルーフトップテントに注目されている理由は何なのでしょう。ルーフトップテントのおすすめ商品も含めて紹介します。

ルーフトップテントとは?注目されている理由も紹介

ルーフトップテントとは何なのでしょう。注目されている理由も含めて紹介します。

ルーフトップテントとは?

ルーフトップテントは、ルーフテントの種類の中で最も快適に過ごせると言われているテントです。テントをそのまま載せるだけなので設置も簡単で、アイテムを組み合わせれば自宅のように広い空間として使用することも可能です。

ルーフトップテントが注目されている理由

ルーフトップテントは以下のようなさまざまな理由で注目されています。

人との接触をさけて旅行をしたい

ルーフトップテントの1番の魅力は人との接触をさけられることです。コロナウイルスの影響で、旅館やホテルは人との接触が多く、旅行を自粛する人が少なくありません。

また、自宅時間が長くストレスを感じている人も増えています。人との接触を避け気分転換に外に泊まれるのがルーフトップテントです。近場でも違った空間で宿泊することで気分転換にもなることから2020年頃から注目されています。

キャンピングカーより安く取り外しができる

ルーフトップテントの2番目の魅力が、キャンピングカーより費用が安く取り外しができることです。

キャンピングカーは安い物でも100万円以上、高いものになると1,000万円以上する車です。ルーフトップテントは普段使っているさまざまな車に使用できますし、価格も12万円からとキャンピングカーに比べたら安い価格になっています。

また、取り外しができ、車も普段使いにできることから、多くの人に利用されています。

ルーフトップテントのおすすめ商品

ルーフトップテントは数多く種類があります。用途別のおすすめ商品を紹介します。

寝心地も自宅のように快適!ARBシンプソン3 ルーフトップテント

収納が簡単で快適な寝心地を求める人におすすめのアイテムがARBのシンプソン3ルーフトップテントです。

・名称:ARB SIMPSON III ROOFTOP TENT
・大きさ:W1400㎜×L2400㎜×H1300㎜(展開時内寸)、W1450㎜×L1250㎜×H400㎜
・総重量:81㎏(はしごを含む)

ARBのシンプソン3ルーフトップテントのマットレスは6.5㎝の高密度フォームマットレスとなっており、寝心地の良さが抜群です。

また、高密度フォームマットレスやバンジーコードシステムによりスピーディに収納し、テントを素早く収納することができます。冬でも底冷えしないような設計になっているなど地形に合わせたものになっています。

広々と使えるループトップテントがTHULE Tepui Explorer Autana 4

・名称:THULE Tepui Explorer Autana 4
・大きさ:310×183×132㎝
・総重量:86kg
・室内の高さ:142㎝
・ベース素材:断熱材とアルミニウムキャップシート付きの溶接アルミニウムチューブ

室内の244×183㎝と一人でも家族でも使えるルーフトップテントが阿部商会のTHULE Tepui Explorer Autana 4です。

幅広いスペースで過ごすことができ、通気性や断熱性などどの季節でも使える素材で快適に過ごせるほか、収納に便利な防カビ性を兼ね備えていますので長い期間きれいなままで使えます。

愛車のタイヤに新車のような輝きを取り戻すおすすめのアイテムがCarZoot社のタイヤワックス!

車を走らせると徐々にタイヤの色が汚れや砂で白くなってしまいます。そんなタイヤを新車の黒に復活させるおすすめのアイテムがCarZoot社のタイヤワックスコーティングです。

CarZoot社のタイヤワックスは、車を洗い、付属のスポンジにコーティングをつけてをつけるだけで簡単に新車同様の輝きのあるタイヤに復活します。また、塗りムラも少なく、初心者も簡単に施工できます。

気になる施工によるタイヤの傷ですが、安心の日本製でタイヤを傷めることなくコーティングできますので安心して使えます

ルーフトップテントは、さまざまな種類がありますが、すべての車にすべて取り付けられる訳ではありません。車の最大積載量を超すと走行に影響を及ぼす可能性があります。車にあったルーフトップテントを選ぶようにしましょう。

ヒット商品を数多く世に送り出したコジット!コジットとはどのような会社か?車脱出緊急コンパクトツールについても紹介前のページ

新しいタイプのスクリーンタープ!ワンボックスカーも収容できるスクリーンタープってなに?魅力も含めて紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021年度版】ケイシイズの 春夏モデルドライブに連れていきたい小物3選

    春や夏のドライブは、出かけるだけで気分が晴れやかになる人も多いでしょ…

  2. 記事

    日本のナンバープレートはなぜ横長ではないの?その理由とは?

    日本のナンバープレートの形は縦幅が広い長方形をしています。なぜ海外の…

  3. 記事

    1代限りで消滅した迷車(?)カローラセレスとは ~その詳細を解説します!~

    トヨタ自動車の主力車種であるカローラ。基本はは4ドアセダンですが、2…

  4. 記事

    雲取山は抑えたい!山梨にある鬼滅のおすすめスポットをご紹介!

    山梨にある鬼滅の刃関連おおすすめスポットをご紹介します。実は…

  5. 記事

    ルノー・カングー、フランス郵便車をモチーフにした限定車「ラ・ポスト」を発売

    ルノー・ジャポン株式会社は、2015年に限定車として発売して好評だっ…

  6. 記事

    奈良県でお寺に行くならこちらがおすすめ!まるでお遍路さんを体験できる場所!

    仏教と言えば奈良を思いくべられる方も多いのではないでしょうか?奈良の…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    ホンダアキュラが米国で好調!SUVが42%増を達成!
  2. 記事

    自動車事故!?ペーパードライバーにおける運転時の注意点まとめ
  3. 記事

    静岡県のブリーダー必見!ドライブついでに楽しめるおすすめドッグラン4選
  4. 未分類

    これはおすすめ!ヘッドライトコーティング剤
  5. 記事

    東京都にはいちごをじっくり味わえるいちご狩りスポットあり!車でアクセス!
PAGE TOP