予約殺到!次回の納車は2023年春!6月24日に発売する光岡自動車初のSUV車バディとは? 

   
 

「ロックスター」や「オロチ」など一度目にすると忘れられない車で知られている「光岡自動車」が、初の試みとなるSUVカテゴリーの「新型バディ」を6月24日に発売すと発表しました。そしてすでにラインオフへ向けて生産を開始しているとのことです。

すでに話題となっていたのですが、発表してからの問い合わせが凄まじく最初に予定していた年間150台の生産台数を300台に拡大しました。しかし生産ラインを拡大したとしても、現在予約受注したとしても納車は2023年春頃とのことです。

かなり人気のバディですが、今回の記事では改めてその魅力に迫ってみたいと思います。予約が完了している人は納車までの楽しみに、残念ながら先の納車になった方は気持ちを高めるために是非最後までご覧いただければと思います。

アメリカンSUVを彷彿とさせるデザイン

新型バディは、トヨタ「RAV4」をベースにした、まるで1980年代ごろのアメリカンSUVをイメージさせるデザインが採用されています。そして先ほども説明したように、このデザインも話題を呼び先行予約をした際には問い合わせが殺到する結果となりました。

ブランド史上初のSUVモデル

SUVモデルは光岡自動車では初の試みとなります。近年ではかなり珍しい角ばったデザインが特徴的で、角目ヘッドライトにテールゲートのエンブレムなどが70~80年代を感じることが出来るデザインとなっています。

3サイズは全長4730㎜で全幅1865㎜、全高1685㎜とベースのトヨタRAV4よりも全長が120㎜程大きくなっています。バディはガソリン車とハイブリット車の2タイプから選択が可能となっています。

さらにボディカラーと内装のカラーの選択数がかなり豊富で、それぞれ18種類も用意されておりなかなか選べないと嬉しい悲鳴も聞こえています。

先進安全装備を備えたアメリカンビンテージ

さてバディのデザインは確かに年代を感じるアメリカンビンテージですが、その装備は2020年以降の最新のものとなっており、先進安全装備もしっかりと完備されています。

アクセサリーコンセントやムーンルーフといったベース車のオプションも選択可能で、さらにはバディの特徴でもあるデザインに合わせたタイヤやホイールもオプションとして用意されています。

外見を見てみるとフロント縦に2灯を並べている4灯ヘッドライトを採用、リアも横長のステンレス鋼のバックパネルと縦長のテールランプで、ベースとなったトヨタRAV4はかなり異なったデザインとなっています。さらにボンネットやフロントフェンダーも独自の形となっており、これまでの光岡自動車と違い生産性を高め部品制度を上げるため、金型を使った成形方法を中心に作られています。

タイプと価格

今回のバディにはガソリン車とハイブリット車が用意されており、それぞれにグレードが用意されています。

【2リッターガソリンエンジン車】

20ST(FF ※X)469万7000円
20ST(4WD ※X)489万2800円
20DX(4WD ※G)531万3000円
20LX(4WD ※G“Zパッケージ”)549万4500円

【2.5リッターハイブリッド車】

ハイブリッドST(FF ※ハイブリッドX)525万0300円
ハイブリッドST(4WD ※ハイブリッドX)547万1400円
ハイブリッドDT(4WD ※ハイブリッドG)589万9300円

まとめ

現在光岡自動車では、4月28日からバディのWeb限定動画第一弾を生産開始イメージ動画として公開しています。またこの動画は発売日まで全部で3回配信する予定となっており、次回では走行シーンなどを中心とした動画を5月末に、そして第三弾は初号車のラインオフの様子などをまとめた動画を、6月中頃に公開予定なので気になる方は是非ご覧になってください。

TVアニメでハマる人続出⁉ウマ娘と痛車前のページ

ボルボカーが全車種で最高の安全性評価TSP+を獲得! 自動車メーカーで唯一の業績次のページ

関連記事

  1. 記事

    名古屋市で洗車ができるポイントはここ!中区ではどこがおすすめなのか?

    私たちが生きるこの地球の大気中には多くの不純物が混ざっています。その…

  2. 記事

    新型エクストレイルの最新情報!絶対に買うべき1台!

    日産の人気SUV、「エクストレイル」。2021年にも4代目が発表され…

  3. 記事

    電波遮断シートでリレーアタックシート対策!大切な自動車を守ろう!

    あまり考えたくないことではありますが、武漢肺炎による不況によって盗難…

  4. 記事

    【新製品】プジョー製電動アシスト自転車「eC01クロスオーバー」とは?

    プジョーが1月21日に新型電動自転車の「eC01クロスオーバー」(P…

  5. 記事

    【2021年のトレンド候補】富山県の道の駅を紹介!

    皆さんは自動車でどこにでかけますか?最近は寒くなってきたので、温泉目…

  6. 記事

    【2021年】神奈川県でオススメのカーコーティングのお店を厳選して紹介【3選】

    あなたの愛車を美しく保つことができるカーコーティング。実は、見た目を…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【これで渋滞も緩和される?】ネクスコ東日本がいわき中央ICから広野ICの4車線化…
  2. 記事

    マツダの人気シリーズ「スクラムワゴン1990年モデルとは
  3. 記事

    MB QUARTの評判は良いの!?おススメのカーオーディオも紹介!!
  4. 記事

    軽トラにピッタリのシートバックポケットって!?どんなメリットがあるのか解説!
  5. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナー!劣化を防止!
PAGE TOP