九州最下位の交通マナー!大分県の1月に起こった重大事故について紹介!

   
 

大分県は九州全県の中でも交通マナーが悪いと言われている場所です。

そこで今年1月の重大事故とこれまでのデータを含めた交通マナーについて解説していきます。

1、大分県で起こった今年1月の重大事故について

女性教諭が携帯電話を運転中に使って高齢者を跳ね飛ばす

大分県で市立幼稚園に勤める女性教諭が運転中に携帯電話を使用したことで、前方不注意となり横断歩道内で人身事故を起こしました。教育委員会の処分としては減給10分の1を与えました。そしてなんとこの女性教諭は昨年の9月にも運転中に携帯電話を使用し、高齢者を横断歩道で轢いて重傷を負わせていました。その際裁判所から過失運転致傷の罰で90万円の罰金命令を受けてしました。

2、大分県の車両事故・交通マナーについて

大分県の車事故に傾向について

2020年度の刑法犯の認知件数は3088件(前年よりも70件も多い)、その一方で人身事故件数は2387件(前年よりも650件少ない)結果となりました。

2019年まで毎年減少傾向だった刑法犯の増えた内容としては、車上荒らしです。この車上荒らしは前年より100件以上増えており、被害総額としても8000万円近く増えています。車上荒らしが増えた理由としては、コロナによる生活難とストレスの蓄積です。そしてその一方で、人身事故は減っている状況になっています。人身事故の減少もコロナウイルスによる外出自粛の効果が大きく影響しており、外出頻度が減ったことでプラスの効果が出ています。

他にも、人身事故の件数が増えているのに実は死亡者の数は前年度より増えているというデータもあります。これは運転マナーと車対人の事故が増えた事が大きな理由となっています。

大分県の交通マナーについて

大分県の交通マナーは九州全県で最下位かつ全国の下から4番目になります。特に運転マナーが悪いと言われているのが、運転中の後部座席シートベルト着用率の低さ横断歩道での一時停止率の低さです。

そこに対して、大分県の警察も注意喚起のために交通安全教室やポスター提示、さらにはその他の啓発活動にも積極的に取り組んではいるものの目に見える効果は今の所発揮されていないのが現状です。

大分県の後部座席シートベルト着用率はどれくらいなのか?

警察とJAFが調べたデータによると高速道路での着用率は全国で75.8%ある中、大分県は74%となっています。また一般道は全国平均が40.3%ある中、大分県は24.8%となっています。これはかなり低い数値であり、後部座席のシートベルトは2008年の道路交通法で義務化されたものにも関わらずこの結果です。シートベルトは、安全を守るために必須のマナーにも関わらずこの結果になったのは「義務化を知らなかった」「めんどくさい」という一般市民の意見が全てを物語っています。

横断歩道での一時停止について

信号機のない横断歩道で歩行者がいて一時停止を行う人の割合を全国平均で見ると21.3%です。一方大分県では、15.7%と全国平均で見てもかなり低い数値が出ています。県警としてはこのデータについて理由の詳細不明ではあるが恥ずかしい限りだとコメントしています。

安全運転を心掛けたい人にオススメのアイテム【CarZootプロ仕様】サイドミラー ドアミラー コーティング

運転中の視界をクリアにしてくれるのが、【CarZootプロ仕様】サイドミラー ドアミラー コーティングです。Amazonで購入することが出来るのですぐ手に入れることが出来ます。

特徴としては↓

・水に対する撥水力が他製品の比にならないくらい優秀

・コーティング方法はスプレーを吹き付けるだけでお手軽

・持続効果が高いことも特徴で、なんと2年以上も効果が続く

そしてお値段は1,860円となっています。

悪天候の中運転するときに視界が不良になることは車両事故の原因で多い理由です。そこでこちらのアイテムを使い運転中に視界がクリアになるようにしておきましょう。

プロ野球日本一!ソフトバンクの選手が乗っている高級車3選!2021前のページ

宮崎県初!煽り運転を摘発!その詳細について解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    運転免許取得の昔と今の違い

    運転免許を持っていますか?近年では、若者が車離れしていると言…

  2. 記事

    【子育て主婦の味方】スズキのソリオバンディエットを徹底解説して紹介  

    子育て世代には車が必需品です。幼稚園まで送り迎えをしたり、スーパーで…

  3. 記事

    冬におすすめの、凍結防止カバー!相場やおすすめの商品を紹介!

    車は冬になると、いざ車に乗ろうとしてもフロントガラスが凍ってしまって…

  4. 記事

    【知らなきゃやばい!】韓国の自動車メーカー起亜の快進撃を徹底解説

    「韓国の自動車メーカー起亜について詳しく知りたい。」「韓国の…

  5. 記事

    鳥取県で良い輸入車を安く買うことができるお店!

    輸入車の購入を検討している人も多いのではないでしょうか。購入…

  6. 記事

    【独立系自動車部品メーカー】盟和産業の2020年の売り上げと自動車部品

    2020年は新型コロナウイルスによる影響で、私たちの生活や経…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】非常時のために常備したい寝袋のおすすめランキ…
  2. 【豊田合成】 宮城県に内装部品の生産工場を新設 2022年夏…
  3. HONDAシビック 次期型「ハッチバック」の気になる展望
  4. 【知っておこう】フランスでの自動車保険について日本のそれとは…
  5. ロシア版:モスクワで駐車場をレンタルするには、いくらかかるの…
  1. 記事

    高級スポーツカーの決定版!アウディのおすすめな車種を徹底解説!
  2. 記事

    レッツゴー大阪!おすすめパワースポット5選を紹介!
  3. デザイナーB

    踏切で一時停止するのは日本ぐらい?海外は停止しない国の方が多い?  
  4. 記事

    岡山県は歴史の大事件の舞台だった!その場所とはどこか・・・?
  5. 記事

    アミ・アレクサンドル・マテュッシのアイテムを身に着けてドライブに行くと一気に品格…
PAGE TOP