中国のスマホメーカーシャミオが自動業界への参入を発表

   
 

中国のスマホメーカーシャミオが自動業界への参入を発表し、話題になっています。ただし、シャミオはスマホメーカーなので、独自で自動車開発を行うには、ハードルが高い面もあります。他の自動車メーカーとの共同で、自動車の開発に携わるという情報もあります

。大手メーカーであるシャミオが自動車業界に参入するというのは、大きなイベントとなるでしょう。シャミオの自動車業界への参入についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

中国のスマホメーカーシャミオが自動業界へ参入

中国のスマホメーカーシャミオが自動業界へ参入することを決定したと、複数の関係者が伝えています。シャミオが自動車製造に関与することになったことを受け、シャミオの株価は上昇しています。

シャミオが本当に自動車業界に関与するのか

2020年12月末、シャミオが自動車開発をBYDと共同で行うとの噂が流れました。BYDはEV大手です。ただし、両者とも否定しています。

否定はしているものの、シャミオはEVメーカーへ複数出資しており、自動車業界との関わりを持っています。

シャミオは2000以上の特許を取得

シャミオは2000以上の特許を取得しています。その特許の中で、自動車関連の項目は10項目となっています。

以下は、シャミオが取得している自動車関連項目です。

  • クルーズ
  • コントロール
  • ナビゲーション
  • 遠隔操作
  • 運転支援
  • 自動駐車など

シャミオのEV開発を市場環境も後押し

シャミオのEV開発を市場環境も後押ししています。

というのも、中国では、自動車販売台数の2割を2025年までに達成するという目標にしています。目標の背景には、カーボン・ニュートラルを2060年までに達成するという戦略があります。

国家戦略により、シャミオのEV開発も後押しされています。新エネルギー車は今後、国家戦略により生産が進むと考えられます。

シャミオは車づくりの難しさあり

シャミオは車づくりの難しさも感じています。シャミオは、スマホ市場においては、中国を代表するブランドとなっています。

ただし、スマホ市場と自動車業界では大きく異なります。

自動車開発においては、資金も必要ですし、スマホ市場とは大きく異なります。

また、自動車業界に関与しつつも、スマホ市場での活躍も求められています。既存の自動車メーカーと共同開発することで、ハードルを下げることができるという見方もあります。

【CarZootプロ仕様 インテリアクリーナー】 ダッシュボード 内装内窓シート 掃除ヤニ汚れ手垢除去

中国のスマホメーカーシャミオが自動業界への参入を発表していますが、課題もあります。興味のある方は、チェックしてみると良いでしょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか。

車内を徹底的にクリーニングしたい場合におすすめなのが、「【CarZootプロ仕様 インテリアクリーナー】 ダッシュボード 内装内窓シート 掃除ヤニ汚れ手垢除去」です。

この商品の魅力は以下の通りです。

・女性や初心者でも簡単に使える

・落ちにくい食べこぼし、頑固なタバコ汚れを徹底除去

・車内パーツを傷めにくいため、プラスチック、布、レーザーの清掃が可能

・速乾性なので、べたつきが気にならない

・使用後に独特の臭いが残らない

・素材を気にする必要なく、どこでも使用可能

通常価格2,480円となっています。

車のクリーニングをせずに使用し続けると、車酔いや体調不良の原因になるため注意が必要です。

また、感染症が気になる時期は、こまめにきれいにしておくことで、感染症のリスクを減らすことができます。

クリーニングをしたいという気持ちはあるけれど時間がないという方におすすめなのがこのメンテナンス用品です。ぜひ参考にしてみてください。

フランスで事件発生!日本のパトカーを再現して公道を走らせ逮捕前のページ

三菱アウトランダー新型一部先行公開! 正式発表は2021年2月17日次のページ

関連記事

  1. 記事

    トヨタ ヴォクシーの新型情報があるって、本当?フルモデルチェンジていつか教えて!

    ヴォクシーが2014年1月にデビューして早や7年。「そろそろ…

  2. 記事

    ゴルフへ行くならここ!クルマでお出かけ!熊本県のおすすめゴルフコース

    世界有数の大型カルデラ「阿蘇山」がある火の国熊本県。温泉や大自然の絶…

  3. 記事

    滋賀県大津、敦賀周辺の旅行には貸切バスがおすすめ!

    大人数での旅行やイベントなどの移動時に役に立つ「貸切りバス」ですが、…

  4. 記事

    【知っておこう】BMWがドイツ本社でEV組み立てを開始について

    「BMWがドイツ本社でEV組み立てを開始について詳しく知りたい。」…

  5. 記事

    ホンダのCR-Xデルソルってどんな車?中古車もあるの?

    「CR-Xデルソル」という車をご存知でしょうか?この車につい…

  6. 記事

    シボレーアストロ1993年モデルに乗ると一気に男前になれる!最高級のアメ車!

    あなたは「シボレー」という自動車ブランドにどんなイメージをお持ちでし…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    【2020年】満足度の高い自動車保険を3社ご紹介
  2. 記事

    【必見!】カーポート建設の際に建築基準法を違反しないための方法をご紹介
  3. デザイナーB

    T字路にある信号機と待避所の意味
  4. 記事

    熊本県のドライブで行ける動物園を紹介!
  5. 記事

    蒸気機関車を運転する上で必要になる免許について!併せて就職問題についても解説!
PAGE TOP