中国で過積載トラックが衝突し5人死亡!詳細を解説

   
 

中国で過積載トラックが衝突し5人が死亡したという事故が発生しています。中国のみならず、日本においても、過積載トラックが絡む事故が発生しています。重量の大きいトラックは制御できなくなる可能性があるので、ルールを守る必要があるでしょう。過積載トラックの事故について詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

 中国で過積載トラックが衝突し5人死亡

中国で過積載トラックが衝突し5人死亡しました。大型トラックのスピードがかなり速かったことが、被害が大きくなった原因です。

大型トラックのドライバーは、衝突後、そのまま走り去ったと言われています。

映像が対向車線側から撮影されていますが、乗用車はかなりつぶれており、トラックは、乗用車を押しながらそのまま走り続けていました。

乗用車の乗員5人が死亡、1人がけがという大事故になっています。

現地警察は、ドライバーの身柄を拘束し、責任を追及する予定としており、調査中です。

過積載トラックは衝突時のエネルギーが大きいので大事故につながりやすい

過積載トラックは衝突時のエネルギーが大きいので大事故につながりやすく、注意が必要です。日本でも過積載トラックが絡む大事故が複数発生しています。以下に詳細を示しています。

・大型トラックの横転により軽乗用車が下敷き

2018年、千葉市にて、大型トラックの横転により軽乗用車が下敷きになるという事故が発生しています。10トン以上の過積載であったため、大事故につながったと考えられています。軽乗用車には3人の家族が載っていましたが、犠牲になっています。

・大型トラックと乗用車の正面衝突

2004、岐阜県にて、大型トラックと乗用車がトンネル出口で正面衝突したという事故が発生しています。乗用車に乗っていた4人とトラックに乗っていた2人の合計7人が死亡するという大事故になっています。

大型トラックは、約4.5トンの建築資材を積んでおり、最大積載量の約1.5倍相当とのことです。

空気圧不足、過積載による重みが重なり、ハンドル操作を正常にできなかったことが事故の原因です。

・積み荷が落下し死亡事故が発生

2017年、兵庫県にて約34トンの積み荷を載せていたトレーラーが9トンの積み荷を2個落下させ、対向車に直撃したという事故が発生しています。最大積載量が約28トンだったので、オーバーしています。

対向車にのっていた人2人が死亡しています。

車の重量が重いと、制御できなくなるので、十分な注意が必要でしょう。

【CarZootプロ仕様】 ウォータースポット イオンデポジット 洗車 水アカ完全除去 車 ウォータースポット除去剤

中国で過積載トラックが衝突し5人が死亡したという事故が発生していますが、日本でも同様のリスクがあります。十分注意する必要があるでしょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか。

車コーティング前のクリーニングの際におすすめの商品が、「【CarZootプロ仕様】 ウォータースポット イオンデポジット 洗車 水アカ完全除去 車 ウォータースポット除去剤」です。

・ノーコンパウンドなので、車を傷めずにクリーニング可能

・力を入れずに使えるのでストレスに感じにくい

・施工に必要なアイテムが揃っているのですぐに施工を開始できる

・分かりやすいマニュアル付きなので安心

初めて車をメンテナンスする方でも安心です。通常価格2,780円となっており、リーズナブルです。

ウォータースポット・イオンデポジット汚れはなかなか落とせないので、工夫が必要です。クオリティの高いメンテナンス用品を使用することで、きれいにすることができます。

車のクリーニングがうまくできずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【憧れの名車】ポルシェのEVスポーツを2021年オークション出品へ前のページ

人が3台の車に次々引かれる事象が東京八王子で発生!詳細を解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    中古車買うなら今が安い?岡山県で中古車買うならココ!【2021年】

    山陽道の中央に位置する岡山県。気候は比較的温暖で、山や川、そして海ま…

  2. 記事

    メンタル面もしっかりとサポート!群馬県でおすすめのプライベートジムをご紹介

    理想の体になりたい方でも、仕事が忙しく時間がない方も多いと思います。…

  3. デザイナーB

    ビュイックマスターになろう!エンブレムの由来を紹介!

    皆さんは、今までにビュイックのエンブレムを見たことはありますか?…

  4. 記事

    サンリオやTBSの公式サイトで販売されているぐでたまのカーグッズ

    ハローキティやマイメロディなど自社でキャラクター制作を行っているサン…

  5. 記事

    【注目】冬に正しく運転できる横浜ゴムのタイヤiceGUARDの紹介

    「横浜ゴムのice GUARDについて詳しく知りたい。」「横…

  6. 記事

    年末年始の予防的通行止は17区間。予防的通行止めとは?

    2020年から2021年に変わる年末年始は日本に寒波が押し寄せて、日…

新着記事の一覧

  1. タイヤのスキール音について徹底解説!スキール音は放置するとか…
  2. 車の正しい年式とは?愛車の年式をきちんと把握しておこう!中古…
  3. 車のデッドニングは効果的?内容や特徴を徹底紹介!
  4. 車のグローブボックスって何?愛車のメンテナンス時には外して作…
  5. 車のスロットルボディとは一体何?メンテナンスが絶対に必要なの…
  1. 記事

    サントメ・プリンシペの交通事情を知ろう!2021年に行きたいおすすめの観光地紹介…
  2. 記事

    車内の汚れを綺麗に!内装用クリーナーならスプレーがおすすめ!
  3. 記事

    【島根県】2021年早々にコンビニエンスストアに車が突っ込む事故が発生。
  4. 記事

    愛知県でカーセキュリティといえばこのお店!おすすめ店をご紹介!
  5. 記事

    愛知県で事故3件のうち2件がスピード出し過ぎ!愛知県警が可搬式オービスのオリジナ…
PAGE TOP