中国で過積載トラックが衝突し5人死亡!詳細を解説

   
 

中国で過積載トラックが衝突し5人が死亡したという事故が発生しています。中国のみならず、日本においても、過積載トラックが絡む事故が発生しています。重量の大きいトラックは制御できなくなる可能性があるので、ルールを守る必要があるでしょう。過積載トラックの事故について詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

 中国で過積載トラックが衝突し5人死亡

中国で過積載トラックが衝突し5人死亡しました。大型トラックのスピードがかなり速かったことが、被害が大きくなった原因です。

大型トラックのドライバーは、衝突後、そのまま走り去ったと言われています。

映像が対向車線側から撮影されていますが、乗用車はかなりつぶれており、トラックは、乗用車を押しながらそのまま走り続けていました。

乗用車の乗員5人が死亡、1人がけがという大事故になっています。

現地警察は、ドライバーの身柄を拘束し、責任を追及する予定としており、調査中です。

過積載トラックは衝突時のエネルギーが大きいので大事故につながりやすい

過積載トラックは衝突時のエネルギーが大きいので大事故につながりやすく、注意が必要です。日本でも過積載トラックが絡む大事故が複数発生しています。以下に詳細を示しています。

・大型トラックの横転により軽乗用車が下敷き

2018年、千葉市にて、大型トラックの横転により軽乗用車が下敷きになるという事故が発生しています。10トン以上の過積載であったため、大事故につながったと考えられています。軽乗用車には3人の家族が載っていましたが、犠牲になっています。

・大型トラックと乗用車の正面衝突

2004、岐阜県にて、大型トラックと乗用車がトンネル出口で正面衝突したという事故が発生しています。乗用車に乗っていた4人とトラックに乗っていた2人の合計7人が死亡するという大事故になっています。

大型トラックは、約4.5トンの建築資材を積んでおり、最大積載量の約1.5倍相当とのことです。

空気圧不足、過積載による重みが重なり、ハンドル操作を正常にできなかったことが事故の原因です。

・積み荷が落下し死亡事故が発生

2017年、兵庫県にて約34トンの積み荷を載せていたトレーラーが9トンの積み荷を2個落下させ、対向車に直撃したという事故が発生しています。最大積載量が約28トンだったので、オーバーしています。

対向車にのっていた人2人が死亡しています。

車の重量が重いと、制御できなくなるので、十分な注意が必要でしょう。

【CarZootプロ仕様】 ウォータースポット イオンデポジット 洗車 水アカ完全除去 車 ウォータースポット除去剤

中国で過積載トラックが衝突し5人が死亡したという事故が発生していますが、日本でも同様のリスクがあります。十分注意する必要があるでしょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか。

車コーティング前のクリーニングの際におすすめの商品が、「【CarZootプロ仕様】 ウォータースポット イオンデポジット 洗車 水アカ完全除去 車 ウォータースポット除去剤」です。

・ノーコンパウンドなので、車を傷めずにクリーニング可能

・力を入れずに使えるのでストレスに感じにくい

・施工に必要なアイテムが揃っているのですぐに施工を開始できる

・分かりやすいマニュアル付きなので安心

初めて車をメンテナンスする方でも安心です。通常価格2,780円となっており、リーズナブルです。

ウォータースポット・イオンデポジット汚れはなかなか落とせないので、工夫が必要です。クオリティの高いメンテナンス用品を使用することで、きれいにすることができます。

車のクリーニングがうまくできずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【憧れの名車】ポルシェのEVスポーツを2021年オークション出品へ前のページ

人が3台の車に次々引かれる事象が東京八王子で発生!詳細を解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    ロールスロイスはこの形「シルバースパー」が最高! 気になる中古価格は?

    イギリスの老舗自動車メーカーであるロールス・ロイスが販売した「ロール…

  2. 記事

    ポルシェのスポーツEV「タイカン」が1,000km走行チャレンジで新記録を13も樹立!

    ドイツの名門ポルシェが2月3日に、ポルシェ初となる量産スポーツEVの…

  3. 記事

    36番目の赤坂に行ったらここを訪れるべし!

    東海道57次の36番目には「赤坂」と呼ばれる場所があることをご存知で…

  4. 記事

    福島県でできるカーコーティング専門店を紹介!

    突然ですが皆さんは「カーコーティング」をご存じですか?その名の通り、…

  5. 記事

    ディーゼル車好き必見!走行可能地域とオススメの車をご紹介!

    パワフルさが人気のディーゼル車ですが、環境面の問題から都市部…

  6. 記事

    2021年の空力ルールの変更による影響は?ルールの詳細を解説

    新技術レギュレーションの導入がない、2020年のF1マシンを利用する…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    ニューノーマルに対応した移動と経済活性化を両立へ!公共交通機関利用者の行動変容を…
  2. 記事

    ヤマハ発の名車「SR400」43年の歴史に幕
  3. 記事

    【知らなきゃ損!】車のパーキングチケットの利用方法を徹底解説!
  4. 未分類

    楽天で一番売れているヘッドライトクリーナー!CarZootヘッドライトクリーナー…
  5. 記事

    ホイールが空を飛ぶ?その原因を詳しく説明します 
PAGE TOP