世界経済フォーラムで脱炭素化施策をアピール!なぜ脱炭素の必要がある?

   
 

脱炭素という言葉を聞いたことがありますか?脱炭素は地球を温暖化を食い止めるために必要な施策の一つです。世界中で脱炭素化を進める動きが強まっていますが、日本でも脱炭素施策をアピールしていました。今回は、脱炭素化施策がアピールされた世界経済フォーラムについてご紹介していきます。

世界経済フォーラムって?

世界経済フォーラムは、世界中から各国のリーダーが連携し、世界の情勢をさらによくするための国際機関のことです。1971年に設立された機関で、日本からも多くの著名人が参加しています。

今回ご紹介する世界経済フォーラムは、「Mobility Stewards」という会議です。こちらは世界経済フォーラムの中でも、交通に特化した施策を話し合っています。Mobility Stewardsが行われたのは、2021年5月26日でした。今回の会議では、環境温暖化を食い止めるための脱炭素化施策について話し合われました。

日本からの参加者は?

日本から参加したのは、赤羽一嘉大臣です。赤羽大臣は、公明党所属の衆議院議員で、国土交通大臣 、水循環政策担当大臣を務めています。いわば、日本の交通のリーダのような存在です。

赤羽大臣は会議の中で、2050年までにカーボンニュートラルを実現することを発表しました。そのために、2030年までには温室効果ガスの排出量を2013年度と比較して46%削減するという目標を定めています。カーボンニュートラルを2050年までに実現することに関しては、2020年に菅総理大臣も言及していました。

カーボンニュートラルって何?

カーボンニュートラルは、二酸化炭素の吸収と排出を同じ量にするためのエネルギー利用のあり方やシステムを表した概念です。カーボンニュートラルが実現すれば、地球温暖化の食い止めにつながるといわれています。

カーボンニュートラルは世界的にも実施されており、ほとんどの国が日本と同じく2050年までの実現を目指していました。2050年までのカーボンニュートラルを宣言した国同士で結んだ同盟には121カ国に加えてEUも加盟しています。それだけカーボンニュートラルは世界中で一般的な考え方となってくるでしょう。

カーボンニュートラルを実現するためには、政府の力だけでは意味がありません。特に車に乗る機会が多い人は、ガソリン車から電気自動車などの二酸化炭素を排出しない車に変えるだけでも、地球に優しい行動をしていることにつながります。皆さんも普段の生活を見直し、カーボンニュートラルの一役を担いましょう。

プロが認める耐久性!Carzoot社のタイヤコーティング剤をご紹介

皆さんは、タイヤのメンテナンスを行っていますか?中には高速道路に乗る以外は、特にタイヤのことは気にしていないという人もいるかもしれません。もし自分が乗っている車のタイヤをあまり見ていないという人がいたら、ぜひ車のタイヤを見てみてください。新車のときの黒い輝きを失っていませんか?

そこでおすすめなのが、Carzoot社のタイヤコーティング剤です。付属のスポンジにコーティング剤をつけてタイヤに塗り込めば、新車のときのような黒い輝きを取り戻すことができます。誰でも簡単に施工できるので、不器用な人や力がないという人でも安心してお使いください。

施工の仕方がわからないという人でも安心の写真付きマニュアルがついています。高品質にこだわった日本製なので、品質もご安心ください。コーティングの専門店でも使用されているような高クオリティの製品を、皆さんも自分で試してみませんか?1,790円というお得な金額でタイヤをコーティングすることができます。

NEW!全国版図柄入りナンバープレートの候補作品5枚が公開2021前のページ

国土交通グリーンチャレンジって何?国交相が会合を開催次のページ

関連記事

  1. 記事

    半数以上がオンライン参加でオークションを開く荒井商事

    中古の乗用車やオートバイ、トラックなどの商用車、農業機器等をオークシ…

  2. 記事

    【安く買える!】2020年度におすすめできるAMGの車種をご紹介

    2020年に入り、車を買い換えたいと思っている方もいるでしょう。また…

  3. 記事

    【知っていますか?】スライドアを採用した国産自動車の歴史を徹底解説

    「国産自動車でスライドドアを採用した歴史が気になる。」「国産…

  4. 記事

    VRを活用!?三井住友海上火炎保険が事故調査の研修!!

    皆さんはVRについてご存知でしょうか?おそらくゲームが好きな方や3D…

  5. 記事

    ダイムラーとインフォシスが戦略的な提携を結ぶ ~マルチクラウド開発の加速が目的か~

    2020年12月22日にダイムラーはインフォシスと戦略的な提携を結ん…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    滋賀県の充電ステーションはどこにある?
  2. 記事

    【車内をクリーンに】2021年度版のおすすめ車用空気清浄機を紹介
  3. 記事

    トヨタとレクサスの 新型SUVをアメリカで生産、どちらも3列シート仕様
  4. 記事

    MaaS事業に博報堂が参戦!どんな関係性があるのか?浜松市とタッグを組んで新事業…
  5. 記事

    プロ野球チームも持っている!ヒュンダイのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年…
PAGE TOP