三菱e-エボリューションが2021年発売 電動版ランエボに

   
 

「ランエボ」こと三菱自動車のランサー・エボリューションの販売が終了してから2021年で5年となります。もしかしたら再びランエボロスになり始めていた方もおられるのではないでしょうか。今回、そのランエボの電気自動車版ではないかと噂される新車の発売が2021年中にあるかもしれないとの情報が入りましたので、ご紹介します。

近未来のSUV

Sci-Fi, 宇宙船, 近未来的な, 将来, 技術, 3 D

2017年秋に開催された第45回東京モーターショー、そこで三菱が出展したのが、今後のクルマづくりの方向性を示唆するとまで定義した独自の高性能電気自動車であるクロスオーバーSUVでした。その名も「ミツビシ e-エボリューション コンセプト」と今回市販されるe-エボリューションの原型となっていることは間違いないと思われます。

ランエボを知り、新エボを知る

そもそもランエボとはどういった車であったのかを知ることで、よりe-エボリューションについての理解が深まるかも知れません。ランエボ自身も元は1973年から販売されていたセダンであるランサー(LANCER)を、WRCの名称で知られる世界ラリー選手権出場資格を得るために、ターボエンジンを搭載するなど限定生産され、1992年から販売されたスポーツモデルでした。

WRCでは1998年の完全制覇を筆頭に何度も優勝し、ランエボの名は日本だけでなく世界中で知られることとなりました。その後現在にいたるまでレースやチューニングの分野などでは活躍していますが、市販車においては第四世代と呼ばれるモデルを最後に2016年春に販売終了となっていました。しかし、エボリューション(EVOLUTION)の言葉が意味するように進化は続いていたのです。

ディティールなど

まず外観ではフロント部分が相当シャープな印象となるようなデザインが、大きめのスポイラーと共存するように、特にダイナミックシールドやヘッドライトの形状に採用されていると言われています。その傾向はサイド部分でもAピラーやCピラー、ホイールにおいて特徴的で、リア部分は全体的にクーペスタイルとし、スタイリッシュかつ普段使いにも長けたものにまとまっています。

一方の内観は、デジタルインストルメントクラスタに大型化やHVAC制御が採用されたディスプレイなど操作部は予想されていますが、インテリアについては現在のところ具体的なことは不明です。そしてパワートレインに関してはデュアルモーターシステムと最新の四輪駆動「S-AWC」が搭載される見込みですので、安定性の高い走行が期待できます。

おわりに

今回、e-エボリューションの現時点で判明、予想できる情報をまとめました。また歴史あるランエボやランサーを振り返りながら、外観や情報の少ない内観をイメージしてみるのもおもしろいかも知れません。具体的な発売時期は秋頃ではないかとも言われており、2017年秋の出展からどう進化したのかを続報とともに楽しみに待ちたいと思います。

まずは愛車の油膜を完全除去!

ベールに包まれたe-エボリューションの全貌は、今後少しずつ明かされるのでしょうか。それとも一気に解禁となるのか楽しみなところですが、愛車に目を向けると、ベールに包まれたように窓ガラスに油膜がついてしまっているなんてことはありませんか?CarZootの「油膜取り ガラスクリーナー 車 水垢 水アカ ウロコ 車ガラスクリーナー」は、洗車レベルでは落ちなくなってしまったような頑固な油膜も除去できます。

しかも油膜の除去の他にもウロコ、水垢除去力、ギラつき抑制効果に過去に使用したコート剤を落としつつ、最新のコート剤については乗りをよくする力も併せ持ちます。その万能さは、プロが実店舗で施工メニューとして使われることも多い、日本国内で研究を重ね進化し続けるケミカルです。

葛飾区でおすすめのセルフ洗車場をまとめてご紹介します!前のページ

リマックが1914馬力のEVハイパーカーを発表 先行量産を開始!次のページ

関連記事

  1. 記事

    アウトモビリ・ピニンファリーナのEV型ハイパーカーが高速テストを終了!その結果とは?

    ハイパーカーと言えば燃費が悪く、ガソリンを撒き散らしながら走っている…

  2. 記事

    秋が活動に向いている理由とは?和歌山県のドライブがてら行きやすいテニスコートを紹介

    皆さんはこの秋に何か始めようと思っている事・挑戦した事はありますか?…

  3. 記事

    日産と住友商事の共同会社が使用済みバッテリーの再利用で世界初の認証取得!

    使用済みバッテリーが再利用されているのを知っていますか?電気…

  4. デザイナーB

    鈴鹿サーキットグランツーリスモのタイムアタック合戦でF1に挑戦!

    「鈴鹿サーキットを舞台にしたグランツーリスモSPORTの企画、「Re…

  5. 記事

    誰でも楽しめる?車で行きやすい岩手県の変わった動物園

    皆さんは休みの日や気分転換したい時にドライブをすることはありますか?…

  6. デザイナーB

    ダッジ歴代社長の功績を徹底紹介!さらに今後の展望やいかに?

    あなたは「ダッジ」という自動車メーカーをご存知でしょうか?ダッジとは…

新着記事の一覧

  1. [2021]車中泊におすすめな燃費の良い車種をご紹介!
  2. 【2021年最新版】車中泊におすすめ車種をご紹介!
  3. 【2021】おすすめしたい車中泊に便利な電気毛布をご紹介!
  4. 車中泊で快適に過ごせる最新断熱マットやシートをご紹介 !
  5. トヨタが2022年に超小型「シーポッド」を限定販売!シーポッ…
  1. 記事

    車でGO!兵庫県のお勧めのラーメン屋を紹介
  2. デザイナーB

    ヤマハの電動アシスト自転車2021年モデルにスマートパワーアシスト搭載!
  3. 記事

    ホンダがタイカンを超えるスーパーEV車を開発中?次期NSXという声もあるが実際ど…
  4. デザイナーB

    踏切で一時停止するのは日本ぐらい?海外は停止しない国の方が多い?  
  5. 記事

    愛媛県でデートに最適なドライブコースを2選紹介!
PAGE TOP