一番最適な給油のタイミングはいつ?

   
 

ガソリンがなくなるギリギリまで乗って給油する方、余裕をもって給油する方、そんなの気にしないって方、様々だと思います。生活スタイルや周辺のガソリンスタンドの有無にも左右されるかもしれませんが、今回は一番車にとって最適とされている給油のタイミングを調査しましたので紹介します。

満タン給油は損?

車重が重くなり燃費が悪化する

「満タン入れたら車が重たくなるし、燃費が悪くなりそう、、、」と考える方も多いと思います。理屈上間違いではありませんが、実際にそれがどれだけ影響するかが大切です。40リットルタンクの車両で半分の20リットルで抑えた場合、約20kg車両は軽くなりますが、車両が1000kgの場合そこに与える影響は

20kg÷1000kg=0.02  およそ2%しか影響しません。

月のガソリン代が10000円の方であれば200円しか変わらないんです。であれば、給油回数を減らして、満タン給油したほうがその時間分確実に元が取れますし、給油に行くにもガソリンは使いますからね。

何かあった場合の保険のために

予定が建て込んだり、緊急時だがしばらく給油できない状態に出くわしたとき満タンにしておくメリットは大きいといえます。ガス欠でJAFなどを呼んだらそれのほうが大幅に高くつきますし、心の余裕もなくなるので事故につながってしまうかもしれません。

(豆知識)給油ランプについて

ちなみに、給油の警告ランプについてですが、一般的には総容量の”15%”を下回ると点灯するようになっています。40リットルタンクであれば約6リットルで点灯します。なので、普段1リットル当たり10km走行可能な車両であれば約60kmは走れる計算です。逆算してガソリンスタンドに入るようにしましょう。

ここ最近では、このような計算なしでも連続航続可能距離を表示してくれる車両も増えました。しかし、運転の仕方によっては参考にならないこともあるので注意が必要です。

新車の時のヘッドライトの輝きを取り戻せ!

CarZOOT”HeadLightRestoration”を紹介

ひと昔前の車両では、ヘッドライトユニットにはガラスが採用されていたので黄ばみや曇りはありませんでした。しかし、割れやすい・かけやすい・重いガラスのユニットは最近ではなくなりつつあり、樹脂製のユニットが増えました。そこで浮上したのが黄ばみや曇りの問題です。

雨風・太陽光・汚れにさらされた樹脂製のユニットにこの問題はつきものです。経年劣化というやつですね。どんな高級車でも、車の顔・表情を大きく左右するヘッドライトが汚れていると、車両全体がだらしなく見えてしまします。

そこで紹介するのがCarZOOT”HeadLightRestoration”です。この商品は、プロが実店舗で使用しており、研究開発・製造と全て国内で行っており品質には定評があります。

施工は簡単で、このキットを買えばヘッドライトクリーナー(研磨剤)・コーティング剤・専用スポンジ・タオルがキットになっているので無駄な出費がありません。まずはクリーナーで全体を磨くと黄ばみ・曇りが取れます。このクリーナーが他製品と比べ圧倒的なクリーニング力を持っておりこの製品の大きな特長です。その後、コーティング剤を塗りこむことで長くその状態を維持できます。

まとめ

結論としては、半分を切ったあたりで給油するのがベストかと思います。気持にも余裕ができますし、重量が軽くなるメリットもそこまで受けられないからです。プラスするならば、ガソリンは空気に触れると劣化が進みます。タンク内の空洞が大きいと空気の接触面積が増え劣化が進みそれこそ車本来の性能が出ない、燃費の悪化につながるからです。最後に紹介したCarZOOT”HeadLightRestoration”で新車のようなヘッドライトを取り戻し、週末のドライブを楽しみましょう!ぜひチェックしてみてください。

avatar
給油するときは最適なタイミングを見ておこう!

入れすぎると自己の危険があるよ!

福井県で子供を連れて少し遠出!おすすめの公園を徹底調査!前のページ

タイヤのトラブルの代表格!釘やガラス片が刺さった時の対処方法を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    鹿児島県でイチオシ!カーポート業者を2選紹介!

    カーポートは、柱と屋根のみで作られているので心もとなく感じていません…

  2. 記事

    運転用サングラスはRay-Ban(レイバン)がおすすめ!

    「運転用におすすめのRay-Ban(レイバン)のサングラスについて知…

  3. 記事

    事故車はお得ってホント?事故車の定義についても徹底解説

    中古車を購入するに当たり、お値段的に惹かれるのが事故車です。かなり安…

  4. 記事

    沖縄県でタクシーに乗るならここがおすすめ!コロナ対策も万全の会社!

    沖縄県と言えば、真っ青な空と透き通るような海、白い砂浜が魅力の県です…

  5. 記事

    路面電車が走っている街の道路はどうやって走行するのが正しいのか?徹底解説いたします!

    あなたは、路面電車が走っている街を自動車で運転したことがあるでしょう…

  6. 記事

    ドライブも楽しんじゃおう!宮城県内の車で行けるおすすめドッグラン2選!

    宮城県内でドッグランをお探しの方も多いのではありませんか?あったとし…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    恐ろしい高速道路での突然のパンク?その原因と対策
  2. デザイナーA

    清水エスパルスサポーターにおすすめの安い駐車場を紹介!
  3. 未分類

    【徹底比較】CarZootアルミモールクリーナー VS ワコーズメタルコンパウン…
  4. 記事

    アニメ「頭文字D(イニシャルD)」が舞台になった地域を紹介
  5. 記事

    車のハンドルを日焼けから守る!紫外線対策を紹介 
PAGE TOP