一番最適な給油のタイミングはいつ?

   
 

ガソリンがなくなるギリギリまで乗って給油する方、余裕をもって給油する方、そんなの気にしないって方、様々だと思います。生活スタイルや周辺のガソリンスタンドの有無にも左右されるかもしれませんが、今回は一番車にとって最適とされている給油のタイミングを調査しましたので紹介します。

満タン給油は損?

車重が重くなり燃費が悪化する

「満タン入れたら車が重たくなるし、燃費が悪くなりそう、、、」と考える方も多いと思います。理屈上間違いではありませんが、実際にそれがどれだけ影響するかが大切です。40リットルタンクの車両で半分の20リットルで抑えた場合、約20kg車両は軽くなりますが、車両が1000kgの場合そこに与える影響は

20kg÷1000kg=0.02  およそ2%しか影響しません。

月のガソリン代が10000円の方であれば200円しか変わらないんです。であれば、給油回数を減らして、満タン給油したほうがその時間分確実に元が取れますし、給油に行くにもガソリンは使いますからね。

何かあった場合の保険のために

予定が建て込んだり、緊急時だがしばらく給油できない状態に出くわしたとき満タンにしておくメリットは大きいといえます。ガス欠でJAFなどを呼んだらそれのほうが大幅に高くつきますし、心の余裕もなくなるので事故につながってしまうかもしれません。

(豆知識)給油ランプについて

ちなみに、給油の警告ランプについてですが、一般的には総容量の”15%”を下回ると点灯するようになっています。40リットルタンクであれば約6リットルで点灯します。なので、普段1リットル当たり10km走行可能な車両であれば約60kmは走れる計算です。逆算してガソリンスタンドに入るようにしましょう。

ここ最近では、このような計算なしでも連続航続可能距離を表示してくれる車両も増えました。しかし、運転の仕方によっては参考にならないこともあるので注意が必要です。

新車の時のヘッドライトの輝きを取り戻せ!

CarZOOT”HeadLightRestoration”を紹介

ひと昔前の車両では、ヘッドライトユニットにはガラスが採用されていたので黄ばみや曇りはありませんでした。しかし、割れやすい・かけやすい・重いガラスのユニットは最近ではなくなりつつあり、樹脂製のユニットが増えました。そこで浮上したのが黄ばみや曇りの問題です。

雨風・太陽光・汚れにさらされた樹脂製のユニットにこの問題はつきものです。経年劣化というやつですね。どんな高級車でも、車の顔・表情を大きく左右するヘッドライトが汚れていると、車両全体がだらしなく見えてしまします。

そこで紹介するのがCarZOOT”HeadLightRestoration”です。この商品は、プロが実店舗で使用しており、研究開発・製造と全て国内で行っており品質には定評があります。

施工は簡単で、このキットを買えばヘッドライトクリーナー(研磨剤)・コーティング剤・専用スポンジ・タオルがキットになっているので無駄な出費がありません。まずはクリーナーで全体を磨くと黄ばみ・曇りが取れます。このクリーナーが他製品と比べ圧倒的なクリーニング力を持っておりこの製品の大きな特長です。その後、コーティング剤を塗りこむことで長くその状態を維持できます。

この商品の詳細はこちら

まとめ

結論としては、半分を切ったあたりで給油するのがベストかと思います。気持にも余裕ができますし、重量が軽くなるメリットもそこまで受けられないからです。プラスするならば、ガソリンは空気に触れると劣化が進みます。タンク内の空洞が大きいと空気の接触面積が増え劣化が進みそれこそ車本来の性能が出ない、燃費の悪化につながるからです。最後に紹介したCarZOOT”HeadLightRestoration”で新車のようなヘッドライトを取り戻し、週末のドライブを楽しみましょう!ぜひチェックしてみてください。

福井県で子供を連れて少し遠出!おすすめの公園を徹底調査!前のページ

タイヤのトラブルの代表格!釘やガラス片が刺さった時の対処方法を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛知県で事故3件のうち2件がスピード出し過ぎ!愛知県警が可搬式オービスのオリジナル看板を設置

    2021年2月16日に報道されたヤフーニュースによると、「愛知県警察…

  2. 記事

    クルマでなら怖くない?肝試しにおすすめ茨城県の心霊スポット3選

    なぜ人は、怖い話が好きなのでしょうか。なぜ、心霊スポットに出かけたく…

  3. デザイナーB

    アストンマーティンエンブレムの由来とは 魅力も紹介

    イギリスを代表する高級スポーツカーメーカー、「アストンマーティン」は…

  4. 記事

    マツダ3がカナダ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞!ほかに受賞した車は?

    カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーを、ご存じでしょうか。カナダで毎年開催…

  5. 記事

    かわいいおしゃれな希少車!日産・アトラスロコはどんな車?中古車の相場は?

    2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大で、日本だけでなく…

  6. 記事

    ドライブがてら一度チェックしておきたいロケ地 滋賀県編

    映画やドラマ、ミュージックビデオなどで使用された場所(ロケ地)が、自…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    縁石の高さって規定はあるの?車体の下をそることって結構ない?
  2. 記事

    エジプトでは交通事故に注意してドライブを!歴史ある街を堪能しよう!
  3. 記事

    【2021年】車内泊の準備をしよう!長崎県のおすすめの車内泊スポット!
  4. 記事

    近場で過ごそう!この夏は子供を連れて地元山形の公園にでかけてみませんか?
  5. 記事

    どうした三菱自動車?最終赤字が2099億円へ!
PAGE TOP