ヴァレオ 2050年までのカーボンニュートラルを宣言

   
 

フランスの自動車部品メーカーであるヴァレオ(Valeo)は2021年2月5日、2050年までのカーボンニュートラル達成を表明しました。カーボンニュートラルとは脱炭素社会の実現のことですが、最近耳にすることが増えた方も多いのではないでしょうか。今回ヴァレオは具体的な内容も併せて発表していますので、詳しく紹介します。

10年後には目標の45%まで達成!?

人, 女の子, 人間, 喜び, 日没, 太陽, オレンジ, 魅せるための生活, 歓声, シルエット

日本で2050年カーボンニュートラルと言えば、昨秋(2020年10月)の菅内閣誕生に伴う首相の所信表明演説での宣言と第42回地球温暖化対策推進本部でも議論となったことで大きく報道されました。その後もグリーン成長戦略や温室効果ガス排出などに関する取り組みやレポートなどが続々と報告されており、国内の機運醸成が図られています。

改めて地球温暖化が世界的な課題となっている背景には、気候変動抑制に関する多国間の国際的な2015年のパリ協定の存在が大きく、各企業の脱・炭素社会に向けた取り組みが求められている中、ヴァレオも低炭素を含めた目標を設定することとなりました。

バリューチェーンとサプライチェーン両面から

ヴァレオが掲げた目標はまず、今年からの10年間で二酸化炭素(CO2)の排出量を2019年と比較して45%の削減を目指すというもの。これは、自社だけでなく、サプライヤーの排出量や事業活動、製品の最終用途も含めたバリューチェーン全体としての数字となります。

そして、2050年の達成に向けては、自社に関する全ての事業活動と世界中の物流などサプライチェーン全体で取り組み、製品の最終用途を含めてヨーロッパにおいて100%カーボンニュートラルとすることが発表されました。そのため、日本にある子会社のヴァレオグループを含む東アジア圏での具体的な数字についてはっきりとしたことはまだ明らかになっていません。

積極的な投資も

実はヴァレオは2010年からCO2排出量の削減に向けた取り組みを既に本腰を入れて進めており、CO2削減に関する技術に100億ユーロ以上を投資してきました。これにより関連製品の売上高が当時の20倍となる約100億ユーロに増加したことは2050年に向けて明るい材料と言えます。

また、2030年45%減に向けては、環境に優しい建物への改修や、エネルギー消費の低炭素化など事業活動に関連したCO2削減のために今後4億ユーロ以上を投資する計画となっています。車両の電動化のためのソリューションを特に強化するための低炭素モビリティに貢献する技術開発にも期待が持てます。

おわりに

世界中の自動車会社に製品を納入しているヴァレオの中でも特に大きな売り上げを占めているのが、パワートレインシステムとサーマルシステムに関する部品です。カーボンニュートラルに積極的に取り組むことは、ヴァレオがその社名のごとく「私は元気です。」と30年後も言えるような地球環境に繋がっているのではないでしょうか。今回、2019年にウイルスを95%以上除去できるシステムを開発していた点にも驚かされました。

いつまでも車が凍結する世界を願って

地球温暖化対策に各国や各企業、そして個人が取り組むことで、これ以上の悪化を食い止める明るい未来が訪れることを願わずにはいられません。冬場に車の窓ガラスが凍結しているシチュエーションが恋しくならないためにも。。。CarZootの「解氷 スプレー フロントガラス 凍結 凍結防止 車 雪対策 解氷剤」は、マイナス50℃まで対応の圧倒的な解氷力が魅力。

配送ドライバーなど多数のプロが現場で使用するケミカルで、シュッと吹き付けるだけであっという間に氷・霜を溶かします。洗浄成分が配合されているので窓ガラスを綺麗保つ効果もあります。専用スプレーボトルで、非常に使いやすく、寒くかじかむ中でも簡単に使用できます。

タミヤがマクラーレン セナ1/24スケール組み立てキット発売前のページ

電動キックボード、自転車道の走行を可能に特例を制定へ 車は気をつけるべき?次のページ

関連記事

  1. 記事

    埼玉県でおすすめの運転体験が出来る施設はこちら!子供と一緒に行こう!

    埼玉県は、東京都の隣という事もあり、非常に道路網が整っています。ただ…

  2. 記事

    窓から顔を出すのは車酔いのサイン?ペットの車酔いの理由や対策とは

    ドライブ中、ふと隣の車を見ると犬が窓からひょっこりと顔を出している光…

  3. 記事

    マツダロータリーが2022年に復活へ! 

    マツダのロータリーエンジンは2012年で生産終了になりましたが、20…

  4. 記事

    アフリカで観光客が増えている地域「リビア国」の交通をテーマに解説!

    アフリカで紛争が落ち着き観光客がき始めているリビアについての…

  5. 記事

    なぜ消防車?火事でもないのに消防車が出動する理由とは

    火事などの火の気が全くないのに、消防車を見かけることはありませんか。…

  6. 記事

    車好きのお父さんにピッタリの、おすすめクリスマスプレゼントをご紹介します!

    もう時期待ちに待ったクリスマスの季節です。そこで、今回はいつ…

新着記事の一覧

  1. 【ホンダのモバイルパークパック展示】スマートグリッドEXPO…
  2. 東京メトロは列車混雑計測システムを本格運用!移動はどう変わる…
  3. 【プジョーの魅力】「プジョーモトシクル」 がブランドアイデン…
  4. 「MINIクロスオーバー」200台限定の青&黒カラーを発売
  5. 東九州PAに焼き芋の自動販売機!おすすめSA&PAも紹介!
  1. 記事

    フォルクスワーゲン、新型『ゴルフ・オールトラック』を欧州で発売開始!
  2. 記事

    車中泊におすすめハイエースで作れるシャワールームがここにある!
  3. 記事

    群馬県の車で行けるおすすめスポット!初日の出が絶景! 
  4. 未分類

    ホイールを購入したらすぐにやるべきことを解説!
  5. 記事

    ジョージア州ではアトランタがドライブにおすすめ!魅力的な観光スポットを紹介
PAGE TOP