レトロな感じが人気?ニューレトロでありながらアウトドアなタフト登場

   
 

ダムドが、ダイハツのタフトに新しいボディキットの予約受注が開始されました。そもそもタフトとはどのような車であるのか、新しいボディキットを準備したダムドとはどのような会社であるのかなど、いまさら聞けないということも含めて詳しく解説していきます。

ダイハツ「タフト」

ダイハツが販売するタフトとは、どのような車なのかをご存じでしょうか。開発のコンセプトは、アクティブで軽快な動きと荷物をたくさん載せることができるところを両立させるという点です。

タフトの大きな特徴としては、前席の頭上に大きく広がるガラスルーフ「スカイフィールトップ」ではないでしょうか。今までは運転中に見ることもできなかった景色も見ることができるようになります。紫外線や赤外線を減らすスーパーUV&IRカット機能や、開閉できるシェードも付いているので真夏でも気分に置く気軽に出かけることができるでしょう。

2眼メーターはオレンジインテリアアクセントが高級感を演出しています。マルチインフォメーションディスプレイ付で、スマートアシストの警告タイミングなどの変更や、ウォーニングやメンテナンスなどの情報確認もできるのが魅力です。インパネ回りも、操作しやすくなっているのでぜひ試してみてください。

ダムドとは

自動車関連のエアロパーツなどカスタムパーツを手がけてきたのが、1982年に創業した株式会社ダムドです。自分だけの車が欲しいと思うのは車好きならだれでも考えることですが、残念ながらオーダーメイドで車を作るにはかなりの資金が必要になります。しかしカスタムパーツを使うことでも、自分だけの車を演出することはできるでしょう。

今回ダムドが予約受注を開始したのは、2020年夏に完成予想CGを先行公開していたダイハツ工業「タフト」用ボディキット「TAFT 80’s」および「TAFT little D.」です。予約は、4月30日10時から開始しています。

「タフト」のボディキットは多様化するライフスタイルに合わせながらも不変のファッション性を表したデザインであり、懐かしいのに新しい ニューレトロ軽SUVがテーマとなっています。新車にボディキットが装着された状態のクルマごと購入が可能な「新車コンプリートカー」の販売も設定しているため、これからタフトを購入しようと考えているユーザーはぜひ、見てみてください。

もちろんこれから購入するユーザーだけでなく、現タフトオーナーであっても購入ができるように取付まで手配が可能なパーツ販売も行われます。価格は未塗装の状態であれば、どちらも17万3800円であり頑張れば手の届く金額であるのも魅力といえるでしょう。

新しいボディキットの魅力

新しいボディキットは、TAFT 80’sがノスタルジックな雰囲気を持つ1980年代スタイルです。フロントフェイスのスワップで大きく印象を変えたのが特徴的であり、王道のスタイルが好みであればぜひ試乗してみたいと思えるデザインではないでしょうか。

TAFT little D.は、アウトドアが好きという人にはぴったりではないでしょうか。ダムドの「ジムニー」用ボディキットをオマージュしたものであり、ミリタリー色が感じられるデザインです。ジムニーでは実現できなかったデザインが詰め込まれていて、バランスよい4ドアとなっています。

それぞれに違った魅力があるので、まずはどちらが自分のライフスタイルに合っているのかをじっくり検討してみてください。

懐かしさを感じるデザイン

懐かしさを感じるレトロなデザインは、いつの時代でも一定の需要があります。とくに現タフトオーナーであれば、ボディキットを使ってデザインを変えることで気分も変えられるのではないでしょうか。ぜひニューレトロなデザインの車で素敵なカーライフを送ってみてください。

イベント開催はオンラインで!【人とくるまのテクノロジー2021横浜】も2年連続中止へ前のページ

ホンダの新型シビックハッチバックはどんな車?発売予定は2021年夏ごろ!次のページ

関連記事

  1. 記事

    中国スマホ大手、EV参入!!

    中国のスマホ大手といったらどこを思い浮かべますか?正直、パッと答えら…

  2. 記事

    電気自動車の充電ステーションを香川県で探す!

    電気自動車を利用されているあなたは、充電ステーションをちゃんと把握さ…

  3. 記事

    【知っていましたか?】エンブレムのメーカー名ごとの変化を徹底解説

    「NISSANやトヨタのエンブレムの変化について教えて。」「…

  4. 記事

    車の鍵がない!ロックをすることは可能なの?

    車の鍵がないのに、車を離れたくなったらどうすればいいのでしょう。うっ…

  5. 記事

    メルセデスベンツがCクラスの新型を発表!どんな車なのか見どころを解説!

    この度メルセデスベンツは、Cクラスの新型を導入すると発表しました。今…

  6. 記事

    コロナ禍でも売れてる!ジャガー・ランドローバー世界販売が12%増と回復基調

    新型コロナウイルスの感染拡大により世界中が不景気ですが、足元では回復…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    ドライブデートなら自粛中でも大丈夫!2021年版 岡山で自然を満喫!
  2. 未分類

    SAMURAI Z1 ホイールコーティング剤が全然ダメだった件
  3. 記事

    若きレオナルド・ディカプリオがイメージキャラクター!スズキのAZワゴン1998年…
  4. 記事

    物流を支えるトラックの現状!岡山県のおすすめトラック用品店をご紹介!
  5. 記事

    【ドライバー必見】福岡県下でホイールの加工や塗装が評判の3店紹介
PAGE TOP