レッカー車はいくらかかるの?JAFと自動車保険のサービスの特徴も紹介

   
 

車の故障や交通事故などでレッカー移動をしたという経験がある人は多いのではないでしょうか。しかし、レッカー費用は高額のイメージがあります。そこで、利用したいのがJAFなどのロードサービス会員や自動車保険のロードサービスです。

レッカー移動の費用やJAFなどのロードサービス会員や自動車保険のロードサービスの違いも含めて紹介していきます。

レッカー車を呼ぶまでの流れや費用

車の故障や交通事故などが起こり、レッカー車で自動車修理工場や自宅まで車を運搬する流れはどうなっているのでしょうか。費用を含めて紹介します。

レッカー車を呼ぶまでの流れ

レッカー車を呼ぶ流れは交通事故か故障で異なりますが、流れは以下の通りです。

【交通事故、自損事故の場合】

①警察に通報(状況に応じて走行の邪魔にならないところに車を移動します)
②保険会社、ロードサービス会員の場合ロードサービス会社、レッカー車を取り扱っている業者に連絡(相手側の状況によって相手の保険でレッカー車を呼ぶことも、緊急時は警察がレッカー車を呼ぶことがある)
③警察の聴取
④車をレッカー車に乗せる(車の状態によってはクレーンで持ち上げる作業も必要)
⑤最寄りの自動車修理工場もしくは自宅にレッカー移動

車の故障の場合は、①、③を省きます。レッカー車を呼ぶ場合、保険会社やロードサービス会員であればそれぞれのレッカー車、非会員の場合は警察に依頼するか自分でレッカー車の業者に依頼する方法があります

警察や自分でレッカー車移動を行っている業者に依頼する場合、費用が高額になりますので注意しましょう。緊急時など状況に応じて警察でレッカー車を手配しなければならない場合もあります。

レッカー車の費用

レッカー車の費用はどのくらいかかるのでしょうか。レッカー移動の費用は基本料金+作業料金+けん引代金です。具体的な例をあげて紹介します。

【朝9時に20㎞先の自動車修理工場にレッカー移動の場合(30分作業)】

・JAFに依頼(非会員):基本料金(8,380円)+作業料金30分(2,850円)+けん引20分料金(1㎞730円×20=14,600)=合計25,830円

・JAFに依頼(会員):基本料金(無料)+作業料金30分(30分までは無料)+けん引20分料金(15㎞までは無料15㎞以上は1㎞730円=3,650円)=合計3,650円

・保険会社のロードサービス:基本料金(無料)+作業料金30分(30分までは無料だが部品代はかかる)+けん引20分料金(保険会社によるが30㎞以上が有料になるところが多い)=無料(部品代がかかると有料)

・警察のレッカー移動(詳細基準なし):30,000円~50,000円

レッカー車を呼ぶ代金は、無料から50,000円かかります。しかし、この代金だけではありません。修理費や部品代金、運転手の移動費もかかります。交通事故で相手がいる場合は相手の保険でレッカー車を呼ぶこともありますが、すべての場合で呼べるわけではありませんので注意が必要です。

レッカー車を格安に借りる方法

レッカー車の費用は分かりましたが、ロードサービスに加入しなければ1度に30,000円から50,000円と高額な出費がかかります。高額な出費を抑えたいのであればおすすめなのが、ロードサービス会員の加入もしくは自動車保険のロードサービスの加入です。ここではそれぞれの特徴について紹介します。

運転に自信がない人や長い距離を頻繁に走行する人はロードサービス会員がおすすめ

運転に自信がない人や長い距離を安心して走行したいのであれば、JAFなどのロードサービス会員がおすすめです。ロードサービス会員は、基本料金・作業料金は無料で、加入中は何度でも利用できます。また、ほとんどが全国に拠点があり、全国のどこで車のトラブルがあっても利用できることやレンタカーなどでもJAFの会員証を持ってさえいれば利用可能です。

しかし、ロードサービス会員は、入会金(初回のみ)がかかることや年間4,000円と保険会社のロードサービスに比べて高額です。また、会員でも15㎞以上はけん引料金が発生します。ロードサービスは家族会員や年間払いで安くなる場合もあるので、ホームページを見たうえで加入することをおすすめします。

費用を抑えてロードサービスを利用したい

頻繁にロードサービスを使うことはないけれど、もしもに備えてロードサービスを利用したいと考えている人は、任意保険のロードサービスをおすすめします。任意保険のロードサービスは、現在、ほとんどが任意保険に付帯しているため改めて加入の必要がありません。費用を抑えてロードサービスを利用できます

また、けん引の無料距離が長いほか、運転者の宿泊施設のサポートもしてくれます。その一方で、部品代金が別途にかかるほか、1年間にロードサービスを利用できる回数が制限されます。保険会社によっては全国拠点でないことから場所によっては利用できない場合もあります。

ホイールの艶を保ちたいのであればCarzoot社のホイールコーティングキットがおすすめ

車のホイールは走行していると雨の日の走行やブレーキでの擦れで汚れてしまい、艶もなくなってしまいます。そんな車のホイールを美しく輝かせるおすすめのアイテムがCarzoot社のホイールコーティングキットです。Carzoot社のホイールコーティングキットは、シャンプーとコーティング剤がセットになっているので、頑固な汚れもしっかり取り、優れた艶を復活してくれます

また、3年と長い耐久性がありますので何度もコーティングする手間が省けます。プロも使用している本格的なホイールコーティングキットで、愛車のホイールの艶を取り戻しましょう。

レッカー車を呼ぶ故障や交通事故はいつ起こるかわかりません。しかし、車の定期点検など故障を予防できることもあります。車に乗る際はしっかり危険にも備えて運転するようにしましょう。

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

気筒で性能が変わる?気筒が車に与える影響とは前のページ

北海道のラーメン屋に車でアクセスしよう!おすすめのお店を紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    緊急車両が来たら必ず停車して道を空けよう!道を譲らないと罰則がある?

    運転しているときに救急車や消防車が接近しても、よけようとしな…

  2. デザイナーB

    車のバッテリーに対応したスターターはある?おすすめ5選!

    「え!車のエンジンがかからない!!」といった突然のバッテリートラブル…

  3. 記事

    BBSのホイールの値段はなぜ高いのか

    自動車のカスタマイズで触りやすい部品と言えばホイール。人気のアルミホ…

  4. 記事

    交通事故鑑定人とは、どんな職業の人なの? 有名な人も含めて紹介!

    道路交通法の改正で罰則が強化されても、悪質なドライバーによる交通事故…

  5. 記事

    高速道路のトンネルの非常口の行方!こうなっている非常口の先!

    あなたは普段のドライブで高速道路を走られることがあるでしょうか?そん…

  6. 記事

    福島県でゴルフを楽しもう!車で行けてコロナ対策万全のゴルフ場5選!

    新型コロナウイルスが流行する現在。どなたにとってもリフレッシュできる…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車の燃費を知ろう!おすすめの燃費計算アプリを紹介
  2. 記事

    車のホイールの洗い方は?内側も洗うべき?やり方を解説!
  3. 未分類

    おすすめのアルミモールクリーナー!頑固な白サビを一気に解決!
  4. 記事

    親子で出かけてみませんか?宮崎の変わった公園をご紹介!
  5. 記事

    プレミアムブランドとして上級価格の需要を担っているアウディ
PAGE TOP