レゾネーターは車のどこにあるパーツ?その役割や仕組みはどうなっているの?

   
 

レゾネーターって聞いたことはありますか?車のパーツなんですが、地味ながらもそれなりに役立っているんです。そこでこの記事ではレゾネーターについて解説したいと思います。車のどこに付いているのかや、その役割。構造についてや、外したらどうなるのかをお話します。

レゾネーターとは?

レゾネーターはエンジンの空気取入口に付いているパーツです。車は空気を取り込んでガソリンを爆発させ動力を得ています。しかし空気を取り込む際には高周波数の騒音が発生します。

その騒音を消すためのパーツがレゾネーターということになります。他にも副次的な効果がありますが、それについては後ほど解説します。

レゾネーターの構造はどうなっている?

レゾネーターの構造はヘルムホルツ共鳴器の理論に基づいています。ヘルムホルツ共鳴器は、開口部を持った容器の内部にある空気がばねとしての役割を果たし、共鳴(共振)することで音を発生する装置のことです。

レゾネーターは共鳴することによって逆に高周波数の騒音をキャンセルさせています。要するに消音器として作動するように設計されているわけです。形状は箱型で樹脂で作られています。大きさはやや大きく嵩張るパーツであることは間違いないでしょう。

レゾネーターの効果とは?

レゾネーターには高周波数の騒音をキャンセルする役割のほかに、エンジンの低速トルクを増強させる効果もあります。レゾネーターはその構造上、一時的に空気をためることになります。これが低速トルクを向上させることになります。

車は低速トルクが向上すると、主に街中での使い勝手がよくなります。端的に言えば運転しやすく乗りやすい車になるということです。

レゾネーターを外したらどうなるの?

レゾネーターを外しても車の走行そのものには影響はありません。しかしレゾネーターによる恩恵がなくなることになります。つまり40km/h程度の速度でもエンジン音は大きくなります。

これをサウンドと捉えるか、ノイズと捉えるかは人それぞれかもしれませんが、多くの場合は後者ではないでしょうか。また副次的な効果である低速トルクの向上もなくなることになります。その結果、街中での使い勝手は低下するでしょう。

レゾネーターを外したら車検は通るの?

レゾネーターは重要保安部品ではなく、車の走行には支障をきたさないので、外しても車検には問題なく通ります。しかしエンジン音は大きくなるので、場合によると騒音規制に引っかかるかもしれません。エンジンのタイプによりケースバイケースではありますが。

ただレゾネーターは外すメリットがほとんどありません。空気の流入量が増えるかもしれませんが、マフラーを交換しなければ空気の抜け具合は変わりません。ですからパワーアップには繋がりません。

その上うるさくなり低速トルクも細くなるわけですから。車を改造してレースに出るのなら話は別ですが、そうではないのなら手を付ける必要はないでしょう。

CarZoot ホイールコーティング

みなさんはアルミホイールのケアをきちんとしていますか?おしゃれは足元からというのは、車でも同じなんです。それにボディだけピカピカでアルミホイールが汚れていては台無しになってしまいます。

そこでおすすめしたいのが「CarZoot ホイールコーティング」です。本製品は強力なクリーナーとコーティング剤がセットになっています。まずクリーナーでアルミホイールの汚れを徹底的に落として下さい。

強力なクリーナーですから、どんな汚れも落とせます。もちろんアルミホイールにはダメージを与えることはありません。その後アルミホイールが乾いたらコーティング剤を施工します。こちらも強力なガラスコーティングなので3年間はアルミホイールの輝きは続きます。

本製品はプロがショップで使っているものと成分が同じなんです。ですから安心してお使いいただけます。「CarZoot ホイールコーティング」をぜひお試し下さい。

ホイールが空を飛ぶ?その原因を詳しく説明します 前のページ

ヒルディセントコントロールとは?何のための機能?次のページ

関連記事

  1. 記事

    2021年最新情報!埼玉県の「日本水」など御利益のある湧き水スポットへ車でアクセス!

    埼玉県には、良質な水を味わえる湧き水スポットがあり、多くの観光客が訪…

  2. 記事

    【トレッキング!】北海道で絶景が見れるおすすめスポットをご紹介

    今回は、ドライブしながら行ける北海道のトレッキングスポットをご紹介い…

  3. 記事

    気になるリアスポイラーとリアウィング。見た目や効果の違いを解説!

    この記事をご覧になられている方は、車が好きな方が多いと思います。車好…

  4. 記事

    スズキ『隼(ハヤブサ)』ラッピング車がリニューアル

    自動車もさまざまですが、特定の地域だからこそみられる自動車というもの…

  5. 記事

    虫が集まりやすい色はあるのか?虫が集まりやすい色を徹底解説!

    あなたの乗っている愛車はどんな色をしているでしょうか?実は、そのボデ…

  6. 記事

    G-ZOXはプロ施工プレミアムコーティングブランド!どんなブランドなのかを詳しくご紹介!

    G-ZOXとはどのようなものであるのかを、ご存じでしょうか。G-ZO…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    香川県で交通事故に強い弁護士事務所はどこ?経験豊富な交通事故専門の弁護士をピック…
  2. 記事

    【新年2021年版】日本低炭素開発株式会社のオススメ製品をご紹介!運送業者やトラ…
  3. 記事

    茨城県はSNS映えする観光地がいっぱい!アニメ好きも楽しめるスポットをドライブし…
  4. 記事

    出張も観光もおまかせ!名古屋市中村区安く駐められる駐車場をご紹介!
  5. 記事

    【世界初!】「PIAA」のヘッドライト用の融雪ヒーターが発売!
PAGE TOP