レクサスIS に5.0リットルV8搭載!…どうなるの?

   
 

「ディーラー」「接客マナー」「最高のサービス」に魅力があり、高級車として昨今の日本で大きく人気をのばしているのがレクサスです。
あまりの人気から「盗難されやすいクルマナンバーワン」という自動車にもなっています。
さて、そんなレクサスのISに5.0リットルV8搭載されました。さて、それにはどんな魅力があるのでしょうか?

5.0リットルV8?

魅力はどこに?

さて、まず最初に断っておくとこれは日本においての話ではありません。
レクサスは2月22日、北米市場専用車種として、レクサス『IS500 Fスポーツ・パフォーマンス』(Lexus IS 500 F Sport Performance)を発表しました。

これは従来の「Fスポーツ」より高い性能を備えた「Fスポーツ・パフォーマンス」ラインで、パワフルな5.0リットルV8エンジンをISシリーズとして新たに搭載、走りのエンシュージアスト向けになっています。

エンジンは、IS350に搭載されている3.5リットルV6を排気量と性能で上回ります。
自然吸気5.0リットルV8気筒の出力は7100rpmで472hp、ピークトルクは4800rpmで536Nmにもなっています。
ボンネットも従来のISと比べると盛り上がっています。

車重は1765kgで、IS350 Fスポーツより65kg程度の増加にとどめられました。
これだけの重量増加で済んだのは流石の技術力です。
1765kgもの車重で0-60mph(96.6km/h)加速は4.5秒をマークしながら、燃費はハイウェイモードのメーカー測定値で10.2リットル/kmとなっています。

レクサスの魅力は?

レクサスは日本においても最高級車というポジションです。
しかし、「街を走っている台数、意外と多いなぁ」と感じられるのではないでしょうか。
確かに、BMWやフォルクスワーゲンなどと比較するとよく見かけるかもしれません。

これはなぜでしょうか?
結論を先に言うと、レクサスという車自体が高品質であること、サービスや接客方法に定評があることが要因になっています。
レクサス独自の礼法である小笠原流礼法はサービスを受けていて心地よいものですし、それを抜きにしたとしてもレクサスオーナーズデスク、車検までの6回の定期点検が無料、消耗部品のオイルやワイパーなど一定期間無料、無料で洗車してくれるサービスなど自動車を安全に乗るためのサービスが非常に充実しており、たんに自動車だけが高いという訳ではないことをすべてのオーナーが実感できるようになっています。

また、外観内装ともにすべての世代において高評価を得ており、走行性能もしなやかでいくらでも走っていたくなるほどですので、人気がでない理由がありません。
もしあなたが自動車がお好きなら、将来的にレクサスも視野に入れてみるのはどうでしょうか?

自動車メンテナンスのおすすめは?

自動車の足回りを安全で快適なものにしたいのであれば、CarZoot社の『ブレーキダスト完全除去クリーナー』がおすすめです。

プロが実店舗で使用しているブレーキダストを完全に除去するホイールクリーナーです。
他の市販製品とこの商品のダスト除去力の差は、実際に使用してみると即座に実感することができるほどの大きさです。
CarZootのカーケア商品は洗車専門店で実際に施工メニューとして使われているケミカルです。

また、除去力の違いだけでなく、ノーコンパウンドなのであなたの愛車のホイールを傷つけるこなくブレーキダストおよび鉄粉を除去することができるのも大きなストロングポイントでしょう。
「愛車を大切にしているけれど、メンテナンスに不慣れで愛車を逆に傷つけてしまった!」
この商品はそんなありがちな悲劇を起こさないのです。
ぜひ手に取ってその性能を実感してみてください。

vwのゴルフRヴァリアントの 最新型が凄い!前のページ

青色LEDを使ったワイヤレス給電開発?次のページ

関連記事

  1. 記事

    上海モーターショー2021でEVオープンスポーツMGサイバースターを提案!

    MGが上海モーターショー2021でEVオープンスポーツMGサイバース…

  2. 記事

    【農業が盛んな横浜市泉区】        お得で使いやすい月極駐車場を詳しく紹介

    横浜市で最も農業が盛んな地域それが泉区です。最近では農地が広い特徴を…

  3. デザイナーB

    三菱ふそうトラック・バスのこれまでの歩みとこれからの展望 ~現役社長もご紹介!~

    三菱ふそうトラック・バスは現在、ドイツ・ダイムラーの子会社です。一時…

  4. 記事

    4つの悪夢が織り成すオムニバス・ホラー映画【デビルゾーン】

    コロナウイルス蔓延に伴い日本国内でも緊急事態宣言が出されました。自粛…

  5. 記事

    日本のタイヤメーカーの金字塔!「住友ゴム工業」が持っているヨーロッパ大注目のタイヤを紹介!

    住友ゴム工業の傘下であるファルケンが今ヨーロッパで大注目され…

  6. 記事

    トミカから「マツダ・CX-5河川パトロールカー」が発売!トミカはいくら?実車はいくら?

    クルマ好きの男の子に大人気のトミカ。高級スポーツカーから庶民的なコン…

新着記事の一覧

  1. タイヤのスキール音について徹底解説!スキール音は放置するとか…
  2. 車の正しい年式とは?愛車の年式をきちんと把握しておこう!中古…
  3. 車のデッドニングは効果的?内容や特徴を徹底紹介!
  4. 車のグローブボックスって何?愛車のメンテナンス時には外して作…
  5. 車のスロットルボディとは一体何?メンテナンスが絶対に必要なの…
  1. 記事

    東京を車で満喫しよう!シン・エヴァンゲリオン劇場版 公開記念イベント期を5月31…
  2. 記事

    福井県でおすすめの道の駅!駐車場規模もご紹介!
  3. 記事

    航空機だけじゃなかった!車でも発生するエコノミークラス症候群を徹底調査!
  4. 記事

    【鳥取版 2021年的お花見】クルマから見る桜を愛でよう!
  5. 記事

    日産が体温体調管理システムの使用を無償許諾!体調管理をより正確に把握できるように…
PAGE TOP