ルーフボックスはカーポートに吊るして保管しよう! 

   
 

オートキャンプや車内の物を収納するためにルーフボックスを利用している人も多いでしょう。一気に数百リットルもの収納スペースを車内収納以外に手に入れることができるので、大変便利です。しかしルーフボックスは使わないときの保管場所に困りますよね。そこで、ルーフボックスの収納法を紹介します。

便利なルーフボックスにもデメリットがある!

荷物の積載量を増やしてくれるため、メリットの多いルーフボックスですが、車に設置していることでのデメリットもいくつかあります。
例えば、
・ルーフボックス分車高が高くなってしまい、立体駐車場の許容車高を超えてしまう。
・車の重さや空気抵抗が増えてしまい、燃費が悪くなる。
・シャープな見た目が気に入って購入した車でも、ルーフボックス設置することでゴツい印象になってしまう。
・ルーフボックスを車に設置したまま常に外で駐車していると、日光や雨風に晒され劣化していくため、塗装の塗り直しなどの手入れの手間がかかってしまう。

キャンプのシーズンオフや利用していない時には、車から外して保管しておくことが望ましいでしょう。
ただ付け外しが面倒だったり、外した後に保管するスペースがないため、車に設置したままになっている人も多いでしょう。
では、外したルーフボックスをどのように保管するのが良いでしょうか。

ルーフボックスをカーポートに吊るす!?

上記の理由から、必要のない時に外して家で保管しようと思った場合にも、ルーフボックスは、車に設置しているとき以上に大きく感じます。
そのため保管場所の問題に頭を悩ます人も多いしょう。
そこで、カーポートが自宅にある人は、カーポートの屋根からルーフボックスを吊るすという収納方法を検討してみてはいかがでしょうか。
カーポートの天井裏スペースを有効活用することで、生活スペースを割いたり、わざわざルーフボックスの保管用に倉庫を借りる必要もありません。

ルーフボックス用リフト

ルーフボックスをカーポートの屋根から吊るす際に使用する用品の代表は、「THULE(スーリー)」というスウェーデンのブランドのものがあります。Amazonなどネットから購入が可能で、世界中から口コミで人気があります。
ルーフボックス用リフト価格の相場は、24,750~70,176円となっています。
汎用性のあるリフトはこちら

THULE スーリー マルチリフト572 ルーフボックス保管用 カーゴ用アクセサリー TH572

リフト使用に際しての注意

ルーフボックスを吊り下げる際、ぶら下げる側の重量には十分注意してください。
ルーフボックスが空であれば大した重さにはなりませんが、中身が入ったままだと結構な重さになってしまいます。そのため、リフトの耐荷重を超えてしまうと、リフトが落ちてしまい、最悪の場合、車を傷つけてしまいます。また、落下の衝撃に耐え切れずルーフボックス自体も破損してしまうことがあります。さらに、台風など非常に強い風により、思わぬ力を受けてリフトが破損してしまう可能性があります。
カーポートに風避けがついているなら心配はいりませんが、横からの強風対策等も必要になることがあります。また、リフトで吊るす際にルーフボックスを傷つけてしまう可能性もありますので、カバーをかけて傷や汚れからルーフボックスを守りましょう。

ルーフボックスの収納方法を確立しておくことで、ルーフボックスを利用するときも、利用しないときも場所を確保することができます。
しっかりと保管することで、ルーフボックスを劣化から守り、長持ちさせることができます。リフトの設置に関しては、最近ではDIYで設置している人も多いので、ネットで実際にルーフボックスの吊り下げ保管を行った人の画像を検索し、自宅での収納方法の参考にしてみても良いでしょう。

avatar
本日のおすすめはこちら

熊本県にあるお得なタイヤ専門店をご紹介!前のページ

【お得情報!】奈良県で窓ガラスのコーティングにおすすめの3店紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    ”オートバックスガイズ”とは 模範整備士への道

    カー用品店業界で売上高とシェアのランキングで圧倒的首位(2020年現…

  2. 記事

    【車で行ける?】山梨県にあるホタルの名所はどこ?厳選して紹介!

    梅雨の時期から夏にかけてみられる幻想的な光を放つホタル。雨上がりの夜…

  3. 記事

    江戸の雰囲気を楽しもう!旧浜離宮庭園の特徴と駐車場情報をご紹介!

    庭園を楽しもうと思っている方も多いと思います。近隣の駐車場に車を停め…

  4. 記事

    クリーンエネルギー車を対象に補助金制度が開始?再エネEVは最大2倍の補助金も!

    2050年までに、温室効果ガス“0“を目指して国や企業でさまざまな取…

  5. 記事

    トヨタでおすすめな車種を徹底解説!~2020年度版

    ”トヨタ”といえば、日本が世界に誇る自動車メーカーです。トヨタの車は…

  6. 記事

    2021年世界ラリー選手権に勝田貴元が出場決定!

    TOYOTA GAZOO Racingの若手「勝田貴元」が世界ラリー…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    カーシートカバーやエアバッグが主力!松屋アールアンドディについて詳しく解説!
  2. 記事

    天女が降り立ったとされる地もある静岡県のスポット
  3. 記事

    千葉県で釣り人におすすめ!車で行ける釣りスポットをいくつか紹介!
  4. 記事

    ルノー・カングー、フランス郵便車をモチーフにした限定車「ラ・ポスト」を発売
  5. 未分類

    おすすめのカーテンはどれ?人気のカー用品を3選してご紹介!
PAGE TOP