ルノーのおすすめの車ってどんなものがある? 2020年度版 

   
 

ルノーのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年度版      

ルノーが発表した最新型のモデルは、2020年になってから、多くの人達の注目を集めています。

とても個性的な車が魅力のルノーです。

今回は、そんなルノーの中でもおすすめしたいモデルにフォーカスして、紹介していくことにしまう。

人気の高いカングー

カングーは、日本のルノーファンの中でも、かなり人気の高いある車です。

バッゲージルームが広くて、とても使い勝手が良く、機能性も充実しています。

特に初代モデルから、すでにABSを標準搭載、エアバッグ4シート装備と高い衝突安全性能を誇っています。

数年前にリリースされた新型のカングーは、4人が乗車しても、荷物をたっぷりと載せることができるようになっています。

これは車体が大型になったことで、実現できたことなのですが、装備の充実化がしっかりと実現できています。

エンジンは、1.6Lエンジンと、その後のマイナーチェンジで1.2Lターボエンジンのモデルがリリースされています。

マイナーチェンジモデルでは、広い室内空間を維持しつつ、トルクが高くなっている点が注目ポイントでしょう。

使い勝手が大変良く、走りもスムーズに加速してくれて、走る楽しみもさらに増しています。

カングーのスペック

カングーの車体諸元は、次の通りです。

・全長×全幅×全高(mm):4,280×1,830×1,810

・エンジン:ターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ

・総排気量:1,197cc

・最高出力(EEC):84kW(115ps*1)/4,500rpm

・最大トルク(EEC):190N・m(19.4kgm*1)/1,750rpm

・トランスミッション:電子制御6速AT(6EDC)

・燃料:無鉛プレミアムガソリン

・燃料供給装置:電子制御式マルチポイントインジェクション

・エンジン型式:H5F

・燃費:14.70km/L ( 1,197~1,598 cc)

・新車価格:179万円 ~ 215万円

トゥインゴ

次のおすすめ車は、トゥインゴです。

このトゥインゴは、Aセグメントというヨーロッパでも最小クラスの分野で、2位のシェアを持っている車ですが、日本でも輸入車マーケットの中でも高い人気を誇っています。

日本の輸入車市場では、ドイツ車に人気が偏っていますが、小型車のカテゴリーの中で、2位という位置をキープしていることには目を見張ります。

トゥインゴは内外装のクオリティが高く、細かな利便性も人気の理由です。

エクステリアは、前後ランプにルノー車の共通デザイン・CシェイプがLEDで込まれています。

前後のバンパーも高級感があります。

ちょっとした点では、ガラステールゲートのオープナースイッチがリヤワイパーの支点部分の隠しボタンになっていたりして、旧モデルと比べて、操作性が向上し、手の汚れ防止というように細かな配慮がなされています。

インテリアは、新モデルから7インチのカラー液晶タッチパネルをインパネの中心に据えて、シフトレバー前方からリアシート足元までの大きなセンターコンソールが設けられています。

このようなデザインも、トゥインゴの高級感になっているのです。

トゥインゴのスペック

トゥインゴの主な諸元は次の通りです。

・ハンドル:右

・全長×全幅×全高(mm):3,645×1,650×1,545

・エンジン:ターボチャージャー付 直列3気筒DOHC12バルブ

・総排気量:897:cc

・最高出力(ECE):68kW(92ps*1)/5,500rpm

・最大トルク(ECE):135N・m(13.8kgm*1)/2,500rpm

・トランスミッション:電子制御6速AT(6EDC)

・燃料:無鉛プレミアムガソリン

・燃料供給装置:電子制御式マルチポイントインジェクション

・エンジン型式:H4B

・燃料消費率 WLTC モード(国土交通省審査値)*2 *3 16.8km/L

〈市街地モード(WLTC-L)12.2km/L、郊外モード(WLTC-M)17.6km/L、高速道路モード(WLTC-H)19.5km/L〉

・タイヤ:前 165/65R15、後 185/60R15

ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク/後 ドラム

・車両重量:1,020kg

・乗車定員:4人

・新車価格:141.9万円~261.9万円

 ルーテシア

最後に紹介するのは、ルーテシアです。

ルーテシアは、フランスで最も人気のある車の1つと言っても過言ではありません。

ルーテシアのコンセプトも大変ユニークで、「恋に落ちるクルマ」というものです。

こんなテーマから作られたルーテシアは、優美なフォルムと乗る人の感性をくすぐるインテリアが魅力的です。

未来的なフルLEDヘッドランプやワイドなインパクトを与えるフロントバンパーも印象的ですが、ホイールデザインもスポーティな走りを醸し出しています。

ルーテシアのスペック

・ハンドル:右

・全長×全幅×全高(mm):4,095×1,750×1,445

・エンジン:ターボチャージャー付筒内直接噴射直列4気筒DOHC16バルブ

・総排気量:1.197cc

・最高出力(EEC):87kW(118ps*1)/5,000rpm

・最大トルク(EEC):205N・m(20.9kgm*1)/2,000rpm

・トランスミッション:6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)

・燃料:無鉛プレミアムガソリン

・燃料供給装置:電子制御式マルチポイントインジェクション

・エンジン型式:H5F

・燃料消費率(国土交通省審査値)JC08モード :17.4 km/L

・タイヤ:前・後 205/45R17

・ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク/後 ドラム

・車両重量:1,220kg

・乗車定員:5

・新車価格:181.5万円~381.3万円

おすすめ商品:[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】

施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート「育艶-IKUTSUYA」

真新しい車は、いつまでもピカピカにしておきたいものです。

そんな時に必須アイテムが『育艶-IKUTSUYA』 です。

Amazonでは価格:2,980円で販売されていますが、とてもリーズナブルなお手頃価格で購入できます。

「育艶-IKUTSUYA」の特徴が次の通り。

・新感覚の愛車をピカピカにしてくれるコーティング剤です。

メンテナンスするたびに艶を重ねてボディが美しく輝かせることができます。

くコーティング剤です。

・ショールームでも採用されるほどのプロ仕様の高い光沢と艶を作り出します。

・メンテナンス方法は簡単で洗車の後に塗り込むだけで、短時間で艶と光沢を出すことができます。

「育艶-IKUTSUYA」でしっかりと車をきれいにして、快適な大切な愛車の輝きを失わないようにし

和歌山県から引っ越しにおすすめのレンターカーショップを4選紹介!前のページ

コロナに負けない!徳島県の車で行けるインスタ映えスポットを5選紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ランボルギーニが芝浦にオープンした芝ショールームとは一体どんなところなのか?解説!

    イタリアのスーパーカーメーカーと言えば「ランボルギーニ」が有名です。…

  2. 記事

    【知っておこう】世界展開をはかるSUV風クラウンについて徹底解説

    「世界展開をはかるSUV風クラウンが気になる。」「SUVの魅…

  3. 記事

    真っ直ぐ走らない原因はステアリングセンターのズレ

    車を新車で買った場合はあまり馴染がないかもしれませんが、縁石に乗り上…

  4. 記事

    マイカーとエヴァンゲリオンのコラボ!上映記念にマイカーをカスタマイズ

    1995年にテレビアニメが放送されて以来、国内外にも多くのファンがい…

  5. デザイナーB

    危険運転による死亡事故も発生!2020年にあった印象的な危険運転のニュースをまとめて紹介

     自動車での事故は減ってきているとはいえ、未だに危険運転を行う人も少…

  6. 記事

    【2021年に発売!?】リマックのハイパーEVが最終空力性能確認テストを実施!その中身とは?

    近年ヨーロッパではEV車の開発が進んでいますが、ついにハイパーカーに…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    トラックコーティングを愛媛でお得に!
  2. 記事

    ホンダ・ゴールドウイングが2021年モデルを発表!DC限定で快適性や利便性向上?…
  3. 記事

    栃木県でお得にタイヤを取り付けるならこのお店がおすすめ!
  4. 記事

    運転シミュレーションのゲームで楽しむことってできる? そんなゲームを教えて!20…
  5. 記事

    島根県ドライブするならグルメ!景色!
PAGE TOP