リマックが1914馬力のEVハイパーカーを発表 先行量産を開始!

   
 

1914馬力の車ってどのくらいのパワーをイメージしますか?一般的な市販車では速い方に属するセダンやスポーツカーでも大体600馬力ということを考えると、その凄さが分かるのではないでしょうか。しかも電気自動車なんです。今回は2020年の年の瀬に発表されたEVハイパーカーについて紹介します。

C_Two

クロアチア, 分割, 山, 海岸, 風景, アーキテクチャ, 空, 市, 地中海の, ヨーロッパ, アドリア海

対象となる車は正式名称はConcept Two(コンセプトツー)で、通称はC_Two(シーツー)と呼ばれます。元々Concept Oneという電気自動車の後継モデルとして2019年に登場しました。現在2021年中での発売に先駆けてプリシリーズプロダクションがスタートしています。

リマックとは

リマック・アウトモビリはイタリアに隣接する東欧のクロアチアの自動車会社で、設立からまだ10年ちょっと、あのアメリカのテスラよりも若い新興メーカーです。電気自動車のみを開発、製造しており、2011年にドイツで開催されたモーターショーで時速100kmに2.8秒に達するEVを発表し、世界中で注目を浴びることとなりました。そのEVこそC_Twoの前身であるConcept Oneでした。

Concept Oneは改良型のConcept Sというモデルを経て、後継のC_Twoに繋がるわけですが、両者の間には決定的な環境の違いがあります。それは2018年にポルシェがリマックに15.5%を出資したことです。これによりリマックはC_Twoへの開発スピードを上げることができ、ポルシェにおいてもリマックの持つ電動技術のノウハウを手にすることとなりました。

スペックなど

  • 全長 4750mm
  • 全幅 1986mm
  • 全高 1208mm
  • ホイールベース 2745mm
  • ブレーキローター径 390mm(前後とも)
  • 重量 1950kg
  • 最大出力 1914hp
  • 最大トルク 234.5kgm
  • 最高速度 412km/h

単一カーボン構造によるフルカーボンファイバー製モノコックは接合されているカーボンルーフ部分を含めても200kg以下と軽量なところが特長で、ボディ前後部は、アルミ製の衝撃吸収構造となっています。内装においてもつや消しのカーボンファイバートリムパネルが採用されており、メーター機器なども含めたフルデジタルコックピットになっています。

そして4つの電気モーターを搭載したことで、世界でも最高レベルの0~96km/hまでの加速が1.85秒、0~300km/hまでの加速が11.6秒といった数値を実現しました。また、大容量120kWhのリチウムマンガンニッケルがNEDC計測モードによると1回の充電で最大650kmの航続を可能とし、250kWの急速出力チャージャーを利用すれば、80%の容量をおよそ30分で充電することができます。

おわりに

今回、ここに書ききれなかったスペックもいくつかあるほど、充実したプリプロダクション段階に入っていることが伺えました。新興メーカーならではの若さや勢い、スピード感のようなものも感じられます。世界限定で150台が発売されると言われており、11月にプロトタイプに試乗したF1年間チャンピオン経験もある元レーシングドライバーが購入を決めるなど完成に向けたC_Twoへの期待は高まるばかりです。

C_twco!?

CarZootタイヤ(Tire) ワックス(wax) コーティング剤(coating)、「タイヤ ワックス 艶出し クリーナー」は、タイヤ専用に配合された独自の高品質シリコンを主原料を使用してまるで新品の時のような美しい黒さ復元しつつ、劣化防ぐ保護成分が特長です。プロも実際に店舗や整備工場で使用している完全プロ仕様の商品となっています。施工方法は、タイヤを一度洗浄して乾燥後に塗り込むだけですので、お手軽です。

三菱e-エボリューションが2021年発売 電動版ランエボに前のページ

江戸川区でおすすめのセルフ洗車場3箇所をご紹介しましょう!次のページ

関連記事

  1. 記事

    真夜中の納涼ドライブ、2度と戻れない冥界への入り口 大菩薩峠in山梨県

    山梨県とえば富士山です。富士山の周りには富士五湖といわれる大きな湖が…

  2. 記事

    ヤマハ発動機「マリンジュエット」2021年モデルを発表!そのスペックとは?

    バイクを製造販売していることでも知られているヤマハ発動機ですが、水上…

  3. 記事

    こんな時代が来るとは!排ガスに含まれるCO2を燃料に再利用!?東芝や出光興産が事業化を検討中!

    環境の悪化は明らかであり、地球温暖化を実感する日々が続いています。毎…

  4. 記事

    伝統と新しさが融合した日産シーマハイブリッドの魅力に迫る!

    日産シーマと言えば日産の代表車種とも言えるセダンです。そんな日産シー…

  5. 記事

    トヨタグループがコロナの影響により三菱重工などの人員受け入れへ

    新型コロナウイルスの影響はすさまじく、武漢への恨み節どころではありま…

  6. 記事

    神奈川県にある2021年車で行ける桜の花見スポットをご紹介!  

    桜の季節がもうすぐやってきますが、今年は花見に出かけるのをどうしよう…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    ウェイストゲートバルブとブローオフバルブの違いって何? 
  2. 記事

    軽トラにピッタリのシートバックポケットって!?どんなメリットがあるのか解説!
  3. 記事

    WRCラリージャパン開催に向けて申し込み受け付中 12月5、6日開催
  4. 記事

    愛車のカスタマイズならオートパーツサンライズでパーツを買ってみよう!
  5. 記事

    ポール・W・S・アンダーソンがプロデュース!デス・レース3インフェルノ
PAGE TOP