リコージャパン、8000台の社用車をEV、PHVへと変更!グループ環境目標達成を目指した取り組み

   
 

リコーは、約8000台所有する社用車を、すべて電気自動車(EV)やPHVなどの環境に配慮したものへと切り替えます。

同社が掲げる、『2030年環境目標』達成を狙った取り組みで、これまでにも営業車としてEVを導入し、平日は営業車として、休日は近隣住民や観光客向けのカーシェアリングとして活用するなどの様々な取り組みを実施してきました。

今回の社用車切り替えも、『2030年環境目標』達成に向けた取り組みの一環です。切り替えは順次実施していきますが、まずは本社の役員と全国各地の支社長が使用するものから対応し、2025年には全ての切り替えが完了する予定です。

2030年環境目標について

2020年3月25日の発表にて、同社の2030年環境目標見直しが発表されました。大きな目標である、2030年の自社排出の温室効果ガス削減目標を2015年比で、従来の30%から63%削減に改定しています。

SBTイニシアチブについて

この改定の背景にはSBTイニシアチブがあります。SBTイニシアチブとは、企業の温室効果ガス削減目標が科学的な根拠と整合したものであることを認定する国際的なイニシアチブです。

日本で初めてSBTイニシアチブの認定を取得したリコーは、「地球温暖化による気温上昇を1.5℃に抑制すること」が議論されている世界の動向をいち早く察知し、従来目標から大幅に目標を改定、2030年までに63%の温室効果ガスを削減することを目標としました。

2050年には温室効果ガスゼロを目指す

自社排出の温室効果ガスを2030年には63%削減、2050年にはゼロにすることを目指しています。この環境目標を設定したと同時に、事業活動に使う電力をすべて再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的なイニシアチブRE100に、日本企業として初めて選出されています。

このように、環境問題には非常に力を入れて取り組んでいるのがリコーの特徴です。

リコーの業績について

2021年5月7日、株式会社リコーの2020年度連結業績が発表されました。結果をかいつまんで紹介すると、売上高が前年比16.3%減の1兆6820億円、営業損失が454億円の赤字となっています。

さすが従業員数1.8万人を抱える大企業、経営規模の大きさに圧倒されます。

赤字の理由

新型コロナウィルスの影響で、オフィス向けのデジタル複合機の販売が低調となったことが主要因です。テレワークの推進により、ペーパーレス化も推し進められて来ている昨今、デジタル複合機にとっては苦戦を強いられることになるかもしれません。

2021年度は黒字回復の見込み

新型コロナウィルス感染拡大による活動制限の緩和や、ワクチン接種がすすんだことにより、国・地域による回復状況の濃淡は見られるものの、第1四半期、第2四半期以降に徐々に業績の回復が進んでいます。

発表された業績見通しでは、売上高が前年比13.6%増の1兆9100億円、営業利益が300億円、純利益が354億円と黒字回復を目指しています。

この見通しを立てた背景として、同社社長は、「事業成長、体質強化、新型コロナの終息による世界経済の回復により、増収増益を見込む」と示しています。

実際、2021年度からはカンパニー制を導入しており、企業体質改善に向けた取り組みが成されています。この取り組みが早期に実を結べば、2021年度内の黒字転換は可能性が見えてきますが、果たして。今後の動向から目が離せません。

ホイールコーティングの決定版

洗車後、ボディを入念にワックスがけしてピカピカの状態を保つ方は多いですが、案外おざなりになりがちなのがホイールです。ホイールは傷がつくものがから手入れをしないという方も多いのではないでしょうか。

せっかくボディワックスまでかけて仕上げているのに足元であるホイールを手入れしないのは勿体ないとしか言いようがありません。

そこで今回ご紹介したいのが、CarZoot社製のホイールコーティングである、ダストバリアーです。

ボディ用のガラスコーティングの流用ではなく、アルミホイールを保護するために開発された専用のコーティング剤です。汚れからホイールを守るだけでなく、気になる鉄粉がつきにくくなる優れもの。

ケアの方法も簡単で、同梱されている専用シャンプーを使ってホイールを洗浄した後に、コーティング剤を塗って拭き上げるだけ。これで約3年という驚異の持続期間を誇ります。

トヨタと熊本赤十字病院が共同開発、燃料電池ドクターカーと燃料電池を取り巻く環境について紹介します前のページ

プリウスにおすすめ!車中泊で使える便利アイテムを3つご紹介します次のページ

関連記事

  1. 記事

    2020年新型モデル!KENWOODのカーナビを詳しく紹介! 

    彩速ナビとして大人気の「KENWOOD(ケンウッド)」は2020年2…

  2. 記事

    100周年にあわせてモデル発表!?新型メルセデスマイバッハ『Sクラス』のV型12気筒エンジン搭載車を…

    メルセデス・マイバッハはブランド100周年を迎えるに当たり、新モデル…

  3. 記事

    洗車にオススメ!高圧洗浄機の選び方を解説

    洗車する際は、高圧洗浄機を使用するのがおすすめです。高圧洗浄機を使用…

  4. デザイナーB

    車内を流行りの冬色に!車内にピッタリなアイテムをご紹介します!

    ドライブをせっかくするなら、車内も流行りの色やアイテムで揃えるのも人…

  5. 記事

    車に乗ったままで決済できる?便利なETCXサービスを詳しく知っておこう!

    今やETCは高速道路でだけ使える技術ではないことを、ご存じでしょうか…

  6. 記事

    鳥取県のタクシー会社の感染症対策に注目!安全にタクシーを利用できる!

    鳥取県には、感染症対策を徹底しているタクシー会社があります。新型コロ…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    光岡自動車のガリューはこんな車!~その詳細をご紹介~
  2. 記事

    車の内装専用クリーナーのおすすめは?人気のクリーナー3選!
  3. 記事

    新潟県では人気の飲食店が2021年にニューオープン!詳細情報を解説!
  4. 記事

    【福岡県で6人がケガ】逆走して多重衝突事故が発生!逆走した理由や逆走事故が多い原…
  5. 記事

    車がガス欠になったときの対処法!
PAGE TOP