カテゴリー
未分類

ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介

ランチアというイタリア生まれの自動車のブランドを知っていますか?現在は、フィアットグループの傘下に入っています。そこで、ランチアは日本で買えるのか、沿革と社長についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ランチア

1906年にイタリア・トリノを本拠地として設立された自動車メーカーです。ランチアは、創業時より高性能車、高品質車メーカーとして知られ、モノコックボディや独立式サスペンションなど、ライバルに先駆けて世界で初めて量産車に採用するなど、先進的な技術を積極的に採用したモデルを送り出してきたメーカーです。
しかし、1950年代に入ると、技術を重視しすぎた姿勢が経営を圧迫し、1969年にはフィアット傘下となってしまいます。
1970〜90年代にかけてはストラトスや、デルタインテグラーレで世界ラリー選手権を席巻。近年ではグループ内でのランチアの市販車は減少傾向だが、日本ではラリーイメージが強く、根強い人気がある。

ヴィンチェンツォ・ランチア

ランチアの設立者です。ヴィンチェンツォ・ランチアは、モータースポーツ好きで、裕福な缶詰スープ会社の家系に生まれたので、若い頃から車に接することができました。一時はフィアットの契約ドライバーとして活躍し、レーシングドライバーとしての才能を見せていました。その後、研究開発部門に就きましたが、1906年に自ら自動車メーカーを設立してオーナー兼技術統括責任者となるのです。

ジャンニ・ランチア

ヴィンチェンツォ・ランチアの子息で、ヴィンチェンツォ・ランチア死後、会社を継承しました。第二次世界大戦前にはアルファロメオの設計士を招聘し、世界初のV型6気筒エンジン、デフとギアボックスが一体化したトランスアクスルを持つ「アウレリア」を1951年に誕生させます。
また、スポーツカーをミッレミリア、タルガ・フローリオ、ル・マン24時間などに出場させ、1954年にはF1にも進出させました。

ランチアブランド縮小

2014年、クライスラーグループとフィアットが経営統合して新会社「FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)」が誕生し、同年中期経営計画で、ランチアブランドは今後イタリア国内でのみ専売されることが発表されました。そのため、イタリア以外でのランチア販売は終了し、イタリアでも車種削減が行われています。
日本では、1999年以降、正規の輸入販売は行われておらず、日本でのランチアブランドの販売は途絶えてしまっています。

ガラスコーティングするなら、CarZoot社のガラスコーティング剤!

車のガラスはどのようにメンテナンスしていますか。車のガラスが汚れたり傷が入ってしまうのは、避けたいですよね。車のガラスをきれいにキープしたいなら、コーティング剤がおすすめです。CarZoot社のガラスコーティング剤は、クオリティが高く、車の塗装を保護し、長い時間輝きを保ち続けてくれます。

CarZoot社のガラスコーティング剤
・初心者でも簡単
写真が付いたマニュアル完備で、初心者でも簡単に使用できます。ムラになりにくい製品で、初めてでも安心して使えます。
・手軽に使える
ガラスコーティングに必要なものが一式そろっているので、自宅で簡単に自分でお手入れできます。
・安心
安心の日本クオリティで、国内最高水準のガラスコーティング剤です。CarZootブランドは、専門家が実際に店舗で使用している商品なので、安心して利用できます。

CarZoot社のガラスコーティング剤は、初心者でも自宅で簡単に手軽に愛車のメンテナンスができます。車が好きで、できるだけ自分でお手入れしたい、車をいつもきれいにしておきたい人には、とてもおすすめの商品です。