ヨコハマタイヤのキャラクターの由来を徹底調査!今でも使用されているのか?

   
 

あなたはヨコハマタイヤが過去に使っていた「独特な顔のキャラクター」をご存知でしょうか?今回はそのヨコハマタイヤの顔のキャラクターについて、詳しく解説をしていきます。

ヨコハマタイヤのシンボルキャラクターの由来は?

ヨコハマタイヤのシンボルキャラクターはどうして誕生したのでしょうか?元々は、アメリカの企業であるB.F.グッドリッチが使っていたシンボルキャラクターなのです。ヨコハマタイヤはB.F.グッドリッチ社と資本提携にあり、同じキャラクターを使うようになっています。ちなみに、B.F.グッドリッチ社がこのキャラクターを使い始めたのは1957年ごろとされています。

キャラクターの名前は「スマイレージ」という名前で、「Smile(微笑)」と「Mileage(走行距離)」を合わせた造語で、意味は「笑顔で楽しく、どんどん走れるタイヤ」となっています。当時、ヨコハマタイヤのショップは「スマイルショップ」と呼ばれていて、スマイルショップを普及させるシンボルとして、スマイレージを使い始めたのです。

ヨコハマタイヤのシンボルキャラクターはいつから使われなくなったのか?

シンボルキャラクターである「スマイレージ」は1980年代の後半ごろから段々と影を潜めていきます。ヨコハマタイヤは、「高性能」「スポーツ向け」という位置づけでブランド戦略を開始しますが、その一環として「YOKOHAMA」の認知を拡大するべく、現在の「赤と黒のロゴ」を使うようになっていきます。

落ち着いた大人な雰囲気のロゴで、高級感を打ち出したかったのでしょう。ただし、ロゴの変更はあっても、「皆様に親しまれる、楽しいタイヤ作り」という、お客様目線の根幹は変わっていないのが、YOKOHAMAブランドの特徴です。

ヨコハマタイヤのシンボルキャラクターはもう使用不可なのか?

シンボルキャラクターである「マイレージ」自体は、もうヨコハマタイヤでは使ってはダメなのでしょうか?実はそんなことはありません。マイレージは、ツイッターやフェイスブックなどのSNS上では頻繁に使われていて、ヨコハマタイヤファンからは非常に慕われている存在なのです。

ちょっと気持ち悪いキャラですが、どこか憎めない、そんなかわいさもあるので、ついつい目を引いてしまうのが、スマイレージの特徴です。今後も、SNSを活用すれば、見ることが出来るでしょう。

CarZoot社のダストバリアで、きれいなホイールを維持してタイヤも輝かせよう

というわけで、今回はヨコハマタイヤのシンボルキャラクターである、「スマイレージ」について、詳しく解説してきました。スマイレージはアメリカ発祥で、1980年代の後半までは使われていたことがよく分かりました。あなたも、SNS上で見かけた際は、いいね!をしておきましょう。

もしあなたがヨコハマタイヤを今後使われるのであれば、CarZoot社のダストバリアを使って、ホイールをきれいな状態に保ってみられてはいかがでしょうか?こちらの商品は、アマゾンの新商品ランキングで1位になった事もある大人気商品になります。簡単に商品の特徴を見ていきましょう。

・プロが実際に工場で使っているホイールコーティング剤と同じ成分なので、プロ並みのコーティングが手に入る

・下地処理からホイールのコーティングまで、この商品があれば全ての工程が施工できる

・欧州車のホイールにこびりつくブレーキダストから完全にホイールを守ってくれる

・初心者でも簡単な工程をこなすだけで、ムラの無いきれいな施工が出来る

・こんなに高品質なホイールコーティング材が、たったの3,680円で買える

このように、素晴らしい内容の商品になります。もしあなたが、新しくタイヤを買い替えられるのであれば、このコーティング剤でホイールをきれいに保たれてはいかがでしょうか?

新宿駅付近でバスに乗るならバスタ新宿!でももっと穴場なバス停も沢山ある!前のページ

岡山県にあるトンネルがヤバい!トンネルマニアは絶対に行っておきたい名物トンネル!次のページ

関連記事

  1. 記事

    【凶悪犯罪防止】大阪府でカーセキュリティを設置できるお店はこちら!

    西日本の中心部、大阪では日々新たな犯罪が生まれています。全国の人口の…

  2. 記事

    【車の安全を考える】日産の設立した交通安全未来創造ラボとは

    「交通安全未来創造ラボについて詳しく知りたい。」「SNSで紹…

  3. 記事

    廃タイヤを利用したバッグが登場?価格や使い心地を徹底調査!

    車に乗り続ける上で、タイヤのメンテナンスは欠かせません。すり減ったタ…

  4. 記事

    トヨタ クルーガーⅤのストロングポイントはここだ!?

    中古車市場がこれから熱くなる!というのは各方面でまことしやかにささや…

  5. 記事

    【海上の貨物車のため】川崎重工が貨物格納設備を開発の2021年

    「川崎重工業が開発の貨物格納設備について詳しく知りたい。」「…

  6. 記事

    車のキーケースにも!自作でオシャレなキーケースを作ろう!

    2020年はおうち時間も増え、自宅で楽しめるハンドメイドにチャレンジ…

新着記事の一覧

  1. バイパスとは何?今さら聞けないバイパスについて詳しくご紹介!…
  2. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  3. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  4. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  5. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  1. 記事

    トヨタグループのグローバル生産台数が3ヶ月連続プラスで過去最高記録!他の自動車メ…
  2. 記事

    意識しすぎない30代のドライブファッション
  3. 記事

    日産、新型「アリア」を「北京モーターショー2020」で海外初公開 2021年末ま…
  4. 記事

    ルネサス、火災の影響力はいつまで続く?
  5. 記事

    【2021年最新版】ドイツにある交通をテーマにしたテーマパークを紹介
PAGE TOP