ヤリスvsジャズvsHonda-eの三巴の闘いに!2021 Urban Car of the Yearの選考結果発表は4/20

   
 

World Car of the Year(WCOTY)は、『2021 World Urban Car of the Year』のファイナリスト3車種をアナウンスしました。なんとファイナリスト3車種すべてが日本車という経過となっており、日本車の都市への適応度の高さが証明されています。

WCOTYについて

日本国内で知名度が高い賞といえば、『日本カーオブザイヤー』があります。WCOTYはそれのワールドワイド版として君臨しています。新車にとってのワールドカップと言っても差し支えありません。

WCOTYの発足

2004年に団体が設立され、その年に世界各地域にて発売される新車を平等に評価するものとして位置づけられています。

2009年には組織名を『World Car Awards』に改名したものの、従来までの呼称であるWCOTYと呼び続けられています。公式Webサイトや海外ではしっかりと、『World Car Awards』と呼ばれているので、日本だけ特殊なのでしょうか。

表彰部門は5部門

WCOTYでは、表彰部門が5部門あります。『World Car of the Year』、『World Luxury Car』、『World Urban Car』、『World Performance Car』、『World Car Design of the Car』の5つです。

2021 WCOTYについて

World Car Design of the yearと、本年度のWCOTYについてまとめていますので、各部門のファイナリストは別記事を参照願います。

2021 World Urban Carの選考基準

どういった基準で選考されて日本車3車種が残っているのでしょうか。

公式Webサイトによると、

World Urban Car must be produced in volumes of at least 5,000 units/year and must be “on-sale” in at least two major markets (China, Europe, India, Japan, Korea, Latin America, USA) on at least two separate continents within the specified time period.

https://www.worldcarawards.com/web/eligible_vehicles.asp?cat=10

ということで、そのまま翻訳します。

”指定された期間内に少なくとも2つの大陸と、2つの主要市場にて、年間5000台以上が販売されている必要がある。”とのことです。国内では残念な結果となっているHonda-eですが、海外ではどの程度売れているのでしょうか。2020年9月時点でのHonda-eの欧州での販売実績は1578台となっており、先般記載した基準を本当に満たしているのかは正直怪しくはあります。

とはいえ、2020年末には欧州にてオートベスト賞を受賞しているので、周囲から一定の評価を受けていることは間違いありません。

ヤリスの日本での販売実績は目を見張るものがありますので、ノミネートには異論はありません。

フィット(欧州ではjazz)は、良くも悪くも他2車種と注目度が異なりますが、日常使いで十分すぎる性能であり、コストパフォーマンスにも優れていますので、どのような評価がくだされるのかが楽しみではあります。

この中からいずれかの車種が勝者として選ばれるわけですから、メーカー関係者にとっては眠れない日々が続きそうですね。結果は2021年4月20日発表ですので、継続して注目しておきましょう。

フロントガラスの撥水加工には

安全には備えすぎて損をするという概念はありません。雨天時も備えすぎると損をすることはないのは、ドライバーの皆様には周知の事実です。

特に視野範囲の確保は死活問題であり、いかに効果的に撥水するかということは重要な問題です。

そこで今回ご紹介したいのが、CarZoot社の撥水コーティング剤です。なぜおすすめかというと、強力な撥水力は言うまでもないのですが、その耐久性です。通常、撥水加工を施しても効果の持続期間は長くても3ヶ月程度ですが、こちらの商品は約1年という抜群の耐久性を誇ります。

撥水性と耐久性の優れた両面性から、プロが実店舗で採用しているコーティング剤となっており、効果の高さが伺えます。

オンロードで快適な走りを!需要高まるSUV向けに新タイヤが発売されました前のページ

三菱ふそうトラック・バス 2021年施工法規に合わせて小型トラック「キャンター」を改良!その法規とは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    秋に気をつけたい車のメンテナンスをご紹介!

    暑い夏が終わると、過ごしやすい秋になります。しかし、車にとっ…

  2. 記事

    【ガス欠を救う!】三重県下で深夜営業しているガソリンスタンドを紹介

    「三重県下で深夜営業しているガソリンスタンドについて詳しく知りたい。…

  3. 記事

    9月9日は救急の日!どんなことをするのか徹底調査!

    9月9日は救急の日です。今回はその救急の日にちなんで、救急の日とは一…

  4. 記事

    東京都を車で回ろう!おすすめのロケ地をご紹介!

    日本の首都、東京。テレビ局などのメディアは東京に集中して存在します。…

  5. 記事

    業界初!ドラレコ型保険に割引制度を導入 三井住友海上

    三井住友海上は専用ドライブレコーダー付き自動車保険の「見守るクルマの…

  6. 記事

    NAエンジンって何?分かりやすく紹介

    NAエンジンについて聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなエンジ…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    元トヨタ社長山本幸助氏が死去。どんな功績を残したのか紹介
  2. 記事

    危険な場面でも安心‼︎KENWOODのおすすめカーナビ2021モデルを詳しく解説…
  3. 記事

    熊本県周辺のおすすめカーシェアリングサービスをまとめてみた!
  4. 記事

    愛犬とドライブを楽しもう!岐阜県で一緒に行けるドッグランを2選紹介!
  5. 記事

    【福島県でトレッキング!】紅葉が有名な山をご紹介いたします
PAGE TOP