ヤマハ発の名車「SR400」43年の歴史に幕

   
 

日本の名車がまた一つその歴史に幕を閉じることになりました。今回その歴史を終えることになったのは、オートバイの製造をメインに手掛けているヤマハ発電機が生産していた「SR400」です。

ヤマハのSRと言えば販売当初から大きく変更の無い受け継がれていくスタイルが人気で、全ての世代に愛されていました。そのため各方面から惜しむ声が上がっております。

そこで今回はそんば名車「SR400」の歴史を見ながら、2021年3月15日に発売が決まっている「SR400ファイナルエディション」と「SR400ファイナルエディション リミテッド」についてご紹介します。

ヤマハのSRシリーズ

SR400の初代がデビューしたのはいまから40年以上も前の1978年の事でした。当時はまだ大型排気量のオンロードの単気筒モデルがなかった時代で、400ccクラスの空冷単気筒エンジンを採用したSR400はクラシックなネイキッドモデルも合わさって、斬新なことで話題を呼びました。

改良が続けられたクラシック

2010年以降にバイク界で盛り上がりを見せたのが「ネオクラシック」と呼ばれるジャンルで、今までに発売された名車の名を復刻したモデルや昔の時代を感じさせるモデルが世界中のメーカーから発売されました。これはファッション性やカスタムが手軽にできることから大きな話題になりました。

そんな時でもSR400はネオクラシックではなくリアルクラシックの立場からその流れを観ていました。リアルクラシックとは言っても43年前のまま生き残っているわけではありませんでした。

その時代や環境問題に合わせて少しづつ改良が続けられてきましたが、デザインに大きな変更はなく空冷単気筒をタンクインフレーム構造を搭載しキックで始動する方法も続けていました。

ロングセラーのバイクですが何度も生産中止の危機があったのも事実で、少しの間ですがラインナップから外された時期もありました。しかしユーザーは勿論ショップからの後押しもあり復活、ヤマハの社内でも「ヤマハからSRは消してはいけない」と強く思う気持ちがありました。

ファイナル

そんな全ての人に愛されていたSRでしたが、最後を意味する「ファイナル」が使用されたタイトルが発表され、ヤマハの公式発表でも生産終了で復活はないと表明しました。

そして最後の名を着けられては発売される「SR400 ファイナルエディション」と1000台限定で発売される「SR400 ファイナルエディション リミテッド」は、それぞれ従来通りのスペックですが、外装や塗装パーツに違いが見られます。

・SR400 ファイナルエディション

シンプルなダークグレーとした見やすいブルーの2色で歴代モデルを連想させてくれるデザインになっており、価格は60万5000円となっています。

・SR400 ファイナルエディション リミテッド

歴代モデルでも一番愛されてきたブラックのカラーを採用しており、燃料タンクには職人の手作業で一つ一つサンバースト塗装が施されます。その他には真鍮の音叉エンブレムやシリアルナンバー入りの電鋳エンブレム、本革調シート、新色のアルマイトホイールリム、そしてメーター文字盤に「Final Edition」と記されています。限定1000台生産され価格は74万8000円となっています。

まとめ

今回の生産終了の背景には令和2年の排気ガス規制の影響がありました。この課題をクリアするための開発も人的余裕もありませんでした。環境問題は無視できませんが、それにより愛され続けたモデルが消えるのはやはり寂しいものがあります。購入を迷っている人は早めのオーダーをするのが良いでしょう。

レーザーシートクリナー

CarZoot社のレザーシートクリナーはプロも実際の店で使用しており、他社の製品との違いは汚れを落とす力もですが、革にダメージを与える成分が入っていない点です。是非大切な車のお手入れにはCarZoot社のレザーシートクリナーをご利用ください。

バイデンシフトによる車業界の変化前のページ

ダイハツがHV参入へ遅れを取り戻せるか次のページ

関連記事

  1. 記事

    業務用ドライブレーダーを多数製造!株式会社デルタのおすすめドラレコをご紹介!

    業務用ドライレコーダーを探してませんか?そんな方にチェックしてほしい…

  2. 記事

    フォルクスワーゲンでは2021年この車をおすすめします!新車もあるのか?

    あなたは2021年にどんな車に乗ろうと考えられているでしょうか?実は…

  3. 記事

    15年の時を経て命名されたホンダ・フィットシャトル・ハイブリッド

    ホンダ独自の燃料タンク搭載法を採用したフィットシャトル。ホンダ・エァ…

  4. 記事

    【ドラレコアプリ】前後カメラ対応「まもリスDrive」とは?

    近年、あおり運転などのクルマに関するトラブルが世間を騒がせています。…

  5. 記事

    トヨタの新車装着用と後付け用の「アクセル時加速抑制」新システムについて徹底解説!

    ペダルの踏み間違え事故は多発しているので、安全に走行できる車が求めら…

  6. 記事

    オーストリアのパトカーってどんなパトカー、警察の制度についても詳しく紹介

    日本のパトカーと言えば白と黒の車で、重厚なイメージを持つ方が多いと思…

新着記事の一覧

  1. 【2021年版】新潟県警が行う交通イベントをご紹介!オレンジ…
  2. 【2021年版】神奈川県で行われている交通イベントをご紹介!…
  3. 【2021年版】東京都の交通イベント!高齢者向け講習・シュミ…
  4. 【2021年】千葉県の交通イベントの取り組みをご紹介!キラリ…
  5. 【2021年版】埼玉県で行われる警察による交通イベントをご紹…
  1. 記事

    富山県で大人気の植物園を探そう!インスタ映え写真も撮れるおすすめポイント!
  2. デザイナーB

    経営破綻したTVRがル・マン復帰 混乱と再建劇
  3. 記事

    2020年度最新版!ランチアの車種を徹底解説!! 希少な車種が盛りだくさん!
  4. 記事

    国内の移動は乗り合いタクシー!アフリカ大陸1小さい国『ガンビア』
  5. 未分類

    2021年春夏編!マセラティのおすすめ車種をご紹介!
PAGE TOP