メルセデスベンツの最新EVはEQT!どんな魅力があるのか解説します!

   
 

あなたはメルセデスベンツがコンセプトカーを5月10日に発表することをご存知でしょうか?その名も「EQT」です。今回の記事では、メルセデスベンツの新しいコンセプトカーEQTとはどんな車なのか?今後、ベンツはどうなっていくのか?などについて詳しく解説していきます。

メルセデスベンツのEQシリーズとは一体何?

メルセデスベンツのEQシリーズとは、ベンツが初めて作った電気自動車のシリーズです。EQシリーズからは現在、スポーツタイプ、クーペタイプ、SUVタイプが販売されています。モーターを2台前後に搭載しているので、アクセルを踏み込んだ直後からのレスポンスが非常にいいのが特徴。

もちろん、電気自動車ならではの静穏性も実現しているので、快適なドライブを楽しめるシリーズです。さらに、13時間で満タンになる普通充電システムと、30分で120kmが走行できるようになる高速充電システムを採用しているのがポイントでしょう。

走りやすくて、ラグジュアリー感もあり、充電もスムーズに行いやすいのが、ベンツのEQシリーズなのです。

メルセデスベンツが新しく発表した「EQT」とは?

そして、メルセデスベンツはそのEQシリーズに新たに「EQT」というラインナップを追加しました。現状ではコンセプトカーの扱いですが、間違いなく最新のシリーズとして量産体制が取られるでしょう。メルセデスベンツの特徴と言えば「高級車」です。そのため、ボディサイズもある程度大きく揺れに強く頑丈なボディを維持していました。

しかし、今回発表されたEQTは小型のミニバンという位置づけの車種です。比較的大型の車種ばかり作ってきたメルセデスからするとかなり異例の自動車とも言えるでしょう。

とはいえ、広い室内空間、多彩なシートアレンジ、高水準の快適性、コネクティビティ、安全性、そしてメルセデスベンツのデザイン哲学なども十分に盛り込まれた車両になることは間違いありません。

電気自動車にこだわると、ボディサイズを小さく収めた方が走行面で有利になります。そのため、コンパクトなタイプから大型の高級車まで、一通りそろえる為にも、EQTを発表したのだと言われています。

EQTは正式なシリーズとされていませんが、TシリーズをあらたなEQのラインナップに加えたい想いをひしひしと感じることが出来ます。

ヨーロッパの自動車メーカーはPHVに力を入れている

ところで、ヨーロッパの自動車メーカーは先にPHVを普及させようと考えています。電気自動車は製造するとかなり高額になってしまったり、あまり走行距離を維持できないため、広く普及させるにはまだまだ時間がかかると見られています。

そこで先にPHVを普及させ、そこから電気自動車へシフトさせていくのが、ヨーロッパ諸国の考え方の様です。

ヨーロッパは電動化、日本は燃料電池車が普及?

ヨーロッパはこのまま、電気自動車の普及に進んでいくでしょうが、日本では逆に水素を燃料にした「燃料電池車」が並行して普及していくのではないかと見られています。日本の電力の大部分は火力発電に頼っているため、電気自動車を単純に普及させても、二酸化炭素の排出量をうまく抑えることが出来ません。

そのため、未来のエネルギーである「水素」を巧く活用して、カーボンニュートラル実現を目指していくと思われます。

まとめ

というわけで、今回はメルセデスベンツが発表した「EQT」というコンセプトカーについて詳しく解説してきました。ベンツにしては珍しいコンパクトな車ですが、かなり需要はあるのではないでしょうか?今回は正式な量産カーとして普及されないのかもしれませんが、今後大きく状況はかわり、新たなベンツのラインナップに加わってくれることでしょう。

朝倉未来の最新愛車はベントレーベンテイガ!話題のYouTubeも紹介!前のページ

ROJAMが新発売したアルマイトカラーのカーパーツが大人気!商品内容を徹底紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    TVに取り上げられた駄菓子屋がある!車で寄れる駄菓子屋さんに行ってみませんか?~In 山形~

     駄菓子屋をご存じでしょうか? 今でこそあまり知られていない…

  2. 記事

    旬のタケノコを食べよう!佐賀県内を車で行く!タケノコ採りのおすすめスポットを紹介します!

    春先の美味しい食べ物の一つとして、タケノコを思い出さないでしょうか?…

  3. 記事

    コロナが収束したら行きたい!ジブラルタルのドライブで楽しめる観光スポットは?

    2021年になっても、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で海外旅行へ…

  4. 記事

    セルフ洗車場の利用方法と大阪市都島区の洗車場を紹介

    この記事では大阪市都島区でおすすめのセルフで洗車を行える洗車場をご紹…

  5. 記事

    コロナの今だからこそ行きたいキャンプ!キャンプ好きから人気沸騰中のテントカーについて解説!

    コロナウイルスの影響でキャンピングカー人気が高まっています。…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    埼玉県で交通事故に!どの弁護士や弁護士事所に相談すればいいの? 裁判に強い弁護士…
  2. 記事

    【2021】車の県営駐車場の料金徴収者が約3,400万円を県に納めず!和歌山県
  3. 記事

    ANAの社員がトヨタに出向へ!その理由は?
  4. 未分類

    初心者でもガラスコーティングは出来るの?
  5. 記事

    かつてホンダのフラッグシップだった「アコード」今の実力は見合ったものなのか?
PAGE TOP