メルセデスベンツの新たな試み!燃料電池で走る次世代トラックとは?

   
 

現在世界中から注目が集まっているのが燃料電池ですが、この度メルセデスベンツでは燃料電池によって走行が可能なトラックの生産を実現することを発表しました。この記事では、メルセデスベンツが開発を進める燃料電池トラックと、燃料電池のメリットをまとめています。

メルセデスベンツの燃料電池トラック

まずはメルセデスベンツが燃料電池トラックとして発表したGen H2をご紹介していきます。メルセデスベンツでは完全EVのトラックも開発途中にありますが、今回ご紹介する電池燃料トラックは水素燃料電池によって走行します。Gen H2の特徴としては、水素燃料電池と2つのタンクを搭載している点が挙げられます。これにより満タンに燃料が入った状態で約1,000km以上の航続距離が実現します。

また、メルセデスベンツが開発を進める燃料電池トラックは、気体水素ではなく液体水素を採用しています。液体水素はエネルギーの密度が高いことから、これまでのディーゼルエンジントラックと同じくらいのパワーを発揮できると言われています。重い荷物を運ぶ機会が多いトラックにとって、パワー面は重視すべき点です。Gen H2の車両総重量は40トン程度、25トンほどの積載量が見込めます。

Gen H2は2023年に顧客試験が行われる予定だそうです。水素燃料電池については、水素ステーションの不足等まだまだ課題が残っています。しかし、そんな中でもメルセデスベンツでは、2023年の顧客試験に向けて着実に開発が進められていくでしょう。

燃料電池トラックのメリット

燃料電池の開発が世界的に進められていますが、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?燃料電池のメリットを以下にまとめました。

ゼロエミッションの実現

燃料電池を導入することでゼロエミッションが実現するのが第一のメリットと言えるでしょう。現在主流となっているディーゼルエンジンのトラックは、環境を汚染する有害物質を排出することが問題視されています。その点燃料電池トラックは、水素と酸素を化学反応させることで動力を発生させているため、排出されるのは水のみです。環境汚染問題が懸念されていることから、今後燃料電池トラックが活躍していくのではないでしょうか。

航続距離の長さと充電

また、電気自動車と違って長い充電時間を要しないこと、大容量の蓄電池を積載する必要がないことも燃料電池トラックのメリットとして挙げられます。燃料電池は電気自動車に比べて航続可能距離も長いため、長距離走行するトラックにとっては多くのメリットがあると言えるでしょう。

ドライバーの乗り心地が向上

ディーゼルエンジンのトラックは走行音が大きく、乗り心地も決して良いものではありません。しかし、燃料電池トラックはディーゼルエンジントラックよりも走行音が小さく乗り心地も安定しています。そのため、燃料電池トラックはトラックドライバーにとってもメリットがあります。

長距離走行が多いトラックにおすすめ!RainCut-Fu-

天候に関係なく長距離走行が余儀なくされるトラックのメンテナンスとしてぜひおすすめしたいのが、CarZootRainCut-Fu-です。こちらの商品はフロントガラスに施工することで高い撥水効果を発揮します。トラックのフロントガラスに施工するとなると簡単ではありませんが、充実のセット内容で施工に必要なアイテムがすべて揃っているのは嬉しいポイントです。

耐久性にも優れており約1年効果が持続するため、年に1度のメンテナンスとしてCarZootのRainCut-Fu-をお試ししてみてはいかがでしょうか。

香川県でインスタ映えする植物園はここ!車で行けます!前のページ

2021年モデル受注開始!レンジローバースポーツの詳細について次のページ

関連記事

  1. 記事

    最新新車情報!フォードのブロンコが発売!

    アメリカの自動車メーカー「フォード」。2021年に伝説のRV車、ブロ…

  2. 記事

    プロ野球日本一!ソフトバンクの選手が乗っている高級車3選!2021

    プロ野球で4年連続で日本シリーズを制した、福岡ソフトバンクホークス。…

  3. 記事

    スタジアム周辺でお得な駐車場を紹介!~湘南ベルマーレ~

    湘南ベルマーレの本拠地周辺に車で行きたいのだが車をどこに停めたらいい…

  4. 記事

    富士スバルが群馬県に車両寄付した5台のスバル車はどんなクルマなのか?

    群馬県に10店舗を構える富士スバルは、群馬県に5台のスバル車を寄贈し…

  5. 記事

    【車の安全をドリルで!】2021年うんこドリルとトヨタで安全運転を啓蒙する活動へ

    「うんこ交通安全ドリルについて詳しく知りたい。」「うんこ漢字…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    緩まないベルトの構造が法令に違反となる4点式シートベルト
  2. 記事

    タイトルでびっくり?痴漢通勤バス
  3. デザイナーB

    モーガンのエンブレムの知られざるエンブレムの由来をご紹介します!
  4. 記事

    メルセデス・ベンツ、ベルリン・マリエンフェルデ工場での内燃機関の生産を終了…今後…
  5. 記事

    日本で見つけたら貴重な車!フォードのエコスポーツはどんな車?
PAGE TOP