マツダの新型CX-30にはe-SKYACTIVが搭載される!最新の電気自動車はこれだ!

   
 

この度、マツダ自動車は4月に行われた上海モーターショーで、最新の電気自動車CX-30を発表しました。今回の記事では、マツダの最新車種CX-30とはどんな車なのか?その魅力とは何なのか?などについて詳しく解説していきます。

e-SKYACTIVとは一体何?

e-SKYACTIVとはマツダが自社で独自開発した、電気自動車のプラットフォームになります。マツダの最新電気自動車MX-30 EVモデルで先行使用されたプラットフォームとなっていて、システムの内容については、モーター、バッテリーパック、インバーター、DC-DCコンバーターで構成。

その中でもインバーターに関しては、バッテリーからの直流電流を交流に変換してモーターを駆動し、DC-DCのコンバーターが電圧を降圧して自動車の12V補機に電力を供給する流れで駆動する仕組みとなっています。

MX-30 EVでは、新世代車両構造技術「SKYACTIV-ビークル アーキテクチャー」と「e-SKYACTIV」を並行して搭載しているため、今までの電気自動車よりもよりシームレスに走行できると話題になっています。

マツダが発表した最新EV「CX-30」の魅力とは?

今回発表された最新EVのCX-30ですが、内容に関してはほとんど明らかにされていません。ベースの車両となっているのはCX-30で、マツダの人気SUVですが、エクステリアデザインとしてはよりシャープな印象を与えるフロントマスクに変更されている程度で、殆ど旧来のCX-30と変化はなさそうです。

ただ、先行して発売しているMX-30 EVと同じパワートレインを採用していることから、かなり滑らかな走行性能を持っていることは間違いないでしょう。マツダとしても中国市場に初めて送り込む電気自動車なので、マツダの最新技術を結集した電気自動車になると見られています。

電気自動車はまず中国市場から盛上る

世界各国で電気自動車の技術開発は行われていますが、最も早くに普及するのは中国ではないかと見られています。中国は早々に新型コロナウイルス感染拡大の収束を発表し、経済活動の再開を行っています。中国国内の富裕層は活発に経済活動を行い始めているため、自動車メーカー各社はどんどん中国市場に電気自動車を送り込み始めています。

さらに、中国国内の中間所得者には「超小型の電気自動車」も人気で、既に3万台以上も売れる大人気車種になっています。電気自動車の売上ランキングでも第2位に入るほどの人気ぶりです。電気自動車が当たり前のように広がり始めると、それに合わせて充電スポットもこれまで以上に整備され始めます。

そうなってくると、今まで電気自動車の購入に及び腰だったユーザーたちもどんどん電気自動車を買うようになり、中国国内では、一気に電気自動車が普及していくことでしょう。高額だった車種も段々と値下がりしてくるかもしれません。

日本にも電気自動車の流れはやってくる?

電気自動車の流れは日本にもやってきますが、中国ほどのハイペースで広がることは無いかもしれません。ご存知のように日本の電気の殆どは火力発電で賄われています。再生可能エネルギーの比率がもっと高まっていかなければ、電気自動車を急速に増やすメリットがないのです。

ただし、その代わり、水素を燃料にした燃料電池車が段々と活用され始めるのではないか?という見方をする声も出始めています。

まとめ

というわけで、今回はマツダの最新電気自動車CX-30のEVモデルについて詳しく解説してきました。まだまだ全貌が明らかになっていないモデルですが、マツダの最新技術が搭載され、かつてないほどのシームレスな走行を楽しめるのではないかと見られています。

今後日本での発売もあるのかは発表されていませんが、最新の電気自動車をお探しであれば、選択肢の1つに入れてみてもいいかもしれません。今後の情報を待ちましょう。

Motorimodaと56designがコラボ!バイカーにはたまらない店が西武渋谷店に!前のページ

ホンダの新型ヴェゼルは「無限」のカーパーツでグレードアップするのがおすすめ!新商品をご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    大人でも楽しめる方法?車で行ける群馬県の動物園を紹介!

    この記事を見ている皆さんは日頃の仕事での疲労・学生生活の疲労をとるた…

  2. 記事

    マクラーレンがレッドブルのレーサーを故意に妨害⁉その真相は?

    F1といえば自動車レースのなかでも最高峰の競技であり、選ばれたドライ…

  3. 記事

    【岐阜県】コロナ禍だけど車で帰りに寄れる駄菓子屋さんをご紹介!

    全国には、至る所に駄菓子屋が存在します。現在も、昭和から続いている伝…

  4. 記事

    【重大犯罪!】車のひき逃げの傾向を2021年の検挙率とともに解説

    「ひき逃げについて詳しく知りたい。」「ひき逃げの目撃を動画や…

  5. 記事

    【東海道48番目】三重県亀山市(坂下)車で旅する時に知っておきたいスポットや歴史を紹介。

    この記事でご紹介するのは、東海道48次目の三重県亀山市(坂下)につい…

  6. 記事

    2021年最新情報!スバルではこの車がおすすめ!

    2021年には多くの自動車メーカーが新しい車を発売することが有力視さ…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 未分類

    【オンラインで卒業展】日本工学院八王子専門学校の特設サイトに写真や動画あり!
  2. 記事

    ドゥカティのクルーザー「Xディアベル」に2021年型が登場!欧州で発表 !
  3. デザイナーB

    静岡県で交通事故に強い弁護士事務所はここ一択!!
  4. 記事

    キャンピングカー好きのための協会、一般社団法人日本RV協会について紹介!
  5. デザイナーB

    高速道路のPAやSAで駐車マスの取り合いが多発!駐車マスのトラブルや対策も紹介!…
PAGE TOP