マツダが生み出した不運の車「ロードペーサー」にまつわる歴史について解説!

   
 

ロードペーサーは高級路線を押し出していたマツダが開発した車になります。しかし作られたはいいものの、販売台数は少なく不運の車ともいわれています。

そんなロードペーサーを販売するに至ったマツダの歴史と、ロードレーサー販売後の歴史に分けて紹介していきます。

1、マツダが歩んだ歴史について

1960年代に日産とトヨタによって国産超高級車開発が進んだ

国内メーカーによる超高級車の市場は1965年の日産プレジデントが先駆けです。

既にセドリック、セドリック・スペシャルサイズといった大型乗用車の開発実績を持っていた日産にとって、高級車路線は好調でした。

日産が好調だった2年後の1967年にトヨタがセンチュリーを発表しました。その前からクラウンを販売しており、その車体を活かした2,600ccという大型エンジンの開発に成功していました。

後続メーカーにとって高級車市場へチャレンジ

先程紹介したように日産とトヨタは高級車市場で好発進していました。

マツダは、1966年にルーチェを発売し翌年にはコスモスポーツを発表しました。

しかしマツダには高級車を販売するノウハウがなく、順調とはいきませんでした。

それでも当時の日本は高度成長期だったため、マツダ以外にも大手自動車メーカーが同時に高級志向に変わりつつあった為、高級車のブームが起こっていました。

またノウハウのないメーカーが超高級車を開発するだけの資金力はどこのメーカーにもありませんでした。そのため、外国メーカーとの提携を活用して自社のラインナップに超高級車を加える作戦に出ました。

GM系オーストラリアメーカーと連携していった

マツダには外国メーカーとの強力なコネクションを持っていませんでした。そのため、他メーカーのような作戦は取れませんでした。

その時マツダは、新たに協力先を探してこの局面を打開しようとしたのです。

その時に協力してくれたのがGM傘下のオーストラリア企業、ホールデンになります。

そしてマツダはホールデンの主力「プレミアー」を使うことができるようになりました。

プレミア―は他メーカーと類似した車だったため戦略を変更

マツダは輸入した車を改造して他メーカーの類似車と全く違う仕様にすることで差別化する戦略に変更しました。

その時、行った戦略が「高級車として日本向けの内装に変更」「13B型ロータリーエンジンを搭載」「日本自動変速機3速ATにトランスミッションを変更」になります。この戦略が成功してマツダは徐々に高級車路線の他メーカーと並ぶ人気を獲得していきました。

2、高級路線で進むマツダが開発したロードペーサーの歴史について

ついにマツダロードペーサーが誕生!

1975年にロータリーエンジン搭載の「マツダ・ロードペーサー」が発売されました。そして同時に、お馴染みの「mazda」のロゴが使用されています。

またマツダはこの車をシンボル的な存在としてユーザーにアピールする狙いがありました。

しかし価格設定がロードペーサーよりも前に販売されたトヨタセンチュリーと日産プレジデントより高かったのです。そうなると「値段が高すぎる」を感じる人が多くなり、目標台数をクリアできませんでした。

しかし唯一良かったところは、マツダが換装したロータリーエンジンです。当時、排ガス規制が毎年のように強化されていたため、その都度他のメーカーは対応に苦労していました。しかしマツダだけは難なくクリアしていたため、官公庁からの需要を獲得できたのです。

ボディと違ったコンセプトを持ったロータリーエンジン

官公庁からの需要があっても、一般のユーザーには高すぎる車でウケはいまひとつでした。またデザインが完全に「アメ車」であったことも不人気の理由でした。さらには取り扱っていた他の高級車が伸び悩むなど、販売のノウハウの弱さがマツダにとっては突き抜けることが出来ない理由でした。

そして最も大きな問題は排ガス規制で功を奏したロータリーエンジンになります。マツダのロータリーエンジンは、低回転域のトルクが弱いうえに燃費が悪かったのです。また手を施したとしてもパワー不足になってしまう状態でした。

つまりアメ車よりも燃費は悪くなり、他メーカーの同様車に比べてパワー不足という状況だったので人気も低迷しました。

3代目ルーチェによってロードペーサーは幕を下ろした

ロードペーサーの幕を降ろさせたのは、マツダの3代目ルーチェでした。1977年に登場した3代目ルーチェは、エンジンをロータリーかレシプロの選択ができ、ユーザーの選択が柔軟になっていました。その結果、ルーチェこそがマツダのシンボルカーという認識が広がり、ロードペーサーは販売終了となりました。

そんなロードペーサーは、4年間の販売期間で総生産台数は799台という残念な結果に終わりました。

コロナ対策を行えるアイテム[CarZootプロ仕様]車内コーティングシステム『ClearONE.mist』

車のクリーナーでオススメしたいのが、[CarZootプロ仕様]【専用噴霧器で車内全体を徹底消臭・除菌】最新の車内コーティングシステム『ClearONE.mist』です。Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・【業界初】超音波を使ったミストの力でタバコ臭や嘔吐臭、ペット臭やアンモニア臭も徹底分解する最新の車内コーティングシステム

・ミスト状の薬液なのでスプレーでは届かなかった部分にも行き渡らせ効果を発揮(エアコンライン・シートの隙間・細かい部分) 

・空間に浮遊する、ウイルス・菌・ニオイを徹底除去。あらゆるウイルスなどの予防のため病院や不特定多数が利用する飛行機・公共交通などでも用いられている

・スイッチを入れて置いておくだけなので手間いらず。一度の使用で必要な薬液は5滴ほどなので何度も使えてコストパフォーマンスが高い。また普段は加湿器としても使用できる。

・洗車専門店やコーティングショップなどで実際に施工メニューとしてプロが使っているケミカルです。

これは、Amazonで参考価格が4,280円となっています。

これから外出の際、コロナウイルスを気にせず安全に車を利用したい方にぜひ利用してほしいアイテムになります。

気になった方は、ぜひ購入してください。

軽自動車の金字塔!「ライフシリーズ」は常に軽自動車の技術が詰まった最高傑作だった!前のページ

車好きは見逃すな!アルファロメオの156シリーズの歴史を解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    運転中におすすめしたい落ち着いた雰囲気を演出40代の秋ファッションを紹介!

     お洒落に気を遣う方は運転中のファッションについても考える方も多いの…

  2. 記事

    中国での中古車販売規制緩和、省を越えた取引を全面解禁で今後の自動車産業はどうなっていく?

    中国での中古車市場は年々増加傾向にあります。その大きな要因として20…

  3. 記事

    F1のレースが中止に!課題について徹底解説

    F1のレースが中止になることがありますが、理由が気になる方もいるでし…

  4. 記事

    AMGのおすすめな車種を徹底解説!!

    2020年度版のAMGのおすすめニューモデルをご紹介します!…

  5. 記事

    新潟県には大漁を狙える釣りスポットあり!車で遊びに行こっ!

    新潟県には大漁を狙える魅力的な釣りスポットがあります。家族で楽しむこ…

  6. 記事

    あきる野市で車の月極駐車場の安いまたはセキュリティが高い件について

    「あきる野市の安いまたはセキュリティの高い月極駐車場について教えて。…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    冬の雪道に強い普通車をとはどんな車?2020年の最新車種でご紹介します!
  2. 記事

    プロ野球チームも持っている!ヒュンダイのおすすめな車種を徹底解説!! 2020年…
  3. 記事

    シートベルトってなんであるの!誕生したきっかけを紹介!
  4. 記事

    さまざまなカーオーディオに取り付け可能なミックスアンプ「ロックスフォードフォスゲ…
  5. 記事

    【2020年春夏モデル】Volkswagen(フォルクスワーゲン)のカーナビおす…
PAGE TOP