マクラーレン エルバ ついに登場!創設者ブルース・マクラーレンの悲願

   
 

マクラーレンは4月18日まで開催されていた「ジャパン・インターナショナルボートショー2021」にアルティメットシリーズの新型ロードスターである「エルバ(Elva)」を展示しました。

マクラーレン・エルバ

画像

前回のボートショーでお披露目されたときは、コンセプトモデルでしたが、今回2021年のボートショーでは市場モデルに近いもので実走可能にもなっていました。

車体の横には「PP3」と書かれておりこれは、プロトタイプヴィークルの3番目という事を表しているそうだ。
この車体は、ボートショーが終了したら、イタリアに送られる予定です。

エルバとは?

画像

この「エルバ」という名称はマクラーレン創設者であるブルース・マクラーレンが1960年にレーシンングカーとして設計した、M1A/マクラーレン-エルバ M1A(マークI)/マクラーレン-エルバM1B(マークII)/およびM1C(マークIII)を総称したものです。

マクラーレン・オートモーティブでは「エルバ」の名称権利を取得して、まったく新しいロードスターにその名を与えました。

エルバのスペックや性能

マクラーレンエルバの公開されているスペックは最高出力815PS、最大トルク81.6kgfmを発生するV型8気筒 4.0リッターツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは7速シームレスシフト・ギアボックス、駆動方式は2WD(後輪駆動)です。

価格はなんと日本円で約2億円になるといいます。

エルバはマクラーレンのロードカーの中では最軽量で、シャシー、シート、ボディなどがカーボンファイバー製です。
止まっている状態から100kmのスピードまでわずか3秒で200kmまでだと6.7秒で加速するといいます。

世界初のAAMS機能搭載

世界で初めての空力性能を高めるアクティブエアマネジメントシステ「AAMS」が採用されています。
オープンコックピット2シーターで、ルーフ、フロントウインドスクリーン、ウィンドウなどすべて取り除かれています。

AAMSの採用により、コックピットは快適でまるで泡に包まれているよになるといいます。エアインテークから取り込んだ空気がコックピット前方のクラムシェルから出た気流がコックピット上に空気を誘導して、後方に流れる仕組みになっているといいます。

創設者ブルース・マクラーレンの悲願

創設者のブルース・マクラーレンは、ロードゴーイングカーを創りました。それが「M6GT」でした。その直後、ブルースは事故によりこの世を去り、M6GTプロジェクトも開発途中で中止されてしまいます。1台だけ作られたM6GTをブルース・マクラーレンはこよなく愛し、プライベートから仕事時の移動まで愛車として頻繁に使用していました。

マクラーレンのロードカーは創設者のブルースにとって悲願でした。
このエルバもそうですが、マクラーレンのロードカーのすべてに、ブルース・マクラーレンの夢が詰まっています。

まとめ

創設者であるブルース・マクラーレンの悲願であったエルバの事やスペックなどについてご紹介してきました。

見た目もとてもカッコイイですが、こんな創設者の想いがあったとしたら余計に素晴らしいマシンなのだと思えてきます。

いつか日本の道路で「エルバ」にお目にかかれることを願っています。

CarZoot 車内まるごとクリーナー

今回ご紹介するのは「CarZoot社製の車内まるごとクリーナー」です。
内窓・シート・マット・ダッシュボード・ドア内など車内丸ごと対応し、コーヒー、ジュースのねちゃねちゃ汚れや、タバコによるヤニ汚れ、手あかなど全て美しく除去して車の中をまるごと綺麗にしてくれます。

プラスチックや布など車内のパーツにダメージを与えず、レザーにも使用可能なように開発されています。しかも、今までになかった静電気を抑える効果があり、ホコリの付着も防げるようになっています。

株式会社アースカーが福島県磐梯町にカーシェアを提供。観光やビジネスの交通インフラを支援前のページ

BMWグループ生産計画プロセスを30%効率化に成功!仮想計画ツールとは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    市立駐車場に車を放置!?神戸市が618万の駐車料金を請求!!

    ニュースになっていた神戸市の市営駐車場に車を停めておいた人に618万…

  2. 記事

    センスのいいハイブランドキーケースをさがしているのならばkanmi.はいかが?時計、小物も充実!

    kanmi.は「ものとつくる人になりたい。」そんな思いで自宅アトリエ…

  3. 記事

    愛される車「スズキ・ジムニー」生産・輸出をインドで開始

    スズキ自動車は2021年1月20日にインド子会社の「マルチ・スズキ・…

  4. 記事

    機関車トーマスファンの方必見!機関車トーマスのカーグッズを紹介!

    機関車トーマスは子どもにも大人気です。車内に機関車トーマスがいると、…

  5. 記事

    中井貴一主演でホンダが全面的協力!?カーレース物語

    世界中の雰囲気が自粛モードとなっており、なかなかフリーな時間も外出し…

  6. 記事

    トヨタ自動配送ロボティクス企業「Nuro」に出資!ウーブンキャピタル1号投資案件を詳しく紹介

    トヨタはアメリカの自動配送サービス専門企業「Nuro(ニューロ)」に…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    【三菱自動車キャンペーン】2021年eKクロスとeKクロス スペースの購入者向け…
  2. 記事

    駐車場シェアサービスのakippaがガソリンスタンドの空きスペースをパーキングと…
  3. 記事

    鹿児島県で愛犬と一緒にドライブしながら行けるドッグランを2選紹介!
  4. 記事

    アウトドア商品多数!八ヶ岳リゾートアウトレットの情報をご紹介
  5. 記事

    中国の小米(シャオミ)が電気自動車ビジネスに参入?詳しい情報を徹底解説!
PAGE TOP