ポルシェがEVに力を入れる意味とは?

   
 

自動車メーカーの世界最大手といえば、やはりポルシェでしょうか。
ポルシェはスポーツカーメーカーとして名を馳せていますが、そんなポルシェから最新EV「タイカン」が日本上陸しました。
ポルシェがEV化に力を入れる意味とはどこにあるのでしょう?

時代の変化と言わざるを得ない?

ポルシェ車はEVイメージはあまりない?

さて、そもそも最新EV「タイカン」を日本に上陸させたポルシェにEV車を販売するイメージがあるかというと、これはおそらくノーと答える方が多いでしょう。

EV車、つまり電動自動車に対して多くの方が最初にもつイメージはやはり「エコ」であるという点でしょう。
静かに、環境に優しく、静かに走る。これが人びとが電動自動車にもつイメージでしょう。
雄々しく、凄まじい速度で駆け抜ける自動車はガソリン車というイメージが根強く、100km/hまで数秒で到達するようなハイパフォーマンスな自動車が電動というとやや違和感があるのは当然と言えるかもしれません。

しかし、ポルシェに限らずフェラーリ、ランボルギーニなどもパワートレインの電動化が加速することいったメーカーも電動自動車の開発に力を入れるのはもう必然かもしれません。
それはなぜか?これはもう「そういう時代になった」と言わざるを得ないでしょう。
私たちの住む日本が2035年までに新車100%電動化を掲げているように、各国でこのような動きがはじまっています。
ストロングハイブリッド、シリーズハイブリッド、プラグインハイブリッドなどさまざまな形がありますが、企業によってこれらの形式の中からセレクトすることになります。
スーパースポーツカーの世界の視点で考えると、思い切って自動車をフル電動化し、電動自動車のの本懐であるパワー&トルクの制御を高度化、内燃機関では不可能であった加速感、そして四輪電子制御によるハイレベルな走行パフォーマンスを追求していくというトレンドが生まれたというわけです。

自動車に関する見方、常識が変わっていく中でスポーツカーの世界だけ依然変わらず、というわけにはいきません。
人びとのエコに対する意識が変わっていくのと同じように、彼らのその姿や表情を変えていくのでしょう。
EV車が主流になり、スポーツカーが衰退していくという訳ではありませんので、そういった意味では安心することができるといえるでしょう。
今後も電動のつよみを活かした自動車がどんどん登場してくることでしょう。
わたしたちはそれを楽しみに新たな発表を待ち続けることができるのです。

自動車の油膜はしっかり除去!

いかがだったでしょうか。
今回はポルシェをはじめとしたスポーツカーの電動化について触れました。
時代の変化に対して期待する気持ちと、少しばかりの寂寥感があるでしょうか?

話は変わって、マイカーのお話をしましょう。
自動車の窓ガラスの油圧を完全に除去するためにおすすめのアイテムが、CarZoot社から販売されている『POWERFUL REMOVER』です。

窓ガラスコーティングの施工前にガラスクリーナーを使用するだけで、窓ガラスの状態を整え、コーティング剤が付着しやすくなり撥水力を向上させます。
劣化したコーティング剤・コート剤もしっかり落とすことが可能なうえ、施工に必要なスポンジ、手袋なども全てセットになっているのでこれを買うだけでOKなお手軽さがウリになっています。

プロが実店舗で使用しているガラスクリーナーでもあり、洗車だけでは除去に苦心してしまうような窓ガラスの油膜・水アカ・ウロコを徹底除去します。
よくみかけるガラスクリーナーとの決定的な違いは、窓ガラスを綺麗にする除去力とコーティング剤との相性の良さ。
価格もリーズナブルで試しやすいので、品質の高いメンテナンスを目指す方は手に取ってお試しください。

ポルシェのレゴが登場!?前のページ

ネクスコ西日本が新たな割引制度を!広島呉道路と広島高速の連続利用による割引次のページ

関連記事

  1. 記事

    アナと雪の女王の発色がきれいなカーグッズ3選!

    車内を快適にしたり、かわいい空間にしたいと考えている人も多い…

  2. 記事

    負荷をかけない!石川県にあるおすすめのプライベートジムやパーソナルジムを紹介

    コロナの影響で自粛期間に運動不足になった方や、運動を始めようと思って…

  3. 記事

    ホンダのイギリス工場が閉鎖、不動産も売却へ!

    ホンダはこの度、イギリスのスウィンドン工場の跡地を廃却する方針を固め…

  4. 記事

    車のホイールを黒く塗ってみよう!愛車のマットブラック塗装の方法!

    この記事では、愛車のアルミホイールをマットブラックに塗装したいという…

  5. 記事

    【広島県】おすすめのトラック用品店と宿泊施設をご紹介!

    中四国の物流の拠点が数多くある広島県。多くのトラックが日々行き交って…

  6. 記事

    【CX-30が今人気!】北米マツダが絶好調の理由をご紹介!

    日本の広島県が発祥の自動車メーカー、マツダ自動車。日本はもちろん、ア…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    日本とロシアのロードサービスの違いを解説!JAFとRAMC
  2. 記事

    京都府上京区で最安値の駐車場を探している人向けの記事!
  3. 記事

    トヨタや三菱電機などが昨年の機械振興賞の対象!詳細情報を解説!
  4. 記事

    新宿区にはなし!?セルフでできる洗車場をまとめて調べてみました!大都会新宿に洗車…
  5. 記事

    ナンバープレートの新基準はご存じですか?
PAGE TOP