ホンダNSXの2020年版モデルが生産終了!?何があったのか?

   
 

スーパースポーツカーのホンダNSX 2020年モデルが販売終了します。生産終了ということではなく、日本市場にあるホンダNSX 2020年モデルを販売することをやめるそうです。ボディカラーの新色が追加されたり、東京モーターショー2019で出展した車ですが、なぜ販売を終了することになったのでしょうか?今回はホンダNSXがどんな車かを詳しく紹介しながら、現行モデル販売終了する理由を解説します。

ホンダNSXってどんな車?

ホンダNSXは文字通りホンダメーカーが開発・製造・販売しており、日本のスーパースポーツカーです。販売終了となる2020年モデルは2代目で、初登場は2016年です。ホンダ独自の電動化技術である3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載したスーパースポーツモデルとして、2016年に登場しました。2018年の改良に続き、2020年の新型モデルが発売されました。

東京モーターショー2019で出展

そんなホンダNSXは、東京モーターショー2019のホンダブースで出展されました。鮮やかなオレンジのボディカラー(サーマルオレンジ・パール)と、ロゴ入りのブレーキトリムがカッコ良くて非常に映えていました。照明でつるピカに輝くホンダNSXは、ランボルギーニやフェラーリに似た姿です。

インディイエロー・パールIIが印象的

2020年モデルのホンダNSXのボディカラーはクルバレッド・ベルリナブラック・130Rホワイトの他に、有料でインディイエローパールII・サーマルオレンジパール・ソースシルバーメタリック・カジノホワイトパール・バレンシアレッドパール・ヌーベルブルーパールが追加ラインナップされました。おそらく、インディイエロー・パールIIのホンダNSXが印象的と思っている人は多いのではないでしょうか。インディイエロー・パールIIは、クリア&鮮やかなイエローカラーです。ぱっと見、海外製のスーパーカーにも見えます。

2020年モデル販売終了する理由とは?

ホンダの公式サイトには、ホンダNSX 2020年モデルが販売終了したと書かれています。生産は続くようですが、日本市場での販売は終了するとのことです。実は、ホンダNSXの売上が低迷しており、日本での2020年販売台数はたったの9台でした。オーストラリア市場でも販売終了しているようで、ホンダNSXは今後どうなるのでしょうか。

フェラーリ等が圧倒的に売れているから?

ホンダNSXが売れない理由として考えられていることは、フェラーリやランボルギーニが圧倒的に売れていてホンダNSXの存在感が薄いことです。調べてみると、フェラーリの2020年総販売台数は9,119台・ランボルギーニの2020年販売台数が7,430台で、ホンダNSXと比べても圧倒的な数値です。2020年から新型コロナの影響で車業界の景気は良くありませんが、2020年5月4日に発表された世界販売の結果によると、日本ではフェラーリの販売台数が昨年より57%増になりました。スーパーカーといえばフェラーリやランボルギーニが上位の人気を誇っており、ホンダNSXも良い車だけど世界的に見て少数派なので日本での売上向上は見込めないと判断したのでしょう。

車内を自分でぜ~んぶクリーニングできる!

ダッシュボード・ギア周り・シート・マットなど、車内を全部まとめて掃除したい時はCarZootの車用インテリアクリーナーが断然おすすめです。これ1本で内窓・シート・マット・カーナビ・ダッシュボードなど、車内をまるごとクリーニングできます。飲み物や食べ物などが染みついた汚れも簡単に落とせて、革張りにも使えます。静電気を抑えてホコリを防ぐ効果も含まれているため、冬場にもおすすめです。

まとめ

ホンダNSX 2020年モデルよりもフェラーリやランボルギーニを選ぶ人が多いようで、世界的に見ても日本仕様の増産は見込めないと判断したと考えられます。日本市場やオーストラリア市場でも販売終了になり、ネットでは残念の声もありました。しかし、ホンダNSXのRモデルが登場すると噂されているため、NSXが今後どうなるのか注目です。

レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2021に史上初チャイニーズハーフが受賞!あのんさんってどんな人?前のページ

ツーリングレースで伝説を残した名車・R32型スカイラインGT-R向けの技術が発表された!次のページ

関連記事

  1. 記事

    名古屋市西区で洗車をしたかったらここが一押し!おすすめスポットを徹底紹介!

    あなたは愛車の洗車をどれくらいのペースでされるでしょうか?出来ればな…

  2. 記事

    スバルがレガシイアウトバックの改良を発表!現モデルの最終型と言われるそのスペックは?

    スバルのレガシイアウトバックといえば、ステーションワゴン派生型の根強…

  3. 記事

    2020年度の結果がやばい! 貸切バス事業者の倒産件数がほぼ倍増へ

    新型コロナウイルスの感染拡大により、不景気真っ只中、といった状況です…

  4. 記事

    和歌山県では県警と自動車団体との協定あり!2020年の車関連のニュースをチェック!

    和歌山県では県警と自動車団体との協定など、様々な車関連のニュースがあ…

  5. 記事

    2021年度車旅のしおり決定版!ヨルダンの交通事情について解説!

    アフリカにあるヨルダンは今人気のある観光地になってきています…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    なぜ国産車のヘッドライトは黄ばみが目立つのか?
  2. 記事

    HONDA N-BOX 後付けサテライトビューカメラに注目
  3. 記事

    【和歌山の車保有者必見!】和歌山県の窓ガラスコーティングのお店3選
  4. 記事

    MoTが自動運転実証実験に参加!信号情報を活用
  5. 記事

    ホイールを塗装したあとにまずするべきこと
PAGE TOP