ホンダF1特別展に幻のF1マシン ホンダRA099を追加

   
 

3月23日よりホンダウエルカムプラザ青山において開催中の2021年シーズンのF1開幕記念特別展にはもう行かれたでしょうか?各時代を彩ったマシンやエンジン類、更には期待の新人である角田選手の応援コーナーや熱田護カメラマンのフォトコーナーなど充実の内容が話題です。そんな中、4月に入り新たにもう1台のマシンが展示に加わることが明らかになりました。その名はホンダRA099、今回はRA099について紹介します。

テストではトップタイムも記録

ヘレス, レース トラック, スペイン

RA099が開発されたのは、1990年代後半。ホンダ第三期のスタートに向けて製造されました。第三期と言えば、エンジン提供したB・A・Rの佐藤琢磨選手の3位表彰台、フルワークス参戦となり唯一の勝利となったハンガリーGP、そして衝撃の地球柄のカラーリングマシンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

第三期の途中でフルワークス参戦が開始されたわけですが、元々は復帰初年度の2000年からフルワークス参戦が計画されており、RA099はフェラーリなどで活躍したテクニカルディレクターを招聘し、イタリアのダラーラ社で無限ホンダのMF301HDというエンジンを搭載するという大きな期待をかけられたマシンでした。

テストドライバーはフェルスタッペン!?

1998年の12月にシェイクダウンを完了したRA099は、翌1999年からスペインのヘレスサーキットでプレシーズンテストに参加することができました。テストドライバーを務めたのは、現在レッドブル・ホンダのエースで、年間優勝も狙える実力を持つとも評価されているマックス・フェルスタッペン選手の父、ヨス・フェルスタッペンでした。そして3日間のテストでトップタイムを記録するなど順調な仕上がりを見せていました。

RA099が直面した2つの要因

しかし1999年4月のバルセロナテスト期間にRA099を設計したテクニカルディレクター、ハーベイ・ポストレスウェイトが病の為に急死することとなりました。加えて当時ホンダ社内に根強く残るF1参戦への慎重論も大きな要因となり、結局エンジンサプライヤーとして第三期の参戦をスタートさせることとなりました。

このあと6年後にはフルワークス体制でも参戦することになりましたが、毎年のように変わるレギュレーションや開発などにより、特に移り変わりの激しいF1の世界において、RA099の出番はもうありませんでした。これは同じく2006年にホンダの支援を受けるものの資金不足で参戦したスーパーアグリF1チームがベースにした2002年のアロウズのマシンでさえも、断トツ最下位という結果が物語っています。

おわりに

当時のテストの様子を写した写真を見ると、RA099は、真っ白なボディにHONDAの文字やロゴだけのシンプルなカラーリングに、黒のリアウイング(白のパターンもあり)とタイヤのシンプルなコントラストが綺麗で、もしスポンサー名も入れてデビューしていたらどんな感じだったのかと思い浮かべずにはいられません。会場でどんな展示になっているかは、見てのお楽しみとなります。

インテリアクリーナーこれ1本だ

CarZootの「インテリアクリーナー 掃除 ダッシュボードクリーナー 内装」は、プロが実店舗で使用しているインテリアクリーナーです。シート・マット・ダッシュボード・ドアに内窓と丸ごと対応し、お母さんのコーヒー、お嬢さんのジュースのねちゃねちゃ汚れや、お父さんのタバコによるヤニ汚れ、息子さんの手あかなど全て美しく除去します。

今までになかった静電気を抑える効果があり、ホコリの付着も防げるところも選ばれる理由です。布シートや天井などに使用してもゴワつきを起こさず汚れをサッと取り除くが可能です。スプレーを付属のタオルに吹き付け拭くだけですので、初めての方でも安心です。

国土交通省、グリーンスローモビリティ導入に補助金を支給前のページ

子供も楽しめる!三重県でおすすめの山菜やタケノコ狩りのスポットを紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    BMWの新型EVクーペのi4の最終デザインが見えてきた!スペックも明らかに!

    BMWの新型EVクーペの情報が入ってきました。最終デザインと思われる…

  2. 記事

    バスを個人所有することは可能?バスを所有することのメリットやデメリットもご紹介!

    近年SNSなどで話題になっているのが、「バスを個人所有すること」です…

  3. 記事

    ホンダの新型ハイブリッド車「HR-V新型」2月18日にオンライン上で公開予定

    ホンダ欧州部門は1月18日に新型「HR-V」、日本名で「ヴェゼル」の…

  4. 記事

    キャンパー必見!デパーチャアングルを解説!RV車には重要な要素!

    自動車の用語には「デパーチャアングル」という物があります。今回はこの…

  5. 記事

    【驚き】ヨーロッパトヨタに新CEOの車社会の2021年の変革を示唆

    「欧州トヨタ新CEOについて詳しく知りたい。」「プラグインハ…

  6. 記事

    可愛らしいフォルクスワーゲン・ルポ!今から乗るならホットハッチがおすすめ!

    ルポはフォルクスワーゲンがかつて販売していた小型車です。フォルクスワ…

新着記事の一覧

  1. 2021年秋に販売?トヨタSUV「カローラクロス」
  2. 市場が拡大中!ドライビングシミュレーターの可能性
  3. 2021年自動運転レベル3の量産型が実現!自動運転レベル4の…
  4. 時間が見にくい!そんなお悩みを解決してくれる車載用電波時計の…
  5. キンッキンに冷えた飲み物が運転中にも飲みたい!!
  1. 記事

    パイオニアの緊急通報機能付き通信ドラレコのクラウドファンディングが開始10時間で…
  2. 記事

    なぜ弁護士に頼るべきなのか?沖縄県の交通事故に強い弁護士事務所を紹介‼︎
  3. 記事

    おすすめのヘッドライトクリーナーを紹介!
  4. 未分類

    車のエアコン臭!!原因とは?
  5. 記事

    電動キックボードなどの電動車両に新ルール!警視庁が最高速度別に変更か?
PAGE TOP