ホンダ・三菱ケミカル・北海道自動車処理組合の3者がアクリル樹脂水平リサイクル実証実験を2021年8月から開始

   
 

ホンダ、三菱ケミカル、北海道自動車処理協同組合の3者が共同して、使用済み自動車(ELV)からポリメチルメタクリレート(アクリル樹脂)を回収し、水平リサイクルに移す実証実験を2021年8月に開始することになりました。

今回はこの動きについてフォーカスしていきます。

3者共同による水平リサイクル実証実験

ホンダ・三菱ケミカル株式会社・北海道自動車処理協同組合3者共同による使用済み自動車(ELV)から回収したPMMA(ポリメチルメタクリレート/アクリル樹脂)の水平リサイクル実証実験は、2021年8月から開始されますが、今までアクリル樹脂の処理には、分別回収やリサイクルが非常に難しく技術的なハードルがとても高いとされて言われてきました。

そのために、これまではアクリル樹脂の処理と言うと、焼却段階での発生熱エネルギーを回収して利用するしかできなったのです。

2021年8月から開始される水平リサイクルは、一旦、使われた製品から回収した材料をハイレベルのリサイクル技術により、初期で使用される材料と同じレベルの性能やクオリティに戻して、新規部材と同じ程度のリサイクル材に転換させて、同一種類の品質を持つ製品を製造する仕組みです。

夢のリサイクルシステム

これまで、リサイクルと言えば、再生された材料が初期材料よりも品質が低下した「カスケードリサイクル」が一般的でした。しかし、水平リサイクルは、使用済み製品が一旦資源になり、再び同じ製品として生まれ変わる夢のリサイクルシステムと言っても過言ではないのです。

この水平リサイクルのシステムが確立されると、身近なペットボトルはペットボトルとして、詰め替え容器から詰め替え容器として生まれ変わることができます。

紙オムツまでも紙オムツとして再生されるので、従来のリサイクルや焼却、埋立処分されていた物が、水平リサイクルによって、新たな製品として使えるわけです。

今回の3者共同の実証実験に置き換えると、使用済み自動車から回収されたテールライトも再びテールライトとして製造されて使うことができるのです。

これは部材の有効活用だけでなく、アクリル樹脂製造、廃棄段階で発生するCO2排出量の削減にも貢献できるメリットもあります。

ホンダのカーボンニュートラルへの取り組み

今回の3者共同による実証実験の一角をなすホンダは、1970年代から環境課題に取り組んできています。

その代表的な動きが、1971年に発表されたCVCCエンジンですが、地球環境課題への取り組みがグローバル規模で注目されてきた1990年代には、段階的に対応組織体制を全社的に確立して環境保全活動思想を「Honda環境宣言」して行動指針を明文化、徹底した活動を展開しています。

現在でも同社は、全企業活動と製品使用に伴う環境負荷低減への責務を自覚して、製品の環境負荷を評価するライフサイクルアセスメントにベースに、企業活動や製品使用が地球環境に及ぼす環境負荷要素を整理して、各事業領領域ごとの具体的対応を定めて独自の環境性能基準を決めているのです。

2050年までにカーボンニュートラル

ホンダでは”環境負荷ゼロ”の循環型社会を実現するために、2050年までに同社の全製品と企業活動を通じてカーボンニュートラルを目指し、具体的な活動である「リソースサーキュレーション」に取り組んでいます。

今回の共同実証実験も、同社が目指す循環型社会実現のステップの1つであり、リサイクル研究を進めて、サスティナブル部材100%による製品開発に強い意欲を見せています。

3者の役割分担

今回の共同実証実験では、北海道自動車処理協同組合加盟の事業者が使用済み自動車から材料の回収・粉砕を受け持ちます。

三菱ケミカルは、その粉砕品を樹脂原料となる分子状態に戻すモノマー化とモノマーを繰り返し結合することにより生成される高分子化合物(樹脂)を製造するポリマー結合の検証を実施。

ホンダは、回収要件設定や回収輸送、粉砕品品質確認・全体管理を行います。

今回の実験を元に異物を混入させない回収手法や初期剤用同等の品質達成技術、使用済み自動車から回収される樹脂粉砕品の高効率輸送などの仕組みを確立させて、事業性の可能性を検証することで、水平リサイクルのシステムを構築していくことになっています。

CarZoot ホイールコーティング

CarZoot ホイールコーティングは、アルミホイールの保護するためのホイール専用のコーティング剤で、強固なガラス被膜でホイールを覆い美しい輝きを実現します。

その効果は3年以上の耐久性があり、耐熱性にも優れた強固なガラス被膜を形成します。

F1用語の解説:コンストラクターチーム AFコルセとは前のページ

【不二三十六景を巡る】クルマで箱根の街を探索してみませんか?次のページ

関連記事

  1. 記事

    どうしてそうなった!青森で除雪が行き届かずにクレームが多数!

    2021年の冬は厳冬になりました。各地で冷え込みを記録し、大雪が降っ…

  2. 記事

    鬼滅ファン必見!【鬼滅の刃】人気キャラクターのトミカが4月中旬に発売!

    2020年に「鬼滅の刃 無限列車編」映画が興行収入歴代第1位になるな…

  3. 記事

    困った時に役立つ!おすすめ2021年最新版の自動車系アプリをご紹介!

    あなたは自動車系のアプリを利用しているでしょうか?利用しないと損とも…

  4. 記事

    バイデン大統領「国境炭素税」の導入検討!EV車の普及と逆風の日本企業

    自動車の課題の一つに環境への影響があり、日本だけではなく世界中の自動…

  5. 記事

    信号機のオークション開催?しかも競り落としたのは小学生?理由を徹底解説!

    この度佐賀県佐賀市の交通公園で、不要になった信号機の即売オークション…

  6. 記事

    【ミッキーマウスカーグッズ】2021年人気の商品を厳選して紹介!

    大人から子どもまで、どの世代の人も知っているディズニーのキャラクター…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 未分類

    輸入車のアルミモールはコーティングで保護しよう
  2. 記事

    【車好き必見!】エアロパーツの取り付け方を2パターン紹介!
  3. 記事

    『事故を起こしたとき』5つの覚えておきたいこと&徳島県内板金塗装業者3選
  4. 記事

    スズキ『隼(ハヤブサ)』ラッピング車がリニューアル
  5. 記事

    【車でドライブ】愛知県には駐車場完備のテニスコートあり!人気のテニスコートを紹介…
PAGE TOP