ホンダ・ゴールドウイングが2021年モデルを発表!DC限定で快適性や利便性向上?

   
 

ホンダが、「ゴールドウイング」を快適性や使い勝手を向上させて、新たにカラーバリエーションを変更して、DCTモデル限定で2月25日から発売することになりました。

ロングツアラーにとっては非常に興味深いニュースですが、今回はこの話題を探っていくことにします。

2月25日開始となる新たなゴールドウイング

ゴールドウイングは、2018年1月に17年ぶりにモデルチェンジを行っていました。

従来モデルより軽量且つ小型の車体に新らたに設計されたエンジンと二輪車用ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションなど、当時としては先進装備を搭載されてたモデルです。

今回リリースされるゴールドウイングは、2組クラッチ切替えで途切れのない駆動力を実現したDCT設定のみとなるのですが、リアトランク容量がこれまでの50リットルからフルフェイスタイプのヘルメット2個が入る容量の61リットルまで拡大されています。

外観的にも大きな変化

外観面では、パッセンジャーシートの背もたれ部をリアトランク形状を変更して17度から24.5度に寝かせて30mm延長させています。

これにより快適性が大幅に向上したのですが、これに加えてこれまでオプションであったLEDフォグライトは標準装備となり、ますます重厚感のあるデザインとなったのです。

快適な走りと魅力的な豊富なカラーバリエーション

また、今回のモデルでは55Wスピーカーが格納されており、イコライザー設定変更で音質の追求と音量の車速感応式自動調整レベルを最適化し、走っている間でも臨場感の高いサウンドが実現したのです。

さらにこれまでソフトウェアのアップデートをすることで使うことができるAndroid Autoを標準採用することで利便性も高めています。

カラーバリエーションは、キャンディーアーダントレッド/ガンメタルブラックメタリック/を新たくラインナップ化し、これまでのパールグレアホワイトを含めて計3色をゴールドウイング ツアーに設定しています。

但し、ゴールドウイングは、マットバリスティックブラックメタリックが継続されて1色設定となっています。

※価格:ゴールドウイング 294万8000円、ゴールドウイング ツアー 346万5000円。

1972年の開発プロジェクトで誕生したゴールドウイング

ゴールドウイングは、今から40年以上前に誕生したモデルです。

北米でのモーターサイクルのあり方を追求して、それまでの延長線上での仕様ではなく、これまでのコンセプトを全てゼロにして1972年に開発プロジェクトが発足したのです。

それから、1975年に北米で発売された初代モデルの「GL1000」(排気量999cc)は、アメリカ大陸を快適に横断できる大型ツーリングモデルとして、バイクとしては珍しい水平対向型エンジンを搭載したモデルでした。

エンジン直下に搭載するトランスミッション

トランスミッションなどは水冷水平対向エンジン・シャフトドライブ・エンジン直下に搭載されており、従来のホンダ製オートバイとは全く異なる機構となっており、1974年に埼玉県の狭山工場で初代モデルGL1000が生産されました。

その年の10月には当時の西ドイツで開催されたケルンモーターサイクルショーに出品されて。1975年に北米での販売が開始されることになったのです。

世界でもトップクラスの主力と大陸横断可能な快適性やパフォーマンスの高さから、当時ネイキッドスポーツモデルの最高峰とうたわれたカワサキのZ1に対して、グラウンドツアラーとして発売されました。

しかし、購入してフェアリング・ラゲッジを取り付けるライダーも多く、長距離スポーツツアラーというコンセプトに変わっていくことになります。

人気モデルとなった理由

大陸横断でも快適な走行性を提供してくれる大型ツーリングモデルというイメージでバイクとして珍しい水平対向型エンジン搭載に加えて、大型カウルやパニアケースを装着することで、さらにツーリングの快適性が高められていったことで、自動車レベルの豪華装備と快適性を誇ることになっていきした。

しかし、充実の装備と快適な走行性で人気を高めていく一方で、バイクとしての取り回しやすさや操る楽しさが失われていったことも事実です。

価格面も200万円~300万円強と乗用車並みにのレベルになってしまったことで、車を購入した方がいいという意見もあったのです。

このようなことから、2018年1月にフルモデルチェンジしたゴールドウィングは、バイクとしての走る楽しさをコンセプトにリリースされたのです。

これは、今回のリリースでも、その思想がさらにブラッシュアップされているのです。

CarZoot ヘッドライトコーティング剤

今回紹介するCarZoot ヘッドライトコーティング剤は、ヘッドライトの黄ばみやくすみを徹底的に除去してくれる専用クリーナーと汚れにくい膜を形成するコーティング剤がセットになっています。

専用クリーナーが付属しているので、頑固な黄ばみや汚れを簡単に取り除き、新車のような透明感を生み出してくれます。

【2021年版】雪対策におすすめ フロントガラスカバーの最新版を紹介前のページ

ブリジストンがキリンと共同研究で新天然ゴム資源のグアユール生産性向上技術を開発!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ドライブも楽しめちゃう!車で行ける青森のおすすめドッグランをご紹介!

    ワンコはいつまでもステイホームしているわけには行きませんよね。散歩を…

  2. 記事

    富山の神社で初詣に行きたい!コロナ対策をしている神社もご紹介

    富山県では多くの神社がありますが、昨今はコロナの影響で人が多く集まる…

  3. 記事

    車のシートカバー専門のお店!カーハウス キングドムを徹底紹介します!

    あなたは愛車のシートカバーをカスタマイズしたいと考えられたことは無い…

  4. 記事

    示談交渉が楽になる?大分県の車で行ける交通事故に強い弁護士事務所はどこ?

    日常生活で車はととても便利なもので、私たちの生活に溶け込みなくてはな…

  5. 記事

    鹿児島県でおすすめのタクシー会社を徹底調査!コロナ対策も出来てる会社ばかり!

    九州の最南端に位置する鹿児島県。南国風の料理と美味しいお酒が魅力の県…

  6. 記事

    ENEOS CO2フリーで水素製造 ステーションで活用へ

    水素エネルギーってご存じですか。地球温暖化対策として火力発電から出る…

新着記事の一覧

  1. 中古車市場で人気の高い「ダイハツ・タント」の中古市場価格は?…
  2. 今でもブーム!長年人気のミニバンからオススメ車種をご紹介!
  3. 2021年夏デビュー!?次期型「VW・ゴルフRヴァリアント」…
  4. 2021年最新!農業にオススメの軽トラックをまとめて紹介
  5. 【2021年最新】オススメの最新EV車を一挙紹介!
  1. 記事

    自分が好きなナンバーで走る!希望ナンバー制度を徹底解説!
  2. 未分類

    なぜRAYS(レイズ)のホイールとCarZootホイールコーティング剤は相性がい…
  3. 記事

    森林浴とマイナスイオンで癒される!クルマで行ける兵庫県の人気ハイキングスポット
  4. 記事

    初心者におすすめ!ドライブサポートグッズ6選
  5. 記事

    さまざまな要素を踏まえたタクシーがメインの韓国映画『ゴースト・タクシー』とはどん…
PAGE TOP