ホンダは2040年から新車はすべてEVとFCVで発表する!三部新社長が決意表明!

   
 

ホンダは新社長に三部敏宏氏を起用しました。そして三部社長は就任会見で「2040年までに世界の新車を全てEVとFCVにする」と大きな目標を発表したのです。今回の記事では、ホンダが打ち出したこの目標にはどんな意図があるのか?日本にはどんな方法が適切なのか?などについて詳しく解説していきます。

カーボンニュートラルを2050年に実現する目標!

ホンダは2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロにする「カーボンニュートラルの実現」に向けて活動すると表明しています。カーボンニュートラルとは、世界中から排出される二酸化炭素を全ての植物で酸素に還元できるよう、二酸化炭素の排出制限を行いつつ、緑地を増やしていく活動の事です。

自動車メーカーとしては、排気ガスから二酸化炭素を大量に排出しているため、各自動車メーカーは、急ピッチで二酸化炭素を排出しない自動車作りに動いているのです。

世界中を走っている自動車からは大量の二酸化炭素が排出されています。この自動車の排気ガスを止めない限り、2050年のカーボンニュートラル実現は難しいと考えていいでしょう。

EVとFCVにどうしてこだわるのか?

ホンダの三部社長は就任会見で「EVとFCVに絞り込んで具体的に行動していく」としています。本来ならば、二酸化炭素を排出しない方法は他にもあるようですが、敢えてこのパワートレインに絞り込むことで、軸をブレさせない狙いがあるのでしょう。

現状では、ハイブリッドやプラグインハイブリッドを活用し、ガソリンエンジンとモーターの融合で自動車を動かしているパターンが多いですが、このハイブリッドやプラグインハイブリッドも全廃し、一気にEVとFCVにこだわろうとする意気込みを強く感じることが出来ます。

今後5年以内にホンダブランドのEVを10車種投入する方針も示していて、世界各国でホンダの電位自動車が走り出す日は近いでしょう。

その他ガソリンエンジンなのに二酸化炭素を排出しない「e-fuel」という技術開発も進んでいると発表していますが、敢えてこの技術にはとらわれずに、全ての自動車をEVとFCVに変えていくことを前提に行動されていくようです。

三部社長とはどんな人?

三部敏宏社長とはどんな人なのでしょうか?出身は大阪府豊中市です。中学生時代から広島県で過ごされ、広島大学大学院工学研究科卒業をご卒業。1987年に本田技研工業に入社された根っからのホンダスピリッツを持たれた方です。

社長就任前は「エンジニア」として永らく活躍されていて、現場の事をよく分かっている社長だと言えるでしょう。

三部社長は9代目の社長就任が決まった際に「重責は感じるが、わくわくしている」と話されていて、かなりプレッシャーに強い強靭なメンタリティを持たれています。

常に不安定な環境に身を置かれ、厳しく自分を律される性格でもあります。「安定しているとやる気が出ない」ともご自身で話されている通り、かなりのチャレンジ精神に溢れた方なのです。

日本ではFCVが有力候補?

日本では電気自動車も広まっていくでしょうが、先にFCVの方が広まるのではないか?とも見られています。日本の電力の多くは火力発電で賄われています。

火力発電から脱し、再生可能エネルギーを出来るだけ多く作っていかなければ、カーボンニュートラルの実現には結びつきません。そこで、以外にも水素を使ったFCVの方が、先に広まるのではないか?という見方もあるのです。

まとめ

というわけで、今回はホンダの三部敏宏社長が表明した2040年以降はEVとFCVの新車しか販売しないというニュースについて詳しく解説してきました。2050年のカーボンニュートラルを見据えた大胆な発表ですが、現実味もある発言だとも伺えます。今後のホンダの躍進に期待していきましょう。

建築家の隈研吾氏がロールスロイスとコラボして凄い車を完成させた!コンセプトをご紹介!前のページ

トヨタが水素エンジン開発に力を入れていくことを表明!大きく自動車業界が変化する!次のページ

関連記事

  1. 記事

    F1における戦略の司令本部|ピットウォールスタンドとは?

    モータースポーツの頂点といえば、すぐにF1(フォーミュラ・ワン)が頭…

  2. 未分類

    名古屋市北区で洗車ができる場所を徹底解説!色々な特徴のスポット満載!

    ちょっと時間が出来たから、洗車をしよう!と思った時に便利なのが、セル…

  3. 記事

    【車への新概念】2021年にヘッドアップディスプレイを導入が増える件

    「2021年のヘッドアップディスプレイについて詳しく知りたい。」…

  4. 記事

    【ヨーロッパの名車】欧州フォード社が生産したフィエスタについて紹介!

    「欧州フォードのフィエスタについて知りたい。」「フィエスタの…

  5. 記事

    ドラレコ大活躍!あおり運転が法改正後の半年で58件も摘発!

    社会的な問題となっているのが、あおり運転になります。毎日のようにニュ…

  6. 記事

    山岳救助で活躍するRAV4アドベンチャー 富山で実車初披露へ

    3年前から再び日本で販売されると、その大きさと比例するかのように存在…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【トミカ車】子供の日にプレゼントする人気トミカの2021年版紹介
  2. 記事

    堀場製作所は半導体などで回復し純利益増!
  3. 記事

    BMW 欧州向け「3シリーズ」PMVラインアップ拡大で、よりエコに
  4. 記事

    圧倒的高解像度!コルハートのおすすめドライブレコーダーをご紹介!
  5. 未分類

    ヘッドライトの黄ばみの原因と解決方法
PAGE TOP