ホンダが新型SUV「VE-1S+」を発表!

   
 

北京モーターショーって知っていますか?北京モーターショーは世界最大規模の自動車展示会で、9月26日から開催されました。新型コロナウイルスの影響で5ヶ月遅れでの開幕となりました。そこで、ホンダが新型SUV「VE-1S+」を発表しましたので、その詳細についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

北京モーターショー

北京モーターショーは、世界最大規模の自動車展示会で2020年9月26日から、北京で開幕しました。新型コロナウイルスの影響で、日本やアメリカ、ヨーロッパの新車販売が低迷する中、中国の自動車市場は急回復しています。各国のメーカーは市場が回復傾向にある中国で、電気自動車や新エネルギー車などを披露しました。新型コロナの影響で、当初予定の4月から5ヶ月遅れでの開幕になりましたが、感染拡大後の世界で唯一開催されるモーターショーとなり、新型コロナを克服し世界で最も早く景気回復したとアピールしたい中国側の思いもありました。

「VE-1S+」

2020年9月26日から開催されている北京モーターショーで、ホンダは電気自動車「VE-1S+」を初披露しました。「VE-1S+」は、2018年に開催された広州モーターショーで、中国専用EV「理念 VE-1」として公開された市販モデルのスポーツタイプとなります。
初の中国量産電気自動車で、広く評価されているグローバルモデル「ヴェゼル」のスタイルを継承し、電気自動車のパワフルでスポーティさを表現したモデルとなっています。

「理念 VE-1」

2018年の広州モーターショーで発表された「理念 VE-1」は、ホンダのコンパクトSUVをベースに、高効率な電気自動車ユニットをレイアウトすることで、トップレベルの室内空間を実現していました。また、大容量バッテリーを床下に配置することで、車体の低重心化とサスペンションの最適化などにより、高い走行安定性を発揮していました。

「VE-1S+」の魅力

今回、お披露目された「VE-1S+」は、航続距離は、従来の340kmから470kmに拡大しています。「VE-1S+」は、ダイナミックでファッショナブルな外観と機敏でダイナミックパフォーマンスが魅力で、これまでにない新型SUVとなっています。
ホイールとリアバンパーの形状はより個性的でスポーティな仕様になっています。内装は赤で、シートスキンの色には赤の要素を加え、暖かみもありつつヴィヴィッドなデザインで、若い人を中心に人気が出そうな内装に仕上がっています。さらに、ヴェゼルと同じく優れた空間レイアウトと収納スペースを備え、運転スペースの自由度が高く、多機能のインストルメントパネルと8インチのスクリーンが搭載されています。
「VE-1S+」の価格は、日本円で約247万円から約284万円です。

ガラスコーティングするなら、CarZoot社のガラスコーティング剤!

車のガラスはどのようにメンテナンスしていますか。車のガラスが汚れたり傷が入ってしまうのは、避けたいですよね。そんなときは、汚れや傷から守ってくれるコーティング剤がおすすめです。CarZoot社のガラスコーティング剤は、車にツヤや光沢を与え、傷から守ってくれるプロも使用している製品です。

CarZoot社のガラスコーティング剤
・初心者でも簡単
写真が付いたマニュアル完備で、初心者でも簡単に使用できます。
・すぐに使える
コーティング剤、下地処理剤、マイクロファイバータオルなど、必要なものが一式そろっているので、届いたその日に使えます。
・日本製
日本で作られたコーティング剤です。美しい艶と驚異の撥水力で、車のガラスを汚れや傷から守ってくれるので、安心して利用できます。ガラスをコーティング剤することで、車に高級感を与えてくれます。

CarZoot社のガラスコーティング剤は、国内トップクラスの成分を配合し、簡単に自宅でガラスをきれいにできます。CarZoot社のガラスコーティングをぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

アキュラが新型「TLX」2021年型を発売!前のページ

豊田自動織機が最大搬送量1tの無人搬送車「キーカート」を発売!次のページ

関連記事

  1. 記事

    九州の魅力たっぷり!熊本県の免許センターの特徴を紹介!

    九州のちょうど中央付近に位置する熊本県。阿蘇山やカルデラ台地などがあ…

  2. 記事

    ドラレコ等のオリジナル組み込みボードを製造するマルチウェーブを紹介!4Kや2Kのドラレコボード等を販…

    車好きな人もそうでない人も、マルチウェーブという株式会社を知っている…

  3. 記事

    3つの視点で岐阜県のトラック用品店を紹介

    世間では"クルマ離れ"なんて言葉をよく聞くようになりましたが、物流を…

  4. 記事

    広島県でお寺に行くならここ!まるでお遍路巡りが楽しめるお寺巡り!

    中国地方の中心に位置する広島県、名実ともに中国地方の代表的な県です。…

  5. 記事

    外国人が神奈川県で自動車免許を取得したい!?おすすめの教習所と免許の切り替えについて解説!!

    ビザを使用して日本の神奈川に働きに来ていて「日本でも車に乗りたい!」…

  6. 記事

    【コロナ対策は万全】鳥取県のクルマで行ける動物園を紹介!

    新型コロナウイルスの影響で、動物園に行く機会が減った人も多い…

新着記事の一覧

  1. 【富山県】県内で車の除菌/クリーニング/清掃を行う業者はこち…
  2. 【石川県】県内で車の除菌・クリーニング・清掃を行ってくれる業…
  3. 音速の貴公子と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」!「ア…
  4. 3つの視点で岐阜県のトラック用品店を紹介
  5. 愛知県でのドライブ&ショッピングならラグーナフェスティバル
  1. 記事

    板橋区でおすすめのセルフ洗車場をご紹介します!
  2. 記事

    人を育てながら新しいモノを創るデータテックのドライブレコーダー
  3. 記事

    福島県には事故多発スポットあり!注意を徹底して事故を防ごう!
  4. 未分類

    車の中から魚の臭いが…。車内で魚を腐らせてしまった時の対処法
  5. 記事

    秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご紹介!頼もしいキャラ…
PAGE TOP